20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014.4.6 浅草花やしき座 試合 

    JWP 4月6日(日)東京・浅草花やしき座



    EX 5分間
    林結愛(0―0)春山香代子
     4・20後楽園でデビューする林が春山の胸を借りて5分間のエキシビションマッチ。林はアキレス腱固めでギブアップを迫ったり、ヘアーホイップ、フロントキック、スモールパッケージホールドなどを披露、矢子とのデビュー戦に期待を持たせる内容となった。初試合初勝利の可能性もありそうだ。


    ① 1/20
    ○ライディーン鋼(10分48秒、フロッグスプラッシュ→片エビ固め)藤ヶ崎矢子●
     いまだ未勝利の矢子がこちらも初勝利まで時間がかかった鋼と対戦。矢子は林デビュー戦の相手をつとめるだけにうかうかしていられない状況となった。“テーマ曲”のついた矢子が先に入場。まずはヘッドロックで矢子が先制。逃れた鋼がショルダータックル連発で矢子を吹っ飛ばす。しかしボディープレスをかわされヘアーホイップで叩きつけられてしまう。鋼はフロントヘッドロックで矢子の動きを止めにかかる。さらに逆エビ固めでギブアップを迫る。矢子がエスケープを狙うと鋼はフェースロックでロープ到達を許さない。そこからキャメルクラッチに移行し、反り上げる。解いた鋼がストンピングの連打から投げを打っていく。しかし矢子がドロップキックから首4の字固め。5分経過。矢子がコーナーに振ってドロップキック。2発目をかわした鋼がドロップキックのお返し。鋼がランニングボディープレスを放つと矢子はドロップキックを3連打。矢子は押さえ込みの連続で初勝利を狙う。鋼がランニングボディープレスを連発も矢子が肩を上げていく。返した矢子に鋼は袈裟固め。鋼のボディースラムを切り返した矢子が丸め込みの連続。さらにダイビングボディープレスを決め初勝利を手繰り寄せる。しかし鋼がブレーンバスターからアルゼンチンバックブリーカー。10分経過。鋼は矢子をコーナーに置いて体当たりをぶちかますとバックドロップ、フロッグスプラッシュ。矢子が返せず、鋼が3カウントを奪った。


    ② 1/30
    ○阿部幸江&花屋敷花子(16分10秒、旋回式ダイビングボディープレス→片エビ固め)ラビット美兎&弓李●
     つくしが体調不良により欠場、代わってアイスリボンの弓李が代打参戦となった。弓李はJWP初出場だ。対するは阿部&花子(2013年度ミス雷おこし)の“アイドルコンビ”で必要以上にキャピキャピ。花子とラビットが先発。阿部は空中胴締め落としをラビットに連発。返したラビットがドロップキックから弓李を呼び込み阿部をロープに括り付けて攻撃する。ラビットは背中へのドロップキックから腕に噛みついてキャメルクラッチにもっていく。阿部はアームブリーカーから腕固め。切り返したラビットがフットスタンプからドロップキック。阿部が隙を突いて丸め込むが2カウント。阿部がコブラツイストを極めるとカットされる前に花子が弓李を場外に落とす。5分経過。阿部が弓李にフロントネックロック。花子がドロップキックをかわして弓李にフロントキック、さらにふたりまとめてドロップキックを放つと「花ちゃんだよ」の決めポーズ。阿部も出てきてダブルのドロップキックを決めると「さっちゃんだよ!」。このポーズにムカついた(?)ラビットと弓李がドロップキックを連打。ラビットは花子にスイングDDTからミサイルキック。ラビットが花子に強烈な張り手もビッグブーツからノーザンライトを食らう。花子はシャイニング・ウィザードを放つが弓李にカットされる。阿部がラビットへスリングブレイド。ラビットの回転エビ固めは阿部が返す。ラビットは阿部のスライディングDをかわしミサイルキックを投下。2発目は「起きろクソババー!」と絶叫して放つ。阿部は絶叫つきのブリッジで返す。10分経過。阿部がコーナーに上がると弓李が止めに入る。ラビットがコーナーに上がり雪崩式狙い。こらえた阿部だが雪崩式ブレーンバスターを食らうことに。ラビットは阿部を引き起こしてバックを取る。阿部がこらえて突進もラビットが背後にまわりバックドロップ。阿部もバックドロップのお返しを放ちエルボーの打ち合いに。弓李がネックブリーカーからボディースラムを予告。阿部がこらえて反対にボディースラムを狙うが丸め込まれる。阿部がカウンターのエルボーから押さえ込むとラビットがカットに入る。ラビットと弓李が阿部をロープに振ってダブルのドロップキック。ラビットと弓李が阿部をロープに固定して連係。ラビットのブレーンバスターから弓李がスモールパッケージ。逆さ押さえ込みを返した阿部がビッグブーツ。15分経過。弓李の突進に阿部がビッグブーツを放ち滞空時間の長いダブルアームスープレックス。阿部は弓李へミサイルキック。場外では花子がラビットを追い回す。阿部がダイビングボディープレスを放つとラビットはカットに入れず。3カウントが入り、阿部が弓李からピンフォールを奪った。


    ③ 1/30
    ●KAZUKI(14分21秒、キャプチュードバスター→片エビ固め)Leon○
     KAZUKIが握手を求めるもLeonは疑心暗鬼。試合が始まるとKAZUKIはサブミッションでLeonを攻撃していく。胴締めスリーパーに捕えられたLeonはなんとかロープに逃れる。KAZUKIは串刺しジャンピングニーアタック。Leonが串刺しスピアを狙うとかわしてみせる。KAZUKIのニー攻撃をLeonがやらせず。KAZUKIを担ぎ上げるとコーナーに叩きつけ、トップロープ上を走ってのミサイルキック。串刺しスピアを成功させると正面からのミサイルキックへ。Leonはフィニッシュを予告しマッドスプラッシュを放つがKAZUKIがヒザを立ててカットする。KAZUKIはLeonを引き起こしK-クラッシャーの構え。Leonがかわしてドロップキックからスピア。KAZUKIが返すとLeonはマッドスプラッシュ。LeonはKAZUKIを引き起こしフィッシャーマン狙い。KAZUKIがかわして串刺しダブルニーアタックからダブルニードロップ。さらにセカンドロープに乗せてダブルニーを投下する。KAZUKIはフィニッシュを宣言しK-クラッシャーへ。Leonが返すとKAZUKIはコーナーへ。読んでいたLeonも上がり雪崩式ブレーンバスター。10分経過。Leonがコーナーに上がるとKAZUKIが雪崩式水車落とし。ダイビングダブルニードロップも決まるがLeonが肩を上げる。KAZUKIはLeonを引き起こすが反対にフィッシャーマンバスターを食らう。KAZUKIがニーを連打するもLeonがスピア。切り返したKAZUKIが丸め込むが2カウント。KAZUKIのダッシュにLeonはカウンターのビッグブーツ。Leonは雪崩式のバックドロップを放ち、レオンストーン。KAZUKIが返すと回転エビ固め。Leonがギリギリで返しスピンキックからスピア。さらにLeonがキャプチュードバスターを放つとKAZUKIが返せず3カウントが入った。Leon「ザ☆WANTED!?、オマエらとは散々闘ってきたけど、後楽園では強力なマスクマンの助っ人、ビューティー☆TAKAKOを呼んでるから、まとめてボコボコニしてやるから覚悟しとけよ!」KAZUKI「後楽園、残念だけど私出ないから。ちょっと用事があって、どうしても外せないので。今日の借りは後楽園で返したいけど、試合以上に大事なことがあって。その代りザ☆WANTED!?にもマスクマンの強力助っ人がいるんだよ。誰? 聞きたいの? 言っちゃうんですか? 強力助っ人は“マスクドカズコ”! 言っちゃいけないこと言っちゃったよ、いま。あ~あ。ここは下町、それを言っちゃおしまいよ」。4・20後楽園ではKAZUKIに代わりマスクドカズコが登場する、らしい。


    ④ 1/30
    中島安里紗バースデー6人タッグマッチ
    ○中島安里紗&コマンド・ボリショイ&華名(18分31秒、ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド)春山香代子&勝愛実●&Sareee
     中島が25歳のバースデーを迎えスペシャル6人タッグマッチが組まれた。パートナーはタッグ復活のボリショイと、タッグリーグ・ザ・ベストで組んだ華名。相手は春山と勝のスプリングビクトリーにディアナのSareeeが参加。しかし勝とSareeeはジュニア2冠戦まえとあってチームワークに不安…。そのあたりは中島と華名の関係にダブるところもありそうだが。中島が先発を買って出ると、控えではボリショイと華名が小競り合い。Sareeeが勝を差し置いて先発で試合開始。春山が誕生日祝いのチョップ25連発を中島に放つ。Sareeeが中島へクロスボディーの連打。華名は中島を殴るようにタッチ。Sareeeをエルボー連打で倒す。Sareeeが「ふざけんな!」と串刺しドロップキック。華名が関節技にとると春山が入りカット。春山と華名が視殺戦を展開する。中島がSareeeへドロップキックの連打。Sareeeは十字固めでフォールを狙う。勝が中島へエルボー連打。中島がDDTから側頭部へドロップキック。ボリショイが勝へDDTからキャメルクラッチ、胴締めスリーパー。5分経過。ボリショイが勝へ三角締め。勝がエスケープすると串刺しボディーアタック。春山がボリショイとチョップ合戦を展開する。ボリショイは春山へ変形卍固め。ボリショイが中島を呼び込み串刺し攻撃。さらに強引に華名を引き込み攻撃する。すると敵味方全員が中島をコーナーに追い込み誕生日祝いの串刺し攻撃を見舞っていく。勝がボリショイをショルダータックルの連打で倒す。春山と勝が合体しボリショイを倒す。しかしボリショイがふたりまとめてアームホイップ。しかしスプリングビクトリーは連係でボリショイを追い込む。勝がボリショイへケブラドーラコンヒーロ。勝は春山にタッチしようとしたのだが、強引に入ったのがSareeeでボリショイへドロップキックの連打からバックドロップ。控えの中島と華名も場外に落として攻めていく。しかしボリショイが掌底を見舞いSareeeを押さえ込む。Sareeeが返すと華名とボリショイがまたもや小競り合い。10分経過。「ふざけんな!」とSareeeが華名に向かっていく。Sareeeがエルボーを見舞いドロップキック。こらえた華名がキックの乱れ打ち。華名の蹴りをかわしてSareeeが丸め込む。ドロップキックの連打からSareeeがボディースラム狙い。華名が切り返そうとするもSareeeが投げ切ってみせる。華名はグラウンドにもっていきSareeeの腕を取りにいく。Sareeeがエスケープすると華名はミドルキックの連打。Sareeeは蹴り脚をつかんで強烈な張り手を見舞う。ドロップキックを食らわせると春山に交替。春山と華名が対峙。華名がグラウンドに誘うと春山が応じずエルボーの打ち合いに。春山が逆水平からラリアット。華名がこらえるも春山が頭部に蹴りを打ち込む。華名がダウン。中島と勝の攻防へ。勝のレッグラリアットがヒットも2カウント。中島がDDTからダブルアームの構え。勝が切り返すが中島が丸め込む。中島のサブミッションには春山がカットに入る。15分経過。ボリショイが勝に619、中島がジャーマンでつづく。中島は勝のバックを取る。カットに入った春山を排除する。勝がバックブリーカーからコーナーへ。気づいた中島だが背後から春山がカットし勝がスプラッシュを3連発。中島と勝がエルボー合戦。中島が勝へストレッチマフラー。中島は華名にも攻撃し勝に向かっていく。華名が中島を蹴り飛ばし勝がカバー。勝と中島がバックの取り合い、Sareeeのミサイルキックが勝に誤爆してしまう。中島がだるま式ジャーマンを決めると3カウントが入った。試合後Sareeeが華名にキック。春山は華名をにらみつける。割って入ったのが中島「25歳になりました。25歳になりました。25歳になりました。どうなることかと思って組んだカードでしたが滅茶苦茶でした。こんな年になると思います。まだまだやりたい相手もいますので、(後楽園での)タイトルマッチ必ず防衛します!」


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。