20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014.3.20 青春・無限大パワー  総評 

    JWPが団体を問わずキャリア5年未満のジュニア選手による大会をプロデュース。「青春・無限大パワー」の第1弾興行が埼玉・蕨アイスリボン道場で開催された。
     大会の主役となるのは、ジュニア2冠王者の勝愛実となるのだろう。勝は3月初めに道場での練習中に左足を負傷。足首のじん帯を損傷し、3大会(3・9Joshi4Hope、仙女3・15仙台、JWP3・16板橋)を欠場していた。しかし、若手主体の大会でジュニア王者が休むにはいかないとギリギリまで調整。全治までにはいかないものの診断よりも早い回復をみせ、なんとか今大会に間に合わせた。
     全4試合では出場選手たちが自分たちのための大会であることを意識していたのだろう。ふだん以上に躍動していた選手も多く、それを見られただけでも価値のある大会だったのではなかろうか。第1試合でLeonの胸を借りた藤ヶ崎は試合後に叱咤されたものの、デビュー以来もっともよく声が出ていたと思う。セミのラビット美兎vsSareeeは事実上のジュニア2冠王座次期挑戦者決定戦で、実際その通りになった。この試合でSareeeは引退した栗原あゆみ直伝の裏投げで初めてピンフォールを奪ってみせた。タッグリーグ優勝で勢いに乗るラビットからの勝利だけに、大きな価値がある。今大会における裏投げでの勝利はSareeeに大きな自信をもたらすだろう。そしてメインは、ジュニア2冠の元王者と現王者が揃い踏み。3月いっぱいでプロレスを卒業する夕陽と、王座挑戦をアピールしている山下りなと対戦した。どの組み合わせを取っても興味深く、勝vs夕陽はタイトルマッチで見たかった夢の顔合わせ。下野vs山下の絡みは“ストロング大女”ともいえる迫力のぶつかり合いを展開した。そして近い将来、ベルトをかけての対戦が実現すればジュニアの枠を超えた肉弾戦を期待したい勝と山下の激突。そのどれもがダイジェスト的ながらも期待に違わない好勝負となっていた。内容的には大成功の第1回大会と言っていいだろう。
     そしてエンディングでは、勝が4・20後楽園でのジュニア2冠戦をアナウンス。挑戦者には、山下でなければ夏すみれでもない、この日のセミでラビットを破ったSareeeを指名した。やはり勝も、ラビットvsSareeeを次期挑戦者決定戦として注目していたのだ。
    「どっちもライバルだし、勝ったほうとベルトをかけて闘おうと思ってました。Sareeeとは昨年5月にタイトルマッチで闘いましたが、それ以来お互いに成長しているだろうし強くなってなきゃいけない。これからの女子プロレスは私たちが引っ張っていかなきゃいけないと思ってるので、勝ったSareeeを指名しました」
     指名されたSareeeはもちろん「やってやるよ!」と即答した。名指しされたことには驚いたが、挑戦の機会をうかがっていたこともある。王者のほうから希望してくれたのだから断る理由はない。
    「前回から負けたままになってて、これじゃダメだとずっと思っていました。だから指名されたことはすごくうれしく思います。でも、試合では指名したことを後悔させてやります。来月にはデビューから3年で、(JWP4・20)後楽園は4年目を迎えて最初の大きな試合になると思います。もうそろそろタイトルを獲らないといけないとも思ってますし、もう負けるわけにはいかないです」
     「後悔させてやる」と言い切ったのには理由がある。最近のSareeeはフィニッシュをジャーマンスープレックスでとることが多かった。そして今回、初めて裏投げで勝利をあげた。フィニッシュホールドが二つになったのだ。「それが昨年との大きな違いです」とSareee。王者の勝もダイビングエルボーからオレンジブロッサムなどフィニッシュに使う技が広がっている。昨年5月の板橋でメインを張った勝vsSareeeがどんな進化を見せるのか。4・20後楽園は大注目であると同時に、この試合から「青春・無限大パワー」がさらなる広がりを見せていくかもしれない。「青春・無限大パワー」の可能性に期待したい。                             (新井 宏)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。