20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2015.12.15 後楽園ホール 試合 

    JWP 12月15日(日)東京・後楽園ホール

    ① 1/20
    ラビット美兎復帰戦
    阿部幸江&●KAZUKI(11分13秒、ラビストラル→エビ固め)ラビット美兎○&つくし
     左ヒジを骨折していたラビットが、タッグトーナメントでエントリーされていたつくしとのタッグで復帰。ザ☆WANTED!?は握手に応じず、ラビットがつくしとともに阿部に襲いかかる。ダブルでの踏みつけ攻撃からフットスタンプを放つと弓矢固めの競演、と思いきやKAZUKIがすぐにかわして分断する。ザ☆WANTED!?はラビットを捕獲してザ☆WANTED!?のポージング。阿部とラビットがエルボーの打ち合い。阿部はラビットの耳元で絶叫しマットに叩きつけていく。つくしが阿部にダイビングボディーアタック。ブレーンバスターへのトライは阿部が阻止してみせるが、つくしがパロスペシャルに切り返す。つくしは阿部の背中にドロップキック。阿部はロープの反動を利用してのエルボーでやり返す。さらに滞空時間をたっぷりとってのダブルアームスープレックス。KAZUKIが入るとつくしをコーナーに追い込みダブルニーアタック。ダイビングニーはつくしがかわしドロップキックから串刺しクロスボディー。コルバタからのミサイルキックはKAZUKIがクリアー。ラビットがドロップキックの乱れ打ちからブレーンバスターを狙う。KAZUKIがこらえてコーナーに突進。ラビットがかわし、追いかけてくる阿部にあっかんべえをしてこれもかわしてみせる。ラビットはKAZUKIにスイングDT。つくしと合体しブレーンバスター。つづいてダブルのダイビングフットスタンプを投下。KAZUKIが返すと、ラビットがラビストラル。KAZUKIが返してバックドロップ。ラビットが肩を上げると阿部がダイビングボディープレス、KAZUKIがダイビングニードロップ。KAZUKIはラビットとつくしをまとめて攻撃。バックドロップホールドはつくしのカットが間に合う。つくしは阿部をKAZUKIに激突させる。ダブルのクローズラインはKAZUKIがかわしラビットにそうまとう。ラビットがKAZUKIを丸め込むが2カウント。ならばとラビストラルを決めるが阿部にカットされる。するとダブルでのラビストラル。阿部もまとめて丸め込み、ラビット組が勝ち名乗り。阿部「かずちん、怒ってないよね? コイツらが悪いんだよ! あ~もう! 来年の1月5日からタッグリーグ・ザ・ベストが始まります。今回はKAZUKIとはエントリーしません。来年は下の子を育てるために付け人をしている矢子とエントリーします。(ラビット&つくしに)オマエらも出るんだろ。コテンパンにしてやるからな!」


    ② 1/30
    JWP認定ジュニア&POP選手権試合
    ○<王者>勝愛実(8分11秒、オレンジブロッサム)<挑戦者>ライディーン鋼●
    ※第23代JWP、第13代POP王者が4度目の防衛に成功。
     Ⅴ10をめざす勝が4度目の防衛戦。試合前から「鋼、ムーンサルト!」の声が客席からかかる。初挑戦の鋼にはプレッシャーか、それとも…。鋼が握手を求めると勝が応じる。勝が下がったところで鋼は背後からドロップキックで急襲。勝がやり返しつり天井を狙うが鋼が拒否してショルダータックル。勝もショルダータックルをやり返す。鋼がドロップキックを連打。勝がレッグラリアットからカバーも鋼が返す。勝はダブルアームの体勢も鋼がショルダースルーからボディープレスを連打。勝がコーナーに上がりミサイルキック、リバーススプラッシュ。2発目は鋼がかわしショルダータックルからカナディアンバックブリーカー。鋼がコーナーに上がりフロッグスプラッシュ。「もう一発行くぞ!」と叫んでコーナーに上がった鋼だが、勝が余裕でかわしてみせる。突進した勝を鋼が投げつけ袈裟固めへ。勝はラリアットをかわすが鋼がキック。鋼はムーンサルトを予告しコーナーへ。勝がこれも余裕でかわす。鋼は切り替えて上からドン。勝がサイドバスター、ダイビングボディープレス、ダイビングエルボー。鋼がかわし「もう一発行くぞ!」とコーナーへ。リバースフットスタンプ。もう一度上がりムーンサルトを華麗に決める。技は決まったが勝が返してバックフリップ。返した鋼がボディースラムから予告してコーナーへ。勝が追い付きバックドロップで投げ捨てると、ジャーマンへ。鋼が返してクロスアーム式ジャーマン。勝が3カウントを奪い、4度目の防衛に成功した。




    ③ 1/30
    クリスマス・ドリームシングルマッチ
    ○中森華子(11分27秒、ディスティニーハンマー→片エビ固め)井上貴子●
     貴子がビッグブーツの連打にいけば中森は雪崩式のアームホイップから場外に送り出す。中森は場外で貴子に蹴りの乱れ打ち。客席に投げつけエプロンからディスティニーハンマーの3連打。貴子をリングに戻すとフィッシャーマン。もう一度上がると貴子が余裕で追いつきアームホイップへ。貴子はレッグロックで中森の動きを止めにかかる。STFに移行すると中森がエスケープ。貴子は中森をロープに張り付けキックの連打。逆エビ固めからブレイクするとローリングソバット。中森がローキックを打てば貴子もやり返す。貴子のバックドロップホールドは2カウント。コーナーに上がった貴子に中森がハイキック。しかし貴子がチョークスラム気味に叩きつける。中森が延髄斬りからミサイルキックを連発。貴子が返すとハイキック、シャイニング・ウィザード。中森がディスティニーハンマーにいくと貴子がかわしてハイキック。貴子がコーナーから飛ぶと中森がかわしてジャーマン。頭部へのキックから中森がディスティニーハンマー。貴子が返すと中森は張り手。貴子も張りかえしハイキックが交錯。貴子のハイキックが決まるが返される。貴子はバックブローからディスティニーハンマー。中森が蹴落としディスティニーハンマー。ギリギリで貴子が返すと中森がもう一度コーナーに。ディスティニーハンマーをもう一発放つと貴子がまたもやクリアー。中森が引き起こしハイキックからもう一発ディスティニーハンマー。中森「よっしゃ―! やっと貴子さんから勝つことができました。こないだまでモーリーとタッグチャンピオンでした。でもモーリーのケガでベルトを返上して私ひとりでも突っ走っていかないといけない。私をただの後輩ではなくタッグパートナーとして見てもらいたい。貴子さん、タッグリーグ・ザ・ベストで私と組んでください!」。貴子「若いとき話しかけてもちっとも話さなかったくせに。何試合するの? こっちにも予定があるの。でもこれは…断れない雰囲気になってる。ホント、強くなったね、じゃあ、やりますか」






    ④ 1/30
    クリスマス・ドリーム対抗戦~JWPvsWAVEキャプテンフォール6人タッグマッチ
    コマンドボリショイ(キャプテン)&○春山香代子&藤ヶ崎矢子(11分33秒、オレンジブロッサム)GAMI(キャプテン)●&桜花由美&卜部夏紀
    ➀●矢子(4分49秒、体固め)桜花○
    ➁○ボリショイ(7分6秒、センセイ固めⅡ)卜部●
    ※ルール:キャプテンから3カウント又はギブアップを取るか、キャプテン以外を全滅させれば勝ちとなる。
     ボリショイとGAMIのキャプテンがいきなり先発で激突。ボリショイコールにGAMIが嫌悪感を示すとガミコールも発生する。桜花の突進に卜部も続き場外に送り出す。リング上はボリショイとGAMI。GAMIの目突きからフォールもボリショイが返す。ボリショイが丸め込むとGAMIがクリアー。両者の掌底がヒットしダウン。矢子がGAMIへドロップキックの連打。GAMIがトラースキックで矢子をダウンさせ「オマエ誰や?」と女子プロムーブ。WAVE軍が矢子をコーナーに追い込んで攻撃。GAMIがメガホン連打から卜部にタッチ。矢子が卜部にドロップキックを連打。卜部が矢子に逆さ押さえ込みからダイヤル固め。矢子が返すと桜花がビッグブーツの洗礼。桜花が押さえ込むと矢子が返せず退場に。5分経過。春山が桜花にスタナー。GAMIが羽交い絞めにするが桜花のビッグブーツが誤爆しボリショイがふたりまとめて619。春山が卜部にラリアットもGAMIがカット。春山はGAMIに卜部の上へのぺディグリー。ボリショイがセンセイ固めに捕えると卜部がギブアップ。2対2となり試合続行。ボリショイがGAMIに旋回式ワキ固め。桜花がふたりまとめてネックブリーカー。ボリショイがクローズラインを潜り抜けるが桜花がネックハンギングボム、GAMIがジャーマン。GAMIはボリショイを立ち上げケンタッキーボム狙い。ボリショイが切り返し丸め込む。春山とGAMIがラリアットの打ち合い。春山が顔面を蹴り上げコーナーへ。桜花がカットしGAMIが雪崩式フランケン。10分経過。ボリショイの掌底から春山がダイビングギロチン。桜花がカットしGAMIが命拾い。GAMIが浴びせ蹴り、桜花がビッグブーツ、GAMIがラリアット。ボリショイがカットすると桜花が場外にもっていく。GAMIの突進に春山がラリアット。GAMIのラリアットと目突きをかわした春山がオレンジブロッサム。これで3カウントが入り春山がキャプテンのGAMIをフォール、JWP軍に勝利をもたらした。GAMI「まいど。春山さん、12月30日、ヒマやろ? (GAMIの)引退試合出てね。(阿部に)さっちゃん先輩、ずっと忘れてた。暗黒のAtoZ時代を過ごした仲間として出てください。矢子ちゃん…もっとガンバレ。プロレスっていうのは技を受けてなんぼなんです。オマエらな、今日勝ったかもしれんけど、私が引退したらこの通り顔面偏差値なら絶対負けへん。みんな(マスク)かぶれ。勝ち逃げは許さんからな。ウチの永久、半永久チャンピオンが乗り込むから。JWPにウチのかわいこちゃんたちが花を添えにいくから。そのときはよろしくね」。ボリショイは「一応かたちや」と花束を贈呈。最後は“1回しかやってないけど恒例”の「じぇじぇじぇJWP!」。


    ⑤ 1/30
    JWP認定タッグ&デイリースポーツ女子タッグ王座決定戦
    ●Leon&Ray(19分14秒、ウラカン・ラナ)DASH・チサコ○&仙台幸子
    ※十文字姉妹がJWPタッグ第42代、デイリータッグ第15代王者となる。
     先発はLeonとチサコ。ドロップキックを放ちどちらも譲らない。組もうとしたところで幸子が乱入し連係で串刺し攻撃。幸子がフェイントから目突きをみせ変形の卍固めにもっていく。LeonはRayと合体し幸子をロープに張り付けると左右からチョップの連打、フライングクロスチョップ。Leonが幸子をキャメルに捕えるとRayがドロップキック。幸子がDDTからチサコにタッチ。
    チサコはRayにドロップキックを連打。Rayがエプロンからエルボードロップ。チサコのダッシュをかいくぐりRayが変形のドラゴンスリーパーにもっていく。スタナーに切り替えて叩きつけるとチサコがクリアー。幸子がRayにブレーンバスターホールド。姉妹が合体しRayを攻撃。Rayがかわして、ふたりまとめての側転アタック、幸子にスリングブレイド。Leonが幸子に串刺しスピア、ケブラドーラコンヒーロ、ノキアンバックブリーカー。Rayも加わりチサコにストレッチ技。Leonはコーナーに上がるが幸子が雪崩式フランケン、トラースキックからノーザンライトを連発。Leonが返すとチサコがミサイルキック。チサコはネックブリーカー、ダイビングフットスタンプ。もう一度コーナーに上がるとRayがカットしLeonが場外に叩き落とす。Leonはスワンダイブのプランチャ。RayとLeonが交互にチサコへのミサイルキックを連打。Leonはトップロープを走ってのミサイルキック。スワンダイブでも放ちチサコを追い込む。キャプチュードバスター狙いはチサコが切り返す。Leonがコーナーに上がると幸子がカットしチサコが雪崩式スタナー。カットされるとフロッグスプラッシュ。Leonがカットし15分経過。Leonがスピアもチサコが丸め込む。幸子の蹴りからチサコが押さえ込む。チサコの不知火から幸子がムーンサルト、チサコがフロッグスプラッシュ。RayのカットにLeonが救われる。チサコはLeonを引き起こしラリアット。LeonがかわしRayが619、Leonがスピア。LeonとRayが空中弾で競演。チサコが返すとLeonはマッドスプラッシュ。ギリギリでチサコが返すと、キャプチュードバスター狙い。チサコがこらえるとLeonはスピンキックの連打。Leonはチサコを引き起こすがバックを取られ、Rayのキックが誤爆。チサコが幸子を飛び越えてウラカンラナ。Leonが返せずチサコが3カウントを奪取。十文字姉妹がタッグ2冠王者に輝いた。


    ⑥ 1/30
    JWP認定無差別級選手権試合
    ●〈王者〉華名(28分35秒、ドラゴンスープレックスホールド)中島安里紗〈挑戦者〉○
    ※華名が3度目の防衛に失敗、中島が第24代王者となる。
     華名が無差別級王座のベルトをかける一方、中島は負けたらJWPを退団しオフィス華名入りとなるメインイベント。両者あり弓より握手を交わすが華名が背後から投げっぱなしジャーマン。ゴングと同時に毒霧を噴射し腕十字にもっていく。中島は必死にエスケープし場外へ。華名が追いかけ場外戦。華名が客席に叩きつけると中島もやり返す。華名がイスで殴打し座らせるとビッグブーツ、鉄柱に叩きつける。華名は本部席に連行し「オマエなんか好きなわけないやろ!」。立ち上がった中島が場外でドロップキック。髪をつかみあう場外戦で華名が額を攻撃。リングに戻ると華名と中島がエルボーの攻防。華名の打撃に中島もエルボー。中島がコーナーに振り、待ち構える華名を場外に落とす。再び場外戦となり中島がイスで攻撃。5分経過。中島が客席とホールのボードに額を叩きつける。華名がやり返すと中島も再度やり返す。リングに戻し中島がエルボーから前蹴りを連打。容赦なく蹴り上げカバーすると返した華名に中島は腕十字。華名が切り返し脚を取りにいく。中島は腕を離さず三角締めを狙うが、華名がこらえてヒザ十字にもっていく。中島はロープエスケープ。華名は中島の左脚を蹴り上げる。エルボーの打ち合いから華名がロープに振ろうとするとこらえた中島がエルボー。中島はドロップキックから再びエルボーの打ち合い。華名が飛びついてフロントネックロック。中島が下から腕をロック。華名が切り返し腕を取りにいく。中島がネックロックにとると立ち上がって叩きつけるとワキ固めからフェースロック。華名がバックを取り投げっぱなしジャーマン。ダブルニーアタックを串刺しで決め蹴りを放つ。場内はアリサコール。華名が飛びつき腕十字。中島がエスケープしようとすると華名は中央にもっていき腕固め。中島が切り返しロープへ。15分経過。華名がキックの連打、中島が脚を取ってヒザ十字へ。華名も切り返すが中島がサイド切り返す。中島はジャーマンからダッシュし顔面に蹴りを入れる。コーナーに上がると華名が立ち上がりエルボー連打、回し蹴り。華名はコーナーに上がり雪崩式ブレーンバスター。場内は再びアリサコールに包まれる。中島が張り手、華名も打撃で応戦。両者立ち上がり打撃の攻防、華名の蹴りで中島が追い込まれる。華名はロープ際でも容赦ない攻撃。中島が脚をつかんでヒールホールドへ。中島が中央にもっていこうとすると華名がサッと脚を取る。中島が逃れて顔面を蹴っていく。華名が脚を取りロープに追い込む。中島が逃れると華名が脚を取りに行ったところで飛びつきの腕十字へ。20分経過。華名が脚を伸ばしてエスケープ。中島が華名ののど元を踏みつけコーナーへ。華名が中央にもっていきジャーマン。中島が返すとジャーマンへ。返した華名が後頭部にエルボー連打。中島がヘッドバットを叩き込むと華名もヘッドバット。ヘッドバットの応酬に中島は乱打。中島がジャーマン4連打。華名が返すと中島はだるま式狙い。華名がこらえてバックブローからヘッドバット連打。華名が側頭部に蹴りを入れ押さえ込むが中島が返す。華名は中島を起こし胴締めスリーパー。中島は噛みつきで脱出。華名がエルボーを放つと中島も打ち返す。25分経過。残り5分。中島が左右のエルボー連打。中島がドラゴンスープレックス、ミサイルキック。華名が返すとドラゴン狙い。華名が切り返してバックブローの連打から回し蹴り。側頭部へのキックからカバーすると中島が肩を上げる。アリサコールに包まれた場内。中島がだるま式ジャーマンも形が崩れカバーに至らず両者ダウン場外。残り3分。エルボーが交錯。中島がかいくぐりキックも華名も打ち返す。華名がダッシュし顔面蹴り。中島は1カウントで返し突進。中島が丸め込むとギリギリで返される。中島がドラゴンの構え。華名がこらえるとヘッドバットを連打しジャーマン。残り2分。中島はドラゴンへ。3カウントと思われたが華名が返す。中島はもう一発変形のドラゴン。これで3カウントが入り、中島が無差別級王座を奪回。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。