20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013.12.1 浅草・花やしき座 試合 

    JWP 12月1日(日)東京・浅草花やしき座

    ① 1/20
    ●藤ヶ崎矢子(8分10秒、フェースロック)華名○
     12・15後楽園での無差別級王座防衛戦を控える華名が新人の矢子と一騎打ち。この日の華名は顔面ペイントなしで登場。矢子が握手を求めるも華名は応じず試合開始。グラウンドで華名が矢子の腕を取りにいく。矢子がエスケープすると華名はバックを取りふたたびグラウンドにもっていく。アームロックに矢子は悲鳴。エスケープすると華名がミドルキックの連打。矢子が気合を入れるも華名は容赦なく蹴りをぶち込む。矢子が立ち上がるとドロップキックを連発、ボディースラムで華名をマットに叩きつける。華名がボディースラムのお返しからマウントへ。腕十字にもっていくと矢子は脚を伸ばしてエスケープ。華名が顔面を蹴り矢子を立ち上げる。矢子が丸め込みの連続でフォールを狙う。切り返した華名がワキ固め。矢子が反転して逃れるも華名はフェースロックにもっていく。矢子がギブアップし、華名が勝利を収めた。


    ② 1/20
    ○春山香代子(6分18秒、フェースバスター→片エビ固め)卜部夏紀●
     デビューから1か月となるWAVEの新人、卜部が春山の胸を借りる一戦。卜部が「お願いします!」と握手を求めると春山が応じてゴング。ロックアップから卜部がエルボー連打で春山をロープに追い込む。卜部がロープに振ろうとすると春山がこらえる。春山は反転しエルボー連打からコーナーに頭を打ち付けていく。卜部もやり返すが、春山は「なめるな、ガキが!」とヘアホイップ。しかし卜部がすぐにやり返し髪を引っ張る。卜部がエルボー、春山はチョップを打っていく。春山はボディーシザーズでギブアップを迫る。卜部は体重をかけてカバー。卜部は噛みつきからマウントを取り胸板にエルボーの連打。春山が腕ヘの噛みつきをお返し。卜部がボディースラムを狙うが春山がこらえる。卜部はエルボーとドロップキックを連発。春山がフロントキックを連打しカバー。卜部が返すと春山はボディースラムからランニングギロチン。卜部がかわしてドロップキックの乱れ打ち。春山は1カウントで返す。卜部が丸め込むも春山が返す。卜部の逆さ押さえ込みも返される。すると卜部はローリングクレイドル。春山が返すと卜部はボディースラム。春山がバックキックから雷電ドロップ。返した卜部に春山はランニングギロチン、フェースバスター。卜部がカバーを返せず、春山が勝ち名乗りを受けた。試合後、春山が卜部を引き寄せると卜部はエルボー連発で抵抗した。


    ③ 1/30
    KAZUKI&○ライディーン鋼(13分2秒、リバース・ダイビングフットスタンプ)Leon&勝愛実●
     鋼と勝の先発で試合がスタート。勝がLeonを呼び込みダブルで鋼を攻撃。勝はコーナーに鋼を追い込み踏みつける。鋼がボディースラムからボディープレス。KAZUKIが勝にスリーパー。勝が逃れていくがKAZUKIはフロントネックロック。勝が切り返してコーナーに叩きつける。Leonがドロップキックからキャメルクラッチ。そこへ勝がドロップキックを打っていく。KAZUKIはダブルニードロップをLeonに見舞う。鋼がLeonにヘッドシザーズ。Leonが脱出するが鋼の串刺しドロップキックを食らう。しかしLeonがお返しの一発。鋼のエルボー連打を受けてネックブリーカーから頭部へのドロップキック。Leonがダブルアームに取ると鋼がショルダースルーから払い腰の連続。勝がカットに入るがKAZUKIが場外に落とす。ザ☆WANTED!?がダブルの攻撃でLeonを追い込む。KAZUKIがLeonの突進をかわしサードロープに乗せる。KAZUKIはダブルニー。コーナーからの攻撃はLeonがかわし、カウンターのバックブリーカー。勝のアシストからサマーソルトドロップ。Leonがテキサスクローバーを極めると鋼がカット。LeonがKAZUKIの背後からスピア。勝がリバーススプラッシュ、レッグラリアット、ケブラドーラコンヒーロ。KAZUKIと勝がエルボーの打ち合い。KAZUKIはニーをぶち込み水車落とし。鋼が勝にショルダータックルを連打。カナディアンで担ぎ上げるとLeonがカット。KAZUKIがLeonを場外に落としザ☆WANTED!?が合体のブレーンバスター。勝がかわしてLeonがスワンダイブのドロップキック。つづいて勝がリバーススプラッシュを鋼に見舞う。鋼が返すと勝がもう一度放つ。鋼がかわしてダッシュするが勝が首固め。KAZUKIのニーから鋼がバックドロップ。勝が返すと鋼がコーナーへ。勝が追い付きバックドロップを狙う。Leonが突進し、コーナー際の混戦へ。勝がLeonのラリアットからスタンプホールド。KAZUKIがダッシュをカットしデスバイロドリック。LeonをK-クラッシャーで勝の上に投下。鋼がリバースのフットスタンプを放つと勝が返せず3カウント。鋼がジュニア2冠王者の勝からピンフォールをゲットしてみせた。KAZUKI「(鋼に)勝ったのはおめでとう。でも、ムーンサルトじゃないじゃん。ちゃんと練習してるの? 何回チャンスあったんだよ!」鋼「言い訳なんかない。でも、こんどこそムーンサルトを決めたいと思います! で、今日勝ったのでジュニアのベルトに挑戦させてください」勝「いいんじゃないの。実際、今日負けたの事実だし逃げも隠れもしないよ。後楽園で私の持ってるベルトをかけてやりましょう」。これにより、12・15後楽園でのジュニア2冠戦、勝愛実vsライディーン鋼が決定した。


    ④ 1/30
    ○花屋敷花子(14分13秒、ローラーコースター(路上)→エビ固め)阿部幸江●
     中森華子が花やしき大会限定でリングネームを変更。「なんてったってアイドル」で登場した花柄コスチュームの花子がいつもとは異なるハイテンションで握手を求めると阿部はビックリ。阿部には“元祖コール”が送られるが本人は「現役じゃ!」。場内はハナココールと元祖コールが交錯。阿部は花子をトップロープに括り付けてKAZUKIと攻撃。花子が腕を取りアームホイップ。コーナーに追い込むと客席に向かい「花ちゃんだよ!」とポーズ。すると阿部がダブルアームスープレックスからコブラツイスト。顔面を踏み潰しながら阿部が「アイドルは私なんだ!」とクレームをつけ場外戦にもっていく。花子が逆転し阿部を客席に叩きつける。リングに戻った花子がドロップキックから阿部を踏みつけ。中央にもっていくとインディアンデスロック。ロープに振られた阿部がエルボーアタックから逆片エビ固め、弓矢固め。さらにコーナーに追い詰め顔面を踏みつけていく。エルボーの打ち合いから花子がネックブリーカー、ミサイルキックを連発。フィッシャーマンは阿部が返してコーナーの花子に雪崩式フランケンシュタイナー。10分経過。阿部が花子の腕を極める。スリングブレイドから阿部がダイビングボディープレス。花子が返すと阿部はバックへ。切り返した花子がネックブリーカーからシャイニング・ウィザード。阿部がギリギリで返すと花子はフィニッシュを予告し、ディスティニーハンマー。阿部がかわしてスリングブレイド。阿部の突進に花子はビッグブーツからフィッシャーマンバスター。花子は阿部を引き起こすが丸め込まれる。阿部がカウンターのフランケンシュタイナーからマヒストラル。花子が返して丸め込むと3カウント。花屋敷花子がデビュー戦を勝利で飾った。試合後、花子はリング中央で一回転して「花ちゃんだよ!」×2。


    ⑤ 1/30
    ○中島安里紗&Leon&Ray(20分4秒、ダイビングフットスタンプ→片エビ固め)コマンド・ボリショイ&春山香代子&藤ヶ崎矢子●
     中島は無差別級王座奪回をめざし華名と再戦、Leon&Rayは仙女の姉妹とタッグ2冠王座決定戦、ボリショイ&春山&矢子は“チームじぇじぇじぇJWP”でWAVEとの対抗戦と、12・15後楽園での大一番が組まれている選手たちが6人タッグで激突するメインイベント。ボリショイ組から突っかかり試合開始。まずはLeonを標的とし3人で串刺し攻撃、ビッグブーツ。しかし矢子が捕まりボラドーラスがダブルのフライングクロスチョップ。中島がヘアホイップの連打からドロップキックでコーナーに追い込む。中島はドロップキックからワキ固めに移行。矢子はボディースラムを切り返し丸め込み。ボリショイと中島がグラウンドの攻防。ボリショイがDDTを打てば中島もやり返してドロップキック。Rayがボリショイをロープに張り付けチョップの連打。しのいだボリショイがRayをロープに張り付ける。戸惑いながらも矢子が入りチョップを打っていく。ボリショイがRayにブレーンバスター。Rayと春山がチョップの応酬。矢子もRayとのチョップ合戦へ。Rayが追い込みコーナーに振ると矢子が切り返し春山、ボリショイと串刺し攻撃。春山がチョップを連発し矢子がボディースラム。Rayが返すと矢子はもう一度狙う。Rayが切り返してブレーンバスター。さらにグラウンドでコブラツイストにいくがボリショイにカットされる。矢子がカウンターのドロップキックをRayに決める。ボリショイがRayの側転エルボーを食らうが2カウント。ボリショイはRayを誘って619狙い。かわしたRayをボリショイがかわす。ボラドーラスのドロップキックがボリショイを挟み撃ち。中島がボリショイの顔面を蹴って飛びつき腕十字。ボリショイが脚を取りにいくと中島が切り返す。中島はジャーマンを放つが返したボリショイが腕を取る。中島は場外にエスケープ。右腕を気にしながらもリングに戻った中島にボリショイは裏投げ。中島と春山がエルボーの応酬。春山のトラースキックを耐えた中島がカウンターのエルボー。中島がジャーマン、カウンターのキューティースペシャル。Leonが春山にミサイルキック、雪崩式ブレーンバスター。春山が返すとLeonはマッドスプラッシュ。春山がカットし引き起こすと背後からRayがミサイルキック。ボラドーラスが合体するも春山がギロチンとスタナー。Rayは春山に619、Leonがスピア。ボリショイがLeonに619、春山がラリアット。春山はコーナーからダイビングギロチンをLeonに決める。Rayのカットが間に合い2カウントどまり。春山がLeonにキーンハンマー狙い。Leonがかわしスピンキック。中島が矢子にストンピングの連打。矢子がロープに振ろうとすると中島がエルボーをぶち込みバックドロップ。中島のダッシュにボリショイが掌底、矢子が押さえ込むが2カウント。中島が逆さ押さえ込みを切り返しワキ固め。カットされた中島はミサイルキック。矢子が返すと中島はミサイルキックを側頭部へ、決まったと思われたがボリショイのカットが矢子を救出。こんどは中島が左脇腹へミサイルキック気味にフットスタンプ。これで3カウントが入ると中島はサッサと退場してしまった。春山「みなさんご来場ありがとうございました。チームじぇじぇじぇJWP、今日勝利して後楽園につなげたかったんですけど、厳しいですね。やってよかったと思いました。次の後楽園はバッチリなんで。矢子と疎通が取れてないというのが発覚した実りのある大会だったと思います。これは経験なんで、後楽園ではJWPの威信をかけて、いまできる最高の闘いを、皆さん力を貸してください。そしてチームじぇじぇじぇJWPを応援してください」

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。