20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013.8.11 板橋グリーンホール 試合 

    JWP 8月11日(日)東京・板橋グリーンホール 


    EX 5分間
    ライディーン鋼(0-0)藤ヶ崎矢子
     8・18後楽園でデビューする藤ヶ崎が5分間のエキシビションマッチをおこなった。藤ヶ崎は1997年5月8日生まれ、千葉県銚子市出身。 身長161センチ、体重63キロ。


    ① 1/30
    故・プラム麻里子さんメモリアル・オンリーギブアップ8人タッグマッチ
    中島安里紗&阿部幸江&KAZUKI&●ライディーン鋼(18分33秒、ストレッチプラム)コマンド・ボリショイ○&Leon&勝愛実&カルロス天野
     試合前、1997年8月16日に亡くなったプラム麻里子さんと先日亡くなった元・全女リングアナウンサーの今井良晴さんに1分間の黙とうが捧げられた。オープニングマッチは故・プラム麻里子さんメモリアル・オンリーギブアップ8人タッグマッチ。両軍が入場すると「プラム麻里子」がコールされ、多くの紙テープがリングに投げ込まれた。先発は勝と鋼。Leonが鋼の首を取ると鋼が持ち上げて自軍コーナーにもっていく。替わったKAZUKIがLeonの腕を狙う。Leonが切り抜けてレッグロック。ボリショイが入るとKAZUKIはマットに寝ころび“猪木vsアリ状態”にもっていく。するとボリショイがKAZUKIにアキレス腱固め。KAZUKIが切り返そうとするとボリショイが上になり回避。ボリショイがスリーパーにいくとKAZUKIが持ち上げて腕にエルボーを落とす。阿部が呼び込まれるがボリショイが腕を取る。阿部がとり返すもボリショイは三角締めへ。阿部が耳元で絶叫しながら切り返しマヒストラルの体勢。これをボリショイが切り返してスタンディングのヒールホールドにもっていく。5分経過。天野と阿部がバックの奪い合い。天野がスリーパーから腕十字狙い。うるさい阿部に天野はマウントを取り張り手。中島が天野とアキレス腱固めをかけ合う。ロープ際では「オマエが離せ!」とお互いに譲らず。立ち上がった中島が天野にエルボー連打。天野が腕を極めようとすると中島組が全員で襲いかかる。ザ☆WANTED!?が天野を捕えてポーズも中島は加わらず。ザ☆WANTED!?がクレームをつけると天野が攻撃。その後、天野とボリショイを捕まえ、中島も加わって2方向でのザ☆WANTED!?ポーズが完成。勝が中島に吊り天井。Leonが阿部にノキアンバックブリーカー。同時にボリショイと天野がコーナーでサブミッションを極めている。勝がエアプレーンスピンにいくと中島が切り返してストレッチマフラーへ。鋼が勝にショルダータックルの連打。勝がレッグラリアットからボリショイにチェンジし10分経過。ボリショイと天野がヒザ十字の競演で鋼を捕える。Leonが阿部に、勝がKAZUKIにヒザ十字も、中島がカット。中島もLeonにビクトル投げからのヒザ十字。天野も狙うが鋼が阻止。それでも強引に天野は鋼にヒザ十字を極めていく。天野はさらに鋼にストレッチプラム。阿部、ボリショイ、中島もストレッチプラムを極めていく。阿部がLeonに空中胴締め落とし。フランケンシュタイナーを切り返しLeonがヒザ十字へ。阿部がさらに切り返して腕十字も天野がカット。阿部の突進にLeonがバックブリーカー。Leonがコーナーに上がるとKAZUKIがカットし阿部が雪崩式フランケンシュタイナーからサブミッションへ持っていく。天野がカットし中島に飛びつき腕十字。中島もワキ固めにきり返す。中島はジャーマン連発も天野が腕を取りにいく。中島はヒールホールドにいくがボリショイにカットされる。ボリショイは中島にアームロック。15分経過。中島がヒザをとりにいくと彫り粗衣が腕十字。中島がエスケープし阿部にタッチ。阿部がボリショイにヒザ十字。勝が阿部にバックブリーカーから逆エビ固め。中島がミサイルキックでカットしKAZUKIと合体もLeonがスピア。KAZUKIが巴投げから腕を極めにいくがボリショイがカット。ボリショイは飛びつき三角締めに捕えるがカットされる。中島がボリショイにフェースロックも天野が飛びつき腕十字。ボリショイのダッシュをKAZUKIがカットし鋼がドロップキック。ボリショイが619を放つと天野がヘッドバット。ボリショイがグランドのストレッチプラムにいくがKAZUKIがカット。ボリショイはアッパー掌底から鋼に飛びつきストレッチプラム。鋼がギブアップし、ボリショイがオンリー・ギブアップマッチを制した。ボリショイ「今日もプラムさんはここにいらっしゃってると思います。これからも健康管理をしっかりして最高の試合を見せられるように、これからも努力していきます」つづいてKAZUKIがマイクを取り、鋼に「オマエリーグ戦全敗したな。それからいままで1勝したか? 次の後楽園、勝たなかったらザ☆WANTED!?破門!…のつもりで頑張れ。わかったか!?」鋼「頑張ります。応援よろしくお願いします!」


    ② 1/15
    JWP認定ジュニア&POP王座次期挑戦者決定リーグ戦
    ○世羅りさ<2勝1敗1分=2.5点>(6分32秒、振り子式バックフリップ→片エビ固め)フェアリー日本橋<2勝2敗=2点>●
     優勝の望みがある日本橋が世羅と最後の公式戦。世羅が腕を取りにいき締め上げると日本橋も取り返していく。世羅がヘッドロックにいくが日本橋が切り返す。世羅は日本橋をマットに叩きつけてキャメルクラッチ。世羅がバックブリーカーから逆エビ固め。世羅が串刺しエルボーにいくと日本橋は串刺しでドロップキック。エルボーの打ち合いから日本橋がドロップキックを連発。ボディースラムからカバーするが2カウントで世羅が返す。世羅はボディースラムからもう一度逆エビ固め。日本橋はロープエスケープを狙うが世羅がリング中央にもっていく。それでも何とかロープに到達。5分経過。世羅が魚の凶器を持ちだし殴打すると日本橋が奪い取って殴りかかる。日本橋が回転エビ固めからスクールボーイ。返した世羅にドロップキックを見舞い、フィニッシュを予告。世羅が切り返すとドロップキック。世羅が振り子式バックフリップで叩きつけると日本橋が返せず3カウント。得点で日本橋を上回ることになった世羅が最終戦を勝利し、日本橋の優勝が消えた。優勝の行方はラビットvs須佐の最終戦に託される。


    ③ 1/15
    JWP認定ジュニア&POP王座次期挑戦者決定リーグ戦
    ●ラビット美兎<2勝2敗=2点>(12分26秒、エビ固めを切り返し→片エビ固め)須佐えり<3勝0敗1分=3.5点>○
     勝ったほうが優勝となる公式戦の最終試合。引き分けの場合も得点で上回る須佐が優勝となるシチュエーション。須佐のセコンドには世Ⅳ虎、岩谷、風香GMがつく。須佐のほうから握手を求めるとラビットはその手を叩いて張り手。須佐もやり返すと激しい殴り合い。そのままゴングが打ち鳴らされ乱戦模様のスタートとなる。須佐のドロップキックにラビットはフロントネックロック。須佐が取り返すとラビットはグラウンドにもっていく。須佐がマウントをとりパンチの連打。反転したラビットが張り手を連発。ラビットはロープに振ってドロップキック。ラビットが腕を取ると須佐が脚を伸ばしてエスケープ。ラビットはロープに張り付け背中にドロップキック。返した須佐にラビットはキャメルクラッチからボディシザーズ。須佐がアキレス腱固めに切り返すとラビットはロープに逃れる。須佐がコーナーに振り突進。もう一度振ってエルボーアタック。ラビットが返すと須佐は腕十字へもっていく。ラビットがエスケープすると須佐はコーナーに追い込み踏みつける。ラビットはコーナーに振って串刺しのドロップキックを連打。ボディースラムから押さえ込むと須佐の肩が上がる。ラビットは逆片エビ固め。5分経過。須佐がロープに逃れDDT。ラビットもやり返すとDDTの応酬に。須佐の連発にラビットもやり返し顔面を蹴っていく。ラビットパンチをかいくぐりドロップキック。2発目をかわし須佐がヒールホールド。エスケープしようとするラビットを引き戻し締め上げる。ラビットはなんとかロープに到達。須佐はコーナーに追い込み踏みつける。コーナーへの振り合いからラビットがミサイルキック。ラビットはコーナーに上がりもう一度ミサイルキックも踏み外す。が、すぐにドロップキックに切り替えて2カウント。ラビットがコーナーに上がると須佐がドロップキックで打ち落とし場外へ。場外戦になるとラビットが須佐を客席に投げつけていく。須佐もやり返しエプロンからダイブ。ラビットをリングに戻し左ヒザにニードロップ。須佐は腹部にニーをぶち込みブレーンバスター。10分経過。ラビットがブリッジでカバーを抜けてドロップキック。場外に出た須佐にラビットはプランチャ。ラビットがリングに戻りブレーンバスター。須佐が返すと回転エビ固め。さらに丸め込んでいくと須佐も切り返して丸め込み合戦に。ラビットがラビストラルにいくと須佐が返す。ラビットの突進に須佐がカウンターのロシアンフック。ギリギリでラビットが返し残り3分のアナウンス。須佐が丸め込むとラビットが切り返す、それを切り返した須佐が丸め込むとラビットが逃れられず3カウント。須佐がリーグ戦を制し、ジュニア2冠王座への挑戦を決めた。須佐は8・18後楽園で勝愛実に挑戦する。須佐「よっしゃ勝ったぞ これで挑戦できる、そしてベルトを獲るぞ! 絶対に獲ってやるよ!」勝がエプロンへ。勝「とりあえず優勝おめでとう。前の記者会見でPOPが欲しいと言ったよね。(JWPジュニア王座を)馬鹿にしたような発言にしか聞こえないんですよ。そこにいるオマエら(スターダムのセコンド)もだよ! どうせセコンドに来るんでしょ、違いを試合で見せつけてあげる」須佐「絶対に負けない! 絶対勝つぞ18日、応援お願いします!」


    ④ 1/30
    8・18タッグ選手権前哨戦
    ○倉垣翼(0分36秒、ハヤブサ直伝ファルコンアロー→エビ固め)モーリー●
     8・18後楽園でおこなわれるタッグ2冠戦の前哨戦第1ラウンド。ゴングと同時に倉垣がラリアット。モーリーがかわすが次のラリアットを食らってしまう。倉垣がファルコンアローにいくと3カウント。まさかの秒殺で倉垣がモーリーとの前哨戦を制した。


    ⑤ 1/30
    8・18タッグ選手権前哨戦
    ○春山香代子(15分59秒、ダイビングギロチンドロップ→片エビ固め)中森華子●
     タッグ2冠戦前哨戦の第2ラウンドは春山vs中森。モーリーが秒殺で完敗しているだけに、ハートムーブとしては絶対に負けられない闘いに。春山から握手を求めるも中森は無視。下がる振りをして襲いかかる。すると春山がラリアット。殴り合いとなり激しくエルボーが交錯する。中森がキックを連発すると春山はストレッチプラムの構えからギブアップを迫る。春山はジャーマンで中森を投げ捨て背中にキック。ぺディグリーの体勢をこらえた中森。しかし春山は2度目のトライでぺディグリー。コーナーに振ると串刺しのラリアット。春山はコーナーからギロチンを狙う。中森が切り返しコーナーでストレッチマフラー。脚を取ってのドラゴンスクリューをコーナーから放つ。中森はレフェリーの制止を無視して春山を蹴りまくる。さらにトラースキックをキャッチしてストレッチマフラー。中森は春山を場外に蹴落とし、エプロンからデスティニーハンマー。春山は場外でジャーマン、中森がフィッシャーマンを連発。中森は戻ってきた春山にミサイルキックを連打する。
    春山はDDTから中森のキックをかわす。中森の脚がトップロープに引っかかったところで打撃の連打。ラリアットを乱れ打ちすると、中森がダウン。春山は中森を引き起こしラリアット。もう一度引き起こしなおもラリアットを連続して打っていく。春山は胴締めスリーパー。中森がエスケープすると、春山は顔面を踏みつける。中森の延髄斬りをかわして春山が顔面に蹴りをぶち込む。春山はドラゴンスリーパー。中森が逃れようとすると重心を下げてエスケープを許さない。それでも何とか中森はロープに逃れる。中森は至近距離からのシャイニング・ウィザードを打ち込みコーナーに。春山も上がり雪崩式パワースラム。10分経過。中森が返したところで倉垣に敗れたモーリーがセコンドに着く。中森はフィッシャーマンバスターもカバーにいけず。両者ダウン状態から両者が張り手を打ち合う。立ち上がっても張り手の連打。手数で上回った春山だが顔面への蹴りを食らう。中森はコーナーに上がりデスティニーハンマー。春山が迎撃し中森がダウン。春山が向かっていくと中森がカウンターのキック。ハイキックをこらえる春山だが3発目でダウン。中森がコーナーからデスティニーハンマーをヒットさせる。中森は春山を引き起こしフィッシャーマンの構え。春山が切り返し押さえ込むが中森が返す。ラリアットをヒットさせた春山だが中森が丸め込む。春山はトラースキックを連打し低空のラリアット。中森が3カウント寸前で返し、15分が経過。春山はコーナーから立ち上がった中森へダイビングギロチン。中森が立ち上がろうとするとトラースキック。再びコーナーに上がりダイビングギロチンを投下。中森が返せず3カウント。タッグ2冠戦の前哨戦は、王者チームの連勝となった。春山「いつまで待たせるの、私たちを、お客さんを。ハルクラはここでもすごいけどこの最強チームがタッグを巻くとバリバリ最強ナンバーワンになっちゃうんだよね。まだそれじゃタッグのベルトを巻けないと思うよ。あなたへの愛があるから厳しいこと言ってます。乗り越えてくれると信じているので言ってます。腰にはベルトは行かないと思うけどいい経験になる、それを刻んでリングに上がってください。次はビッグイベントの後楽園大会 、ハルクラじゃなくここはモリハナを応援して下さい。ハルクラはバリバリ最強ナンバーワンなんで、お客さんにも敵がいっぱいいないとつまんないんで。ハルクラ、バリバリ最強ナンバーワン!」
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。