20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014.2.9 花やしき座 試合 

    JWP 2月9日(日)東京・浅草花やしき座

    1/20
    ○勝愛実(9分43秒、リバーススプラッシュ→体固め)夏すみれ●
     ジュニア二冠王の勝がWAVEの夏を迎え撃つ。夏のほうから積極的にエルボーを打っていくが勝が一発でひるませる。しかし夏はGAMI直伝(?)の女子プロムーブで反抗。勝は夏をコーナーに追い込み踏みつけるとボディーシザーズへ。夏は体重をかけてフォールへもっていく。ともにマウントを取り合いエルボーの応酬。勝がコーナーに振ってエルボーアタックから弓矢固め。しのいだ夏がエルボー合戦を挑む。勝は倍返しで夏をダウンさせロープに振る。夏がドロップキックにいくが勝は受けて立つ。クロスボディーもキャッチしバックブリーカーから逆エビ固めへもっていく。勝は中央に引き戻しさらに厳しく締め上げる。5分経過。勝はケブラドーラコンヒーロを決め逆エビ固め狙い。夏が丸め込むも2カウント。夏がクロスボディーからドロップキックを連発。夏はボディースラムを宣言するが反対にマットへ叩きつけられる。夏は張り手をぶち込んでからボディースラムが成功。押さえ込みの連続で勝を追い込んでいく。返した勝も張り手からカバー。夏が返すと逆さ押さえ込みからダイヤル固め。夏の突進に勝はエルボー、バックドロップ。夏がなんとか返すが勝はフィニッシュを予告しリバーススプラッシュ。夏が返せず3カウントが入った。


    1/30
    ○コマンド・ボリショイ(10分59秒、ピコニースマッシュ→片エビ固め)ラビット美兎●
     ボリショイvsラビットの師弟対決。スピーディーなグラウンドの攻防からボリショイが腕を固める。ラビットも背後にまわるがボリショイがすぐに取り返しアームホイップ。ラビットもやり返しドロップキック。ボリショイがかわして腕十字へ。ボリショイはラビットの髪を引っ張り挑発。ラビットがフロントネックロックでギブアップを迫る。ボリショイが切り返しグラウンドをコントロール。三角締めを極めるとラビットはロープへ逃れる。ラビットがドロップキックを放ちコーナーへ突進。ボリショイが腕をキャッチしぶら下がりの腕十字からアームブリーカー。ラビットはボリショイのダッシュをかわし回転エビ固め。5分経過。ボリショイがブレーンバスターを放てばラビットもやり返す。ボリショイはブレーンバスターと見せかけ首固め。「いまのあり?」とラビットはクレームをつける。ラビットも「上げるぞ!」と宣言して丸め込む。戸惑うボリショイにラビットはバックドロップからミサイルキックを叩き込む。さらにダイビングボディープレスを放つも2カウントどまり。ボリショイは掌底からカバーするがボリショイがクリアー。ならばとボリショイはコーナーへ。気づいたラビットもコーナーへ上がり雪崩式ブレーンバスターを成功させる。ラビットがラビストラルにいくとボリショイが切り返して逆片エビ固め。ラビットのエスケープにボリショイは619を放つ。これをかわしたラビットがジャーマン。返されたラビットはもう一発狙う。ボリショイが切り返すとラビットはラビストラル。ギリギリで返したボリショイにラビットは押さえ込みの連続。ボリショイはラビットをロープに叩きつけて619を決める。ラビットが返すとボリショイが担ぎ上げる。ラビストラルを切り返し掌底からラ・マヒストラル。決まったかと思いきやラビットがクリアー。ボリショイがマットに叩きつけるとラビットがなんとか肩を上げる。立ち上がったラビットにボリショイはピコニースマッシュ。ラビットが返せずボリショイが師弟対決を制した。
    ボリショイ「今日は雪で交通機関が大変ななかお越しいただき本当にありがとうございます。今日これなかった人たちに活躍が伝わるように頑張っていきたいと思います。ラビットは私の付き人です、若手がどんどん育ってます。JWPジュニアをもっともっと見てもらいたいもっともっと試合をしてほしい。ジュニアを中心の大会を開くことを決めました。3月20日、アイスリボン道場を借ります。ほかの団体にも協力してもらってジュニア中心となれる大会を不定期でやっていこうと思ってます。タイトルはさっき決めました。『青春無限大パワー』。たくさんの人に見てもらえるように、JWPジュニアが中心になって盛り上げてもらいたい。ぜひ応援よろしくお願いします」ラビット「ジュニア中心の大会自分が引っ張っていけるように頑張ります!」


    1/30
    ●春山香代子(16分50秒、スピア→エビ固め)Leon○
     手四つから春山が上になり全体重を乗せていく。ブリッジでこらえたLeonがドロップキックから首4の字固め。春山はLeonの髪をつかんでマットに叩きつけるとコーナーに追い込み胸元にキックの連打。春山はバックドロップから逆片エビ固め。さらに変形フェースロックで締め上げる。Leonがエスケープするも春山は背中にフットスタンプ。サッカーボールキックを連発で食らったLeonが立ち上がりエルボー連打。Leonはドロップキックからキックのお返し。Leonがフロントネックロックからボディーシザーズ。5分が経過すると激しい張り手の打ち合いとなる。春山は串刺しラリアットの乱れ打ち。Leonがかわしてスピアへ。春山が切り返し串刺しラリアットをぶち込むがスピアを食らう。Leonがスワンダイブで舞うと春山がかわし至近距離からのラリアット乱れ打ち。春山がダブルアームフェースバスターを3連発。Leonが返すとギロチン狙い。Leonが春山をコーナーから転落させ突進。春山がエプロンでかわし断崖式バックドロップを狙う。10分経過。Leonが切り返して断崖式のブルドッキングヘッドロックからリングに戻りミサイルキック。さらにトップロープを走ってもう一発。春山が返すとLeonはマッドスプラッシュへ。春山がかわしてトラースキック。Leonが突進をキャッチしサイドバスター。Leonがコーナーに上がると春山は雪崩式パワースラム。返したLeonがコーナー上の春山とエルボーの応酬。Leonは雪崩式ブレーンバスターを決めるも2カウントで返される。Leonのスピアに春山はドロップキック。トラースキックを叩き込むがLeonがカウンターのパワースラム。Leonがキャプチュードバスターを狙うと春山はキーンハンマー。Leonが返すも両者ダウン状態。15分経過。春山がラリアット、Leonがスピア。Leonのスピンキックをかわした春山がキーンハンマーの体勢。こらえたLeonだがカウンターで食らってしまう。これもLeonが返すと春山が引き起こしにかかる。春山はもう一度キーンハンマー狙い。切り返したLeonが4の字ジャックナイフ。返されるもLeonはスピア。もがく春山を強引に押さえ込み、Leonが春山から勝利をあげた。


    1/20
    Bブロック公式リーグ戦
    ○中森華子&井上貴子<1勝1敗=2点>(12分52秒、ディスティニーハンマー→片エビ固め)阿部幸江&藤ヶ崎矢子●<0勝2敗=0点>
     どちらも初戦で星を落としており、この試合で勝ったほうが優勝に望みをつなぎ、負けたほうが脱落となる一戦。握手直後に阿部組からの奇襲で試合開始。中森をコーナーに追い込み阿部と矢子が次々と攻撃。矢子が中森にスリーパーもすぐに切り返されサッカーボールキックを浴びる。貴子がヘアーホイップから矢子にニーを入れていく。貴子が矢子にSTF、中森はカットしようとする阿部を抑える。矢子がエスケープすると替わった中森にドロップキック。つづいて阿部がドロップキックの連打を中森に見舞う。阿部は貴子を挑発するように、中森に対してヘアーホイップ。中森はネックブリーカーから貴子にチェンジ。貴子は阿部にSTF。阿部はエスケープし貴子を丸め込む。5分経過。矢子が貴子にドロップキックの連打。阿部が空中胴締め落としの連続でつづく。阿部が貴子にコブラツイストも中森がカットし合体。ダブルのキックを阿部にお見舞いする。貴子がコーナーから阿部にのど輪落とし。ディスティニーハンマーは阿部がかわしクロスボディー。貴子がかわしてハイキック。中森が阿部にシャイニング・ウィザードからフィッシャーマン狙い。貴子のバックブローから中森と貴子がハイキックの競演。阿部がフィッシャーマンを食らうも矢子のカットに助けられる。中森がディスティニーハンマー。かわした阿部がフランケンシュタイナー。阿部は中森にバックドロップからエルボー乱打、スリングブレイド。中森が返すと阿部はコーナーへ。貴子がカットし中森が雪崩式フィッシャーマンバスター。10分経過。阿部が中森にマヒストラル。貴子がカットし中森がカウンターのハイキック。矢子が中森にドロップキックを連打。中森のフィッシャーマン狙いに阿部がミサイルキックでカットし矢子を援護。中森は矢子にDDTを放ちコーナーへ。阿部がカットし中森に雪崩式フランケンからスライディングD。矢子がダイビングボディープレスでつづくが貴子にカットされる。矢子は中森にエルボー連打もカウンターのビッグブーツを食らう。中森は矢子にフィッシャーマン。阿部がカットすると貴子がハイキック。中森も矢子にハイキックを決めダブルのディスティニーハンマーが決まる。中森が矢子を押さえ込み、中森&貴子組が初勝利をあげた。




    1/20
    Aブロック公式リーグ戦
    ○中島安里紗&華名<1勝1敗=2点>(13分57秒、ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド)KAZUKI&ライディーン鋼●<1勝1敗=2点>
     初戦から仲間割れ状態で崖っぷちの中島&華名組。この試合を落とせばタッグリーグ制覇は困難となる。相手はボリショイ&木村をリングアウト負けにしてみせたKAZUKI&鋼組だけに、中島&華名には生き残れるかどうかの正念場。ザ☆WANTED!?につづき華名、中島の順に入場。コール終了と同時にKAZUKIが華名に襲いかかり試合開始。KAZUKIが紙テープの中を華名を丸め込んでいく。華名は「なめんじゃねえぞ!」と顔面蹴り。華名がKAZUKIが持ってきたマネキンの手を使ってチェンジを申し出ると中島は張り手をかましてリングイン。KAZUKIが中島にフェースクラッシャーからフェースロック。中島はKAZUKIに首4の字固め。KAZUKIが脱出しレッグロック。鋼が中島にボディーシザーズ。中島がすぐに抜け出しアキレス腱固め。華名がコーナーから「もってこい」と支持するも中島は逆片エビ固め。華名は中島にチェンジを求めるが中島は鋼とエルボーを打ち合う。中島は鋼にエルボー。華名の要請に中島は「うるせえ」と一蹴。KAZUKIが中島にニーを連打しダブルニードロップ。5分経過。KAZUKIが控えの華名を落とし中島をコーナーに追い込む。鋼とKAZUKIが次々と串刺し攻撃。ボディープレスとニードロップが中島を襲う。中島が走ると華名は「チェンジこいや!」と怒りの意思表示。華名と中島はロープを挟んでなぐり合う。KAZUKIとやりあった中島をどけるようにして華名がリングイン。華名はKAZUKIにランニングキック。KAZUKIは華名にニーをぶち込み蒼魔刀のように突進。鋼が華名にショルダータックルを連打でぶち倒す。華名は裏拳連打からハイキック。鋼が返すと柔道殺法で華名を追い込む。華名が切り返してワキ固め。中島がKAZUKIのカットを阻止。しかしKAZUKIが払いのけて鋼を救出。KAZUKIが中島を落としザ☆WANTED!?が華名へ左右の腕十字を極める。中島がカットも鋼がカナディアン。華名がカットに入るとKAZUKIが阻止して鋼が中島を華名に叩きつける。華名が突っかかり中島とやりあう。そこをKAZUKIが割ってはいると鋼が手錠を持ち出し中島と華名をつないでしまう。KAZUKIがカギをセコンドの阿部に渡す。中島が強引に阿部からカギを奪い取る。手錠を外すと華名だけをロープに固定。中島は華名の隣で鋼にキックの連打。ミサイルキックから押さえ込むと鋼がクリアー。中島はふたりを相手にするもリング下から足を引かれる。鋼がニールキック。KAZUKIがK-クラッシャーから鋼がダイビングボディープレス、KAZUKIがダイビングニードロップ、鋼がムーンサルトプレス。華名がトップロープ伝いにカット。中島が鋼にダルマ式ジャーマン。KAZUKIがカットしようとするも華名がストップし間に合わず。中島が3カウントをゲットしなんとか勝ちをもぎ取った。中島は華名にカギを見せつける。中島はふつうにマイク「ようやく機能してきたんじゃないですか? 次回は3月2日、ボリショイ、木村響子、ぜひ楽しみにしといてください。次回も華名と力を合わせてリーグ戦優勝してやりたいと思います!」
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。