20thHP用
次回大会の見どころ

JWPロゴ

OFFICIAL INFORMATIONS

情報メディア
興行日程他団体参戦情報
対戦カード 試合結果
レポート 選手紹介
会場案内オフィシャルFC
BLOG
JWP認定タイトルの規定
今後の引退試合スキーム検討

[結果]7月28日(日)名古屋・クラブダイアモンドホール  



7月28日(日)名古屋・クラブダイアモンドホール 
観衆:253人(満員)

「Pure-violence road.13」
1、タッグマッチ 15分1本勝負
○勝愛実&星ハム子(9分55秒、片エビ固め)ライディーン鋼&小林香萌●
※リバーススプラッシュ

2、JWP認定ジュニア&POP王座次期挑戦者決定リーグ戦 15分1本勝負
○須佐えり<2点>(6分16秒、片エビ固め)フェアリー日本橋<1点>●
※ロシアンフック

3、同リーグ戦 15分1本勝負
○ラビット美兎<2点>(10分29秒、ラビストラル)世羅りさ<1点>●

4、ミクスドタッグマッチ 20分1本勝負
KAZUKI&○男盛(10分1秒、バーミヤンスタンプ)阿部幸江●&青柳 政司

5、6人タッグマッチ 30分1本勝負
春山香代子&○倉垣翼&Leon(17分15秒、片エビ固め)中森華子&モーリー●&セリーナ
※ファルコンアロー

6、JWP認定無差別級王座・CMLL-REINAインターナショナル選手権・ボリショイディケイド4    30分1本勝負  
<JWP認定無差別級王座王者>○中島安里紗(18分31秒、ドラゴン・スープレックスホールド)コマンド ボリショイ●<CMLL-REINAインターナショナル王者>
※ボリショイが初防衛に失敗。第21代JWP認定無差別級王者が3度目の防衛に成功するとともに、第5代CMLL-REINAインターナショナル王者となる。