FC2ブログ

    20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009.10.18 北千住シアター1010(昼の部)総評 

     JWPvsパッションレッドの対抗戦が第3ラウンドに突入した。両軍の闘いでキーパーソンになると個人的にも期待したいのが、阿部幸江である。阿部は日向あずみありきで進んでいた高橋奈苗の態度に業を煮やしていた。自分は奈苗の同期であり、日向は引退を控えた身でもあるから正確には対パッションレッドの戦力としては考えにくい。もし本当に日向だけが相手なら、JWPとパッションレッドの闘いは期間限定になってしまいかねない。それだけに、日向しか見ていない奈苗の存在が気に入らなかった。JWPには阿部幸江だっているのである――。
     しかし実際は、いずれの試合でも阿部が標的にされていた。そして今回も、序盤から阿部がパッションのターゲットになってしまう。とはいうものの、この状況は阿部にとってJWP入団以来、もっともおいしい大チャンス到来なのである。ザ★WANTED!?としてコミカルな試合を中心にしてきた阿部だが、このチャンスを活かせば実力派としての株も一気に上がる。それだけに、対パッションレッドでどこまでいけるか。ここに彼女自身とJWPの浮沈がかかっているとしても決して過言ではないだろう。
     ただし、この闘いはあくまでも団体戦。次回大会よりシングルのカードも組まれるようだが、最終的にはJWPかパッションか、ということになってくる。パッション側がチームをかなり固定できるのに対し、JWP軍はメンバーが多いだけさまざまな組み合わせが考えられる。しかし団体戦となると結束力がなによりも大事。全員を外敵と闘わせるよりも、ある程度は対パッション要員でメンバーを固めたほうがいいかもしれない。ここで外せないのが、やはり阿部幸江。彼女の意地に期待したいからこそ、絶対に外せないメンバーなのだ。
     さて、この日の試合に関していえば、パッションレッドの連係がやたらと目についた。堀田祐美子がパッション・ホッティーとして加入し、奈苗&華名と合体した第1戦では、本来の暴走ファイトが顔を出し、奈苗と一触即発のシーンも見られた。が、10・4後楽園以降、かなりのミーティングと練習を積んだのだろう。この試合に関しては、序盤からずっとパッションレッドは好連係でJWP軍の上をいっていた。ぎこちなさが消えていたどころか、仲間割れの気配さえ感じられない。最後の最後でホッティーの誤爆が出てしまい、バックステージではその辺のところが反省材料となっていたが、ある意味急造ともとれるJWP軍とくらべ、連係で上をいっていたのは紛れもない事実だった。だからこそ、JWP軍のほうも対パッションレッドである程度メンバーを固めたほうがいいと思うのだ。その組み合わせで不都合が続くようになったとき新メンバーを投入すればいいだろう。
     とにかく、JWPとパッションレッドの闘いはこれからが本番。まずは11・3キネマでの阿部幸江vsパッション・ホッティー。阿部が奈苗を引っ張り出すか、それとも…。
    (新井宏)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。