20thHP用
次回大会の見どころ

JWPロゴ

OFFICIAL INFORMATIONS

情報メディア
興行日程他団体参戦情報
対戦カード 試合結果
レポート 選手紹介
会場案内オフィシャルFC
BLOG
JWP認定タイトルの規定
今後の引退試合スキーム検討

◆倉垣翼退団のお知らせ 

 8月22日、東京・水道橋で記者会見を開き、倉垣翼が10月14日の新宿FACEで行なわれるデビュー15周年記念大会でJWPを退団することを発表しました。詳細は以下の通りです。

▼倉垣のコメント
「10月14日に新宿FACEで再デビューから15周年の記念大会を開くことになりました。無事に15周年を迎えられたのも選手、関係者、応援してくれたファンの方、困った時に助けてくれた両親のおかげです。その15周年記念大会で、JWPを退団します。一度きりのプロレス人生ですし、親のことも考えてJWPを離れることに決めました。10月14日以降は、フリーとして活動していく予定です。10月14日まではJWP所属として、全力で盛り上げていきたいと思います。」

――いつから退団を考えていたのか?
倉垣 「具体的には今年初めからですが、前から考えていました。ただ、JWPの皆のことが好きで一緒に頑張っていきたいということもあって、決断できませんでした。」

▼春倉としてタッグを組む春山香代子のコメント
春山 「2人で話し合った結果、倉垣がJWPを退団しても春倉は続けていく形で、翼と組んでやっていきます。」

――JWPで活動することは?
春山 「可能性はあると思います。」

――退団の意思を聞いて、どう思ったか?
春山 「相談を受けて、話し合った結果、こういう形になってしまった。翼は翼のやりたいようにやっていったらいい。私はJWPが大好きだし、退団することはありません。別に翼がリングを降りる(引退する)わけじゃないし、どこまでやれるのか見守っていきたい。」

▼コマンド ボリショイのコメント
ボリショイ 「残念です。選手が成長してやりたいことがでてきたのなら、JWPという母体を持って、できることをやっていけばいい。何で、JWPに居てできないのか理解できない。JWPに入団して、カムバックして、一度フリーになって復帰して……。最後までJWPで後輩に何かを残していって欲しかった。残念な気持ちしかありません。」

――両親のことも退団の理由に挙げているが?
ボリショイ 「選手が年をとれば、親も年をとっていくのも当然です。そうした選手たちと個々の付き合い方もある。専属という形でもいいと思う。自分としては翼は翼の立場で残って欲しかった。」

――退団に至った一番の理由は?
倉垣 「例えば海外に長期で行きたいと思っても、試合が月に何試合か決まっていて、自由が利かないこともある。」

――10月14日の最後の試合は誰と対戦したいか?
倉垣 「自分は春山とシングルを考えているけど、また話し合って決定したいと思います。」