20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2015.3.21 東京・板橋グリーンホール 17時 試合 

    JWP 3月21日(土=祝)東京・板橋グリーンホール       観衆151人
    1 1/15
    ●藤ヶ崎矢子(8分28秒、バードリッジ→エビ固め)「ことり」○
     藤ヶ崎矢子が我闘雲舞の「ことり」とシングルマッチ。両者握手を交わして試合開始。「ことり」がコールを要請すれば、矢子コールも発生する。「ことり」が投げを打ちトップロープからアームホイップ。矢子の突進を「ことり」がかわしてクロスボディー。受け止めた矢子がマットに叩きつけるが2カウント。矢子はサーフボードストレッチで「ことり」の動きを止めにかかる。矢子が脚をロックすると「ことり」は必死にロープへ逃げる。エルボーの打ち合いでは「ことり」が相手を挑発。矢子がカウンターのドロップキックから鎌固め。「ことり」が返してフロントネックロックに取る。矢子が脱出し逆片エビ固め。強烈な串刺しドロップキックは「ことり」が返す。矢子はダイビングボディープレス「ことり」がかわして回転エビ固め。「ことり」が丸め込むが2カウント。「ことり」の突進に矢子が蹴りを入れるが「ことり」が卍固めに切り返す。「ことり」はそこからエビ固め。矢子が返すと「ことり」はダイビングボディーアタック。「ことり」がブレーンバスターを狙うと矢子がこらえる。投げを打った「ことり」が逆さ押さえ込みへ。矢子が返して回転脚折り固め。これを「ことり」が切り返すがロープ際。矢子のダブルリストアームサルトは「ことり」がクリアー。矢子は「ことり」を引き起こすが丸め込まれる。「ことり」が飛びついて丸め込むと矢子が返せず3カウントが入った。ことり「みなさんこんにちは~。我闘雲舞のことりです。4月5日、後楽園ホール大会に出させていただきます」そこへKAZUKIが登場「生意気なこと言って勝手にしゃべってるけど、プロレス何年やってんだよ」ことり「来年2年だよ」KAZUKI「たいしたことないねえ」ことり「じゃあ柔道何年やってんだ?」KAZUKI「トータルで2年かな?」ことり「自分は10年やってるんですよ。後楽園で対戦しませんか?」KAZUKI「オイ矢子、同じくらいのキャリアにやられて悔しくないのか?」矢子「悔しいです!」KAZUKI「後楽園で対抗戦やってやろうじゃないか」セコンドのさくらえみもリングへ。ことり「柔道のキャリアが大切なんだよ!」KAZUKI「ここはプロレスのリングなんだよ。プロレスのほうが大事なんだよ!」ことりはさくらの肩に飛び乗りKAZUKIを威嚇した。

    2 1/20
    ●ラビット美兎(9分43秒、ムーンサルトプレス→片エビ固め)Ray○
     ジュニア2冠王とタッグ2冠王が一騎打ち。ロックアップからラビットが予告しドロップキック。ラビットが腕を取りにいくとRayがフロントネックロックに切り返す。ラビットがマウントパンチにいくとRayもやり返す。ラビットはRayをロープに固定しエプロンからミドルキックの連打、背中へのドロップキック。Rayがフェイントをかけてドロップキックのお返し。ブリッジでカバーを返したラビットがドロップキックからキャメルクラッチ、ボディーシザーズ。Rayはヒジを突き立てて脱出するとレッグロックへ。Rayが側転ボディーアタックからラリアット。ラビットがかわし丸め込みの連続へ。ブレーンバスターの掛け合いはラビットが制してミサイルキックを連発。ダイビングフットスタンプも決めるが2カウントどまり。するとラビットはRayをフェースロックに捕える。Rayがエスケープしコーナーのラビットをマットに叩きつける。Rayはムーンサルトプレスもラビットがかわしてラビストラル。返したRayがぶっこ抜きのバックドロップ。619を返したラビットが十字固め。Rayが返すと回転エビ固めにもっていく。これもRayがクリアーし滞空時間の長い垂直落下式ブレーンバスター。決まったと思われたがラビットがギリギリで返す。Rayはフィニッシュを予告しムーンサルトプレス。ラビットが返せず3カウントが入った。

    3 1/20
    Bブロック公式リーグ戦
    ○コマンド・ボリショイ&木村響子<3勝=6点>(18分3秒、ピコニースマッシュ→片エビ固め)KAZUKI●&ライディーン鋼<1勝2敗=2点>
     タッグリーグ戦はすでにAブロックの春山香代子&希月あおい組の決勝進出が決定。Bブロックではこの試合でボリショイ組が勝つか引き分けで決勝戦に進出。KAZUKI組が勝った場合は同点となり、メイン後にあらためて同一カードによる決勝進出者決定戦をおこなうことになる。KAZUKI「このタッグリーグ、引き分け、負けでも決勝には進めません。私たちは今日、2試合するつもりできました。お客さんも6試合見るつもりですよね」鋼「KAZUKIさん、前チャンピオンのワイルドスナフキンにリングアウト勝ちしましたよね。だから今日もリングアウト勝ちしましょう」KAZUKI「ここをどこだと思ってんだよ」鋼「板橋グリーンホールですけど」KAZUKI「入場を壁の向こうで待ってるんだよ、聞こえたらどうするんだよ」鋼「すいません」KAZUKI「今日は正々堂々いくぞ」。ボリショイのテーマ曲がかかりボリショイ&木村が入場。KAZUKIが握手を求めるとボリショイが「さっき何か言ってたじゃない?」。KAZUKIは「なにも言ってません」と手を差し伸べボリショイが応じる。その背後からなんとなくKAZUKIが丸め込み試合開始。木村が飛び込み鋼を場外に落とす。ボリショイ組が場外に追うがすぐにリングに戻る。KAZUKIは「今日は正々堂々とやるんだよ!」と場外戦には応じない。KAZUKIは鋼を呼び込みボリショイをダブルで攻撃。ボリショイがこらえてKAZUKIをスリーパーにとる。木村が手刀を落としKAZUKIにフロントネックロック。KAZUKIは木村を持ち上げ自軍コーナーに追い込んでいく。鋼が出てくると木村がキックの連打からワキ固め。ボリショイのアシストを得ると腕固めへもっていく。ボリショイがつづいて腕十字。木村が鋼の左腕を蹴り上げる。ボリショイとダブルで鋼の両手にストンピング。KAZUKIが出てくるがボリショイ組の連係に捕まってしまう。しかしKAZUKIはふたりまとめて串刺しニーアタック。木村がKAZUKIに卍固めを仕掛けるとボリショイもカットに入った鋼を捕える。木村がビッグブーツ、KAZUKIがニーを打ち合う。鋼がショルダータックルで木村を吹っ飛ばすことに成功。木村がバックブリーカーを切り返すと後方から飛び乗りスリーパー。鋼は木村をマットに叩きつけるが、木村は離さずにスリーパーで絞り上げていく。鋼はその体勢のまま立ち上がると前方に投げつける。チェンジを求める鋼に木村はなおもスリーパー。ボリショイが鋼に飛びつき三角締め。腕十字に移行すると木村がボリショイのカットを阻止。鋼がリフトアップしアルゼンチンへ。木村がカットするとボリショイと合体も鋼がまとめてラリアット。鋼のスプラッシュをかわしボリショイがアッパー掌底。鋼はカウンターのパワースラム。ボリショイが返すとKAZUKIが担ぎ上げ鋼がフロッグスプラッシュ。KAZUKIがニーアタックから「決めるぞー、場外!」。KAZUKIはボリショイを場外にもっていく。残り5分。KAZUKIが先に戻るがボリショイと鋼が乱闘。15カウントで戻ったボリショイをKAZUKIが丸め込みの連続に追い込む。KAZUKIの突進に木村がカット。鋼も木村を阻止するとKAZUKIがボリショイを丸め込む。木村がKAZUKIにヘッドバット。ボリショイとの連係からKAZUKIを追い込む。アッパー掌底を返したKAZUKIにピコニースマッシュがヒット。木村が鋼を抑えている間にボリショイが3カウントを獲得、ボリショイ組が全勝で決勝進出を決めた。

    4 1/30
    Leon15周年記念スペシャルマッチ
    ○Leon(17分41秒、キャプチュードバスター→片エビ固め)AKINO●
     デビュー15周年を迎えたLeonが師のAKINOと対戦。AKINOは握手を拒否の姿勢。しかし「しょうがない」と応じて試合がスタート。Leonがアームホイップを連発して先制。AKINOのドロップキックをかわすと「15周年の試合だよね」とレフェリーに確認。AKINOは「誰もLeonを応援してない」。すると場内はLeonコールに。AKINOは右脚にギロチンドロップ。ロープに追い込むと顔面を踏みつける。LeonはAKINOをロープに振りケブラドーラコンヒーロ。あまりの強烈さにAKINOは慌てて場外に出る。戻ってきたところでLeonがもう一発ケブラドーラコンヒーロ。こちらも強烈で、Leonは逆エビ固めにもっていく。しのいだAKINOがサッカーボールキックの連打から15回の顔面ウォッシュ狙い。しかし最後の一発をかわして串刺しスピア。AKINOがチンクラッシャーで「15」回目の顔面蹴り。AKINOがコーナーに上がろうとするとスワンダイブのドロップキックで場外に蹴落とす。さらにLeonはスワンダイブのプランチャを敢行。リングに戻るとトップロープを走ってのミサイルキック。ノキアンバックブリーカーを予感したAKINOが抵抗。しかしLeonはノキアンバックブリーカーへ強引にもっていく。食らったAKINOは「すごい痛い…」。その背後からLeonが襲いかかりテキサスクローバーホールド。エスケープしたAKINOが飛びつき腕十字。Leonのネックブリーカーを切り返しAKINOがバックドロップ。ミサイルキックでLeonを吹っ飛ばすが2カウントどまり。AKINOの突進にLeonがバックブリーカーからマットに叩きつける。Leonがコーナーに上がるとAKINOが追いつき雪崩式ブレーンバスター。こんどはLeonがコーナー上のAKINOにスピンキック。スパイダージャーマン。しかしマッドスプラッシュはAKINOがカット。AKINOが突っ込むとLeonがスピア。Leonの突進にAKINOがニーをぶち込む。LeonはハイキックをかわしスピンキックもAKINOがかわしてスパイラルボム。スピンキックを耐えるAKINOが、カウンターでお返ししてバックドロップ。AKINOのサッカーボールキックはLeonがクリアー。15分経過。トルネードAをLeonがかわしスピアからキャプチュードバスターの体勢。AKINOが返すと丸め込み。ハイキックからの裏投げをLeonが返す。AKINOが前後からキックをぶち込むがLeonがかわす。ウラカンラナも切り返して丸め込むも3カウントには届かない。Leonは一度は切り返されるもキャプチュードバスターへ。AKINOが返せず、Leonが記念マッチを師匠からの初白星で飾った。Leon「AKINOさん、私のデビュー前から15年間ずっと背中を追い続けてきました。今日やっとあなたから初めて勝つことができました。でも本当の意味で越えてないです。プロレス的にはもちろん人間的にも越えてみせますので待っててください。今日はありがとうございました」AKINO「疲れたぁ…。オマエいくつになった。34歳? だよね。こっちも歳とるはずだ。まず15周年おめでとう。いままで勝ったことなかった? それさえもわからないくらいLeonは強い。でもチャンピオンじゃない。団体のシングルチャンピオンじゃなきゃ意味がないんだよ。タッグのチャンピオン? それに満足してるからそういう言葉が出るんだよ。こんどはオマエが無差別級のチャンピオンになったときに自分が挑戦してやるよ!」AKINO退場後、Leonがふたたびマイク。「いまRayとタッグを巻いてますけど無差別をあきらめたわけじゃありません、中島から奪い返してAKINOさんとまたやりたいと思います。タッグの初防衛戦が後楽園に決まってます。絶対に勝って防衛するぞ!」
    5 1/30
    中島安里紗&●瑛凛(12分41秒、ラリアット→エビ固め)春山香代子○&Sareee
     4・5後楽園で無差別級王座を争う中島安里紗と春山香代子が前哨戦。瑛凛と春山の先発でゴング。春山は中島に視線を送ってから瑛凛と力くらべ。腕の取りあいから春山がフェースロック、腕に噛みつき逆片エビ固め。Sareeeが入り瑛凛にボディースラム、変型の鎌固め。しのいだ瑛凛が串刺しドロップキック。Sareeeがエルボー連打で襟を吹っ飛ばす。瑛凛もやり返すがSareeeが仁王立ち。Sareeeは瑛凛に「起きろ!」と鼓舞。立ち上がったところにドロップキックを叩き込む。瑛凛がボディースラムもSareeeが返してドロップキック。バックを取ったSareeeだが瑛凛が切り返してDDT。中島が入りSareeeと控えの春山に顔面蹴り。中島はSareeeにキューティースペシャル。コーナーに上がると春山がカットに入る。もつれたところに瑛凛がドロップキック。中島がSareeeにミサイルキックでつづく。Sareeeが返してドロップキックからジャックナイフ。中島が返すとSareeeがミサイルキックの連打。瑛凛がSareeeを止めるが中島のエルボーが誤爆。春山が入り中島の顔面を蹴っていく。中島がこらえてヒールホールドも春山が切り返してトラースキック。中島はラリアットをかわしてスリングブレイド。中島と春山がエルボーの応酬。春山が背後からラリアットをぶち込みトラースキック、ペディグリー。コーナーに上がると瑛凛が阻止、Sareeeが割って入ると、春山がトップロープから中島を落としてダイビングギロチン投下。春山は中島を引き起こすがエルボー連打を左右から浴びる。春山がかわしてトラースキックも中島がダルマ式ジャーマン。春山が中島をラリアットで吹っ飛ばすと瑛凛が入る。瑛凛は春山にスイングDDT。強引に丸め込むと春山が返す。瑛凛がブレーンバスターを狙うが春山が切り返す。春山がドラゴンスリーパーにいくと中島がカット。Sareeeが中島にドロップキック。春山が瑛凛にラリアット。瑛凛が返すと春山はジャーマン。中島のカットがなんとか間に合う。瑛凛が春山にエビ固めの連続。Sareeeがカットし春山がラリアット、横須賀カッター。カバーの春山の顔面を中島が蹴り飛ばす。瑛凛がダッシュも春山がラリアット。場外で中島とSareeeがやりあっている間にリング上では春山が瑛凛をピンフォールした。春山「中島、昼と夜とやったけどアンタもアタシもやりきれてないと思う。後楽園楽しみにしてます。リング上で2人だけの闘い女子プロレスファンに見せようじゃないですか。そして今日勝ったボリショイさんと木村、タッグで優勝してバリバリであなた(中島)の前に立つので楽しみにしといてください。(ボリショイ&木村に)明日、よろしくお願いします」




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。