20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014.1.5 板橋グリーンホール 試合 

    JWP1月5日(日)東京・板橋グリーンホール

    ① 1/20
    新春シングルマッチ1
    ○KAZUKI(12分49秒、ダイビングダブルニードロップ→片エビ固め)ライディーン鋼●
     JWPの2014年がKAZUKIvs鋼のザ☆WANTED!?対決からスタート。KAZUKIはセコンドの阿部に「どっちを応援するんですか?」と問いかける。鋼が「私ですよね!」と声をかけるとKAZUKIは「いいですよ」と半ばやけくそ気味にひとりで闘うことを宣言。まずはKAZUKIがグラウンドに鋼を誘う。鋼がフロントネックロックから立ち上がりヘッドロックで絞り上げる。鋼はショルダータックルの連打。KAZUKIが耐えるも鋼が吹っ飛ばす。するとKAZUKIもお返しに成功。鋼はセカンドロープを蹴ってのドロップキック。KAZUKIを場外に送り出すと飛ぶと見せかけて「バーカ!」と見下ろす。KAZUKIは腕固めでギブアップを迫るが鋼がエスケープ。5分経過。KAZUKIは鋼の右腕にニードロップを連打しアームブリーカーへ。鋼のエルボーにKAZUKIはニーで対抗。鋼がショルダータックルからランニングボディープレス。KAZUKIが返すとニーをぶち込む。鋼は串刺しのドロップキック。連発を狙うとKAZUKIが切り返しニーアタックを連打。KAZUKIは新年一発目の「膝、小、僧!」を観客と唱和。鋼が払い腰の連続でKAZUKIを倒すとカナディアンバックブリーカーへもっていく。鋼はKAZUKIの背中にドロップキック。コーナーに上がると観客はムーンサルトを期待するが、鋼は重量感たっぷりのダイビングボディープレス。そこからムーンサルトをアピールするがKAZUKIが立ち上がり上からドンもかわされて不発に。こんどはKAZUKIがコーナーへ。鋼が場外に送り出してケブラーダ狙いか? KAZUKIが脚を引くと、鋼はケブラーダではなくエプロンからの上からドン。リングに戻ると上からドンのやり直し。KAZUKIが返すと鋼はバックドロップ。改めて寝かせるとムーンサルトではなくリバースのダイビングフットスタンプ。もう一度コーナーに上がろうとするとKAZUKIはカンチョー。リング中央でもカンチョーを極めるとランニングニー。返した鋼にKAZUKIのほうが「ムーンサルト!」。しかしこれは嘘でニーを投下。鋼がニールキックから押さえ込むとあわや3カウント。返したKAZUKIがダブルニーから水車落とし。クリアーした鋼を寝かせるとKAZUKIはコーナーからダイビングダブルニードロップ。鋼が返せず、KAZUKIがフォール勝ちを奪った。


    ② 1/20
    新春シングルマッチ2 
    ○コマンド・ボリショイ(7分51秒、ピコニースマッシュ→片エビ固め)新田猫子●
     ボリショイと猫子が異色対決。入場時に紙テープが猫子の首に絡みつくハプニング。猫子はレフェリーに尻尾もチェックさせる。ボリショイが腕を取って絞り上げギブアップを迫ると猫子は「ニャー」。青いタイガーのマスクを着用したボリショイを猫子が場外に送り出しケブラーダ狙い。ボリショイは尻尾を引っ張り阻止すると客席内を闘争。猫子が追っかけるとボリショイはさらに場内後方へ逃げていく。ボリショイがリングに戻るとレフェリーも巻き込んで駆け回る。追いついた猫子だがボリショイがバックを取って爪を立てる。ボリショイは猫子の背中に腰を下ろして一休み。ボリショイは尻尾固め(?)。エスケープした猫子がコーナーからミサイルキック。さらにバックブリーカーでボリショイの動きを止める。しのいだボリショイが変形の卍固め。5分経過。ボリショイが裏投げの構え、かわした猫子が尻尾で叩きまくる。ボリショイはヒールホールド、猫子がエスケープするとボリショイの619がヒット。猫子が尻尾で殴りつけキャット空中にゃん回転。ボリショイがかわし丸め込む。ボリショイがアッパー掌底をぶち込み、ニーアタック。モロに食らった猫子は返せず、ボリショイが勝利の3カウントを奪ってみせた。


    ③ 1/20
    新春シングルマッチ3
    ●Leon(12分17秒、路上→エビ固め)中森華子○
     Leonと中森の一騎打ちは、タッグリーグ公式戦(1・19新木場)への前哨戦でもある。手四つから始まる静かな立ち上がりと思いきや中森のローキックをきっかけにいきなり激しい攻防に。あらためて両者が中央で対峙するとLeonがヘッドロック。中森がロープに振るとLeonはドロップキックをぶち込む。中森の蹴りをつかんだLeonが押し倒しコーナーへスピア。2発目狙いは中森がビッグブーツ。連打で決めるとコーナーへ上がりミサイルキックを連発で放つ。Leonがケブラドーラコンヒーロ、ノキアンバックブリーカー。背後からスピアを決めるとLeonはミサイルキックで中森を吹っ飛ばす。さらに急角度の逆エビ固めでギブアップを迫る。中森がエスケープするとLeonは背中へのフットスタンプ。エプロンから放つと中森がかわすがLeonはすぐに旋回式バックブリーカー。Leonはフィニッシュを宣言しマッドスプラッシュ。中森が脚を突き立ててカットするとビッグブーツ。かわしたLeonがエプロンに出して突進。中森がかわしエプロンでフィッシャーマンの体勢。切り返したLeonがエプロンでのスピアを敢行。さらに場外の中森にスワンダイブのプランチャ。これを中森がキックで迎撃しエプロンからディスティニーハンマー。Leonが戻ると中森はフィッシャーマンの乱打からシャイニング・ウィザード。Leonが返しバックを取るが中森がその体勢からヘッドバット。中森はフィニッシュ狙いでディスティニーハンマー。これをLeonが迎撃し中央にもっていくが中森がフィッシャーマン。Leonはキャプチュードバスターでお返しするが両者ダウンし立ち上がれず。Leonの回し蹴りに中森はハイキック。Leonがスピアから押さえ込むが3カウントには届かず。Leonは中森をコーナーに乗せてスパイダーの構え。Leonは阻止されるもヘッドバットを打ち込みふたたびコーナー上でバックを取る。10分経過。Leonはスパイダージャーマンを成功させ、マッドスプラッシュを見舞う。中森が返すとハイキック、Leonも回し蹴りからスピア。かわした中森が顔面蹴りから鎮魂歌ドライバー。これで終わりと思いきやLeonがギリギリ返してみせる。中森の突進にLeonがスピア。中森が立ち上がりシャイニング・ウィザードをぶち込むとディスティニーハンマーへ。ここから路上で丸め込むと3カウントが入り、貴子とのタッグリーグ戦を控える中森が幸先いい勝利を飾った。


    ④ 1/20
    タッグリーグ・ザ・ベスト2014・Bブロック公式戦
    春山香代子&○勝愛実<1勝=2点>(16分26秒、ブロックバスター→片エビ固め)阿部幸江&藤ヶ崎矢子●<1敗=0点>
     タッグリーグ・ザ・ベスト2014が開幕。初戦は春山組vs阿部組。先発は春山と矢子。ロックアップから春山が矢子を押し込みセコンドのKAZUKIに唾を吐きつける。春山は「あけましておめでとうございます!」とチョップの14連発。助けに入ろうとした阿部と、春山が「ババア論争」を繰り広げる。春山は矢子に逆エビ固め。阿部がカットに入ろうとすると勝が阻止。勝が矢子をコーナーに追い込むと阿部がカットに入る。そこを勝は阿部に対して「ババア」扱い。阿部がリングインし空中胴締め落としを3連発。怒りの阿部が髪をつかむと勝は「ごめんなさい!」と謝りまくる。お構いなしに阿部は髪をつかんでコブラツイストにもっていく。勝は「新年一発目、上げますよ!」と阿部に吊り天井を仕掛ける。阿部は春山を自軍コーナーに追い込みストンピングの乱れ打ち。それを矢子にもやらせるが春山が立ち上がる。矢子はエルボー連打も春山がコーナーに振っていく。矢子のドロップキックは阿部のアシストから連打で決まっていく。こらえた春山が走ると阿部が捕まえダブルでドロップキック。ここからもドロップキックを矢子が打ち込み阿部にタッチ。阿部がカサドーラで飛びつき、春山の攻撃をかわしてセカンドロープからのエルボーアタック。阿部がサブミッションを極めるが勝がカットへ。阻止に入った矢子は返り討ちにあう。春山と勝が合体で阿部を攻めていく。春山が滞空時間の長いダブルアーム式フェースバスターを連発。勝がバックを取ると阿部がコーナーに押し込みビッグブーツ。エルボー連打で10分経過。勝はレッグラリアットで反撃の構え。阿部を引き起こすとケブラドーラコンヒーロを連発。勝のスプラッシュを阿部がカットしスライディングD。勝が返すと阿部はバックドロップホールド。阿部が左右からエルボー連打、スリングブレイド。矢子が春山を抑え、阿部が勝つにダイビングボディープレス。矢子が阿部にタッチを求める。矢子の「いける!」に阿部は「いってこい!」と送り出す。矢子は勝に豪快なボディースラム。2発目は勝がこらえてエルボーをぶち込み、リフトアップ。阿部が乱入し押し倒す。エルボーの打ち合いで勝は絶叫。勝が堂々と受けて立ち、強烈なエルボーをぶち込んでみせる。勝が終わりだと宣言し矢子をリフトアップしようとする。矢子が切り返すも勝がエルボー。阿部がカットすると春山が抑えにかかる。矢子が阿部のアシストから丸め込むも3カウント寸前で勝が返す。残り5分。勝が矢子を引き上げてバックブリーカーからリバーススプラッシュ。阿部のカットが間に合い矢子は命拾い。勝が阿部をマットに叩きつけ春山がコーナーへ。勝も上がり「スプリングビクトリー!」と叫んで、ダイビングエルボー、春山がダイビングギロチンで続く。勝は「終わりだ!」と叫んでブロックバスター。これで3カウントが入り、春山&勝が2点を獲得した。


    ⑤ 1/20
    タッグリーグ・ザ・ベスト2014・Aブロック公式戦
    ●中島安里紗&華名(14分38秒、華名のキックが中島に誤爆→エビ固め)ラビット美兎○&つくし
     まずは“春兎”ラビット&つくしが登場。中島&華名の入場を迎えると、中島のテーマ曲が途中でストップ、場内が騒然とすると華名の曲にチェンジし華名が登場、華名が扉で振り返ると中島と険悪な様子が垣間見える。中島は華名を蹴るようにして先発に出ようとするとつくしとラビットが襲いかかり試合開始。春兎が中島を捕まえ先手を取る。ラビットがつくしを呼び込みキャメルに捕まる中島の顔面へドロップキック。中島は「クソガキが!」とヘアホイップの乱れ打ち。コーナーに追い込むとラビットの顔面を踏み潰す。中島はコーナーにラビットをもっていき華名をにらむと殴り合いに、その背後からラビットがドロップキック、場外戦となる。つくしが場外へのプランチャ。ラビットもプランチャで中島と華名を攻撃。華名が怒りの表情でラビットに向かっていく。ラビットは華名をリングに上げるがコーナーに追い込まれる。華名がラビットにサッカーボールキック。ラビットはDDTからつくしにタッチ。つくしが華名にドロップキックの連打。さらに髪を束ねてマットに叩きつける。華名が蹴り脚を取ってサブミッション。ラビットがカットに入るも華名は中央に持ち込んで極めてみせる。そこへラビットがカットに乱入。華名はラビットに掴み掛るとつくしがドロップキック。前から後ろからラビットとつくしが華名に攻撃。華名がアームロックにつくしをとらえるとラビットがカットも返り討ちにあう。華名はつくしの顔面を踏みつけ5分経過。華名は殴るようにして中島と交替。中島はつくしにDDTから顔面へドロップキック。つくしのエルボー連打に中島も対抗。負けじとつくしも乱れ打ち。つくしは中島をロープに張り付け背中へのドロップキック。ラビットとつくしがダブルのフットスタンプを中島に見舞う。つくしが中島に弓矢固め、串刺しドロップキック。中島がコーナーに上がったつくしにデッドリードライブを見舞いダブルアームスープレックス。中島が左右の張り手で華名に交替。華名の蹴りをつかんでつくしが豪快に張り手。華名のドロップキックをかわしてラビットとつくしがドロップキック。ラビットのスイングDDTからつくしが華名へミサイルキック。ラビット&つくしが華名にブレーンバスター狙い。華名がこらえるもラビット組が成功。つくしが踏みつけると華名がフェースロック。しかし相手陣営でラビットからカットされてしまう。ラビットは華名の突進をかわしてラビストラル。華名が返した直後に相手のお株を奪うような腕十字。10分経過。華名が切り返すとつくしがキックの連打でなんとかカットする。華名はつくしを蹴飛ばしてからラビットにジャーマン。ラビットが返すと華名はバックキック。つくしがカットすると華名はソバット。ラビットが飛びつき丸め込む。華名はジャーマンからランニングキックをラビットへ。ラビットが自力で返すと中島を張る。中島がかわして張り手を放ち、華名と交替。中島はラビットのバックを取り強引な投げっぱなし。中島はラビットに突進。ラビットがかわすとバックを取りにいくが反対にジャーマンを食らってしまう。中島がニーで突進しマットへ叩きつけるとコーナーへ。つくしのカットを阻止すると控えの華名に「抑えろよ!」と文句をつける。ダイブした中島をラビットがかわす。つくしが華名をコーナーで抑える。ラビットが突進すると中島がキックからキューティースペシャル。中島はラビットを引き起こそうとするとつくしがパートナー踏み台にしてドロップキック。ラビットが丸め込むも2カウント。丸め込み合戦に割り込んだ華名のキックがラビットにかわされ誤爆。ここから複雑に丸め込んだラビットが中島から3カウント。無差別級王者が敗れるというまさかのサプライズを春兎が引き起こすとともに、勝ち点2をゲットした。睨み合った中島と華名は別々に退場。つくし「美兎、勝ったよ! 勝ったよ!」ラビット「勝ったぞー!!」つくし「春兎が女子プロ界を引っ掻き回していくぞー!」ラビット「絶対絶対優勝したいと思うので春兎を応援してください、ありがとうございました!」

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。