20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013.5.26 新木場1stRING  総評 

     次世代アイドルと女子プロレスのコラボレーション興行で、興味深い対決が組まれた。それはアイドルのプロレス体験以上に、JWPとアイスリボンのコラボレーションにプロレス的注目が集まった。中島安里紗&世羅りさ組vs春山香代子&つくし組。中島はJWP認定無差別級王者で、17歳のつくしはICE×60王者。どちらも団体の最高峰に位置づけられるベルトを巻いたチャンピオンである。
     しかしながら、いくら王者同士とはいえ中島とつくしを同列に並べるのはフェアではないだろう。それでもつくしの場合、デビュー当初からいわゆるキッズレスラーの枠を超えた闘い方をやってきたとの実績がある。“JWP解禁”となったのも、一定の年齢に達したからという事実もあるが、ほかの選手たちと同等にカードを組むことにより、試合内容まで期待できるからだ。だからこそ、相手側も決してキッズ相手の戦法とはならない。その証拠に、中島とつくしは激しい打撃の応酬を展開した。もともとつくしは、中島の気の強さに自分を照らし合わせ、ある種のあこがれさえ抱いている感がある。気の強さは、5・5板橋で春山にぶつかっていったときのことを思い出してもらえばJWPファンにもすぐに理解してもらえるはず。中島とつくし、性格面では共通点があるのではなかろうか。
     実際には、この試合でつくしが中島を本気にさせたとは言い難い。中島にはまだまだ笑みを浮かべられる余裕があった。それでも、決して引かない気の強さは中島にも伝わった。堀田祐美子や華名をまえにしたときのような表情をつくしに対して見せる日がやってくるのか。そんなことを期待させた初対決。将来的にはシングルが組まれるのは間違いないだろう。あとはタイミングとシチュエーションの問題か。つくしは「アイスリボンのリングでやりたい」と言ったが、中島も「JWPのホームリングでやりたい」と思っているはず。いったいどんな状況下で闘うことになるのか、想像するだけでもおもしろい。
    つくし「小さいころから見ていた中島さんと初めて当たりました。中島さんはJWPのチャンピオンだし、私もアイスリボンのベルトを持っています。でもやってみて、見ていたころよりすごくすごくきつくて、つくしも負けられないって思いました。もっともっと熱くなりました。だからもっともっと闘いたいと思います。中島さんにはアイスリボンのトップがどう伝わったかわからないけど、食らいついていけたんじゃないかなって自分は思いました。気の強さでは負けられないっていうのもあるし、気の強さが自分の一番のキャラクターだと思うので、中島さんもたぶんそうだと思うから、そこだけは負けられないです。やっぱりJWPさんとか、ほかの団体に出るということは、アイスリボンの選手だって思われながら出なくてはいけないと思うので、自覚をもってつくしは。(他団体に)出ています。(中島とは)いずれはシングルをやりたいです。アイスリボンのリングでやりたいです!」
    中島「つくしちゃんとは今日が初対戦だったんですけども、私が思っていたのとはまた違う良さがあったなと思いました。けっこう技術の選手というか、そういう感じなのかなと思っていたら、全然(違った)。それ以上に気持ちがすごく強くて、なんか久しぶりにこんなにガツガツくる子と当たったので、試合中もおもしろくてちょっと感動しました。試合してて、いままでにないタイプですね。なんかすごくおもしろかった。ウチの若手にはいないタイプですね。そこは一番見習ってほしい部分。一番持っていてほしいものをつくしちゃんは持ってるので、ウチの若手には見習ってほしいです。もちろんシングルもやりたいですし、それぞれの団体のベルトをもって団体を背負って引っ張ってる人なので、そこで当たれるのはおもしろいかなと思いますね。感情を出すと言っても華名とはまったく違います。つくしちゃんとの試合で感動したのは事実です。それを今後どう育てていくのかというのもおもしろいかと思います。あれだけの気持ちを持った選手って正直当たったことがないと思うので、これからが楽しみですね」
     2人のコメントは、来るべきその日に向けての“保存版”なのである。   (新井 宏)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。