20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014.12.7 浅草・花やしき 試合 

    試合前挑戦者はボリショイと握手も中森と木村は長時間の視殺戦を繰り広げる。木村がド突くと中森もやり返すがわけられる。しかしゴングと同時に両者が猛突進し、打撃の打ち合いに。中森のローキックに木村はエルボー。木村が足をキャッチしエルボーで倒すが中森がバックドロップ。木村もやり返し両者のエルボーで2人ともダウン。中島とボリショイがリングインしエルボーの応酬、中島のダッシュにボリショイが腕を取りグラウンドにもっていく。ボリショイは中島に三角締め。中島が切り返すもボリショイもすぐに反転。ボリショイがヒザ十字の体勢に入ると中島が切り返しフロントネックロック。中森がボリショイにローキックの乱れ打ち。木村が場外から中森の脚を引き、二方向での場外戦となる。木村は中森、ボリショイが中島を場外でいたぶる。リングに戻るとボリショイが中森の頭部にドロップキック。木村を呼び込み自軍コーナーで中森の顔面を踏みつけていく。木村は中島を挑発しながら中森を攻撃。ボリショイが中森に変形のバックブリーカー。しのいだ中森がキックの連打もボリショイがキャッチしヒールホールド。ボリショイと木村が中森の両ヒザをマットに叩きつける。木村が中森の右ヒザにフットスタンプからアキレス腱固め。中森がエスケープするも木村は右脚に強烈な蹴りを叩き込む。木村の顔面へのビッグブーツが決まるとボリショイが乱入。中森は合体をかいくぐり中島に託す。しかし木村とボリショイが中島を攻撃。中島はボリショイとのエルボー応酬からキューティースペシャル。返したボリショイがチキンウイングアームロックを極める。10分経過。中島が切り返しストレッチマフラー。ボリショイがこらえて腕十字固め。これも中島が切り返してストレッチマフラーホールド。逃れたボリショイがニーをぶち込み619へ。かわした中島がジャーマンからドラゴンの構え。切り返したボリショイがタイガース―プレックス。木村が中島の右ヒジを捕えてアームブリーカーを連発。中島は木村にエルボー連打からダルマ式ジャーマン。木村が返すと中森が入りシャイニング・ウィザードからフィッシャーマンバスター。中森はフィニッシュを宣言しコーナーへ。しかしボリショイが抑えて木村もコーナーへ、中島がカットし雪崩式ジャーマンとデスティニーハンマーが合体。中島のフットスタンプから中森がフィッシャーマンを木村に決める。木村はハイキックをかわして胴締めスリーパー。ボリショイも中島のカットを阻止すべく胴締めスリーパーを極める。中森がエスケープし15分経過。木村は中森を引き起こしボリショイと合体。ボリショイの619から木村がビッグブーツ。ボリショイが中島を止めて木村が中森を引き起こす。木村が左右の掌底を打ち込むが中森が蹴り上げ中島のアシストから鎮魂歌ドライバー。返した木村の側頭部に蹴りを打ち込むがボリショイのカットがなんとか間に合う。中森は木村を引き起こしヘッドバット。木村がカウンターのビッグブーツも中島がカットし中森が丸め込む。木村と中森がダウン状態。両者叫びながら立ち上がり蹴りをかわし合う。中森が丸め込みもボリショイが掌底を打ち込み木村がヘッドバット。2発目でダウンした中森だが3カウント入れさせず。木村が裏投げにいくがこれも中森がクリアー。木村は立ち上がった中森にビッグブーツ。ボリショイが中島を押さえている間にリング上では木村が中森をピンフォールした。ボリショイ&木村は3度目の防衛に成功。ボリショイ「木村、おめでとう!」木村「勝ったぞ! オイ中森、華子、今日で終わりか? 66個(木村が嫌いな)理由書いたらこれで満足か? ここで終わりか?」中森「そんなわけねえだろ!」木村「いいね、オマエ相変わらず、威勢だけはいいな」。そこへLeonが登場。木村「(Leonに)空気読めよ。いままだ余韻、余韻に…」Leon「そんなこと関係ねえんだよ。ウチらの挑戦いつ受けるんだよ?」木村「めんどくせえから、いつでもいいよ。ボリショイさん、いつでもいいよ。めんどくせえ。ぶち壊しだろ」ボリショイ「LeonとRayのボラドーラスの挑戦、12月28日の後楽園ホールで受ける」木村「だがしかし、だがしかし、次の板橋(12・21)も予定あけてるんですよね、JWPのために。私とやりたいヤツとやってやるよ」中森が木村に歩み寄るとLeonも歩み寄る。木村「シングル? どっちを選んでもどっちもすねるからよ、2人まとめてやってやるよ! ねえ、ボリショイさん」ボリショイ「じゃあ次の板橋、Leonと中森でタッグの前哨戦、まだまだつづく木村と中森の対決、楽しみにしてるよ。みなさん、無事にベルトを防衛できました。木村とJWPのタッグを巻けること、JWPの歴史を知ってる人はとても感慨深いと思うけど、過去ばっかりじゃなくて、これからのJWPのリングも私と木村でどんどん熱くしていけるように盛り上げていきたいと思います。みなさん今日はどうもありがとうございました!」
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。