20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013.1.14  北千住・シアター1010 試合 

    JWP 1月14日(月=祝)東京・北千住シアター1010  

    ① 1/15
    ○倉垣翼(3分54秒、オーバー・ザ・トップロープ)KAZUKI●
    ※特別ルール。


    ② 1/15
    ラビット美兎vs川佐ナナvsライディーン鋼
    ○ラビット(6分50秒、後方回転エビ固め)ライディーン●


    ③ 1/∞
    トーナメント2回戦
    ●モーリー(0分7秒、横入り式エビ固め)勝愛実○
     開始と同時にモーリーがネックブリーカーで突進。カバーに入るも勝が反転して押さえ込む。そのまま3カウントが入り、勝が大金星をあげてみせた。


    ④ 1/∞
    トーナメント2回戦
    ●コマンド・ボリショイ(3分56秒、ライムライトを切り返し→エビ固め)春山香代子○
     春山が数えきれないほどの串刺しラリアットを放つとボリショイは下からの掌底でコーナー上の春山を落下させる。場外戦となりボリショイが生還。春山は19カウントで戻るが掌底を食らいダウン。ボリショイのダッシュに春山はキーンハンマー狙い。切り返したボリショイと丸め込みの応酬。ボリショイが掌底を叩き込めば春山はトラースキック。ボリショイが丸め込むと春山が全体重を乗せて丸め返す。ボリショイが返せず3カウントが入る。この結果により、春山の準決勝進出が決まった。


    ⑤ 1/∞
    トーナメント準決勝
    ○Leon(6分54秒、マッドスプラッシュ→片エビ固め)勝愛実●
     勝が突進するとLeonがかわす。それでも勝はコーナーに追い込み、対角線に振って串刺しエルボーを叩き込む。Leonはネックブリーカーからヘッドロック。勝はかけられたままバックドロップで脱出しケブラドーラコンヒーロ。勝はコーナーに上がりミサイルキックを連打。勝が担ぎ上げるとLeonが逃れてケブラドーラコンヒーロ。Leonは逆エビ固めで勝の動きを止めにかかる。勝は手を伸ばしてエスケープを試みるがLeonが中央に戻して締め上げる。勝は力で脱出 するがLeonが串刺しスピアから背後へのミサイルキック。勝はLeonにレッグラリアット、アバランシュホールド、リバーススプラッシュを連発。Leonが返すと、ブロックバスターを予告。Leonが拒否するとカウンターのエルボー。勝はLeonをキャッチしブロックバスター。Leonが返すと、勝は相手を引き起こしてダブルアームの構え。Leonがこらえると旋回式のサイドバスター。勝が返すとLeonはノキアンバックブリーカーで絞り上げる。5分経過。Leonは背中、正面からのスピア。勝が返すとキャプチュードバスターの体勢。勝が切り返して丸め込み、カウンターのエルボーへ。返したLeonがコーナーに上がった勝に雪崩式ブレーンバスター。大の字の勝を押さえ込んだLeonだが2カウントで返される。Leonはならばとマッドスプラッシュ。これが決まると勝負あり。Leonが決勝進出を決めた。


    ⑥ 1/∞
    トーナメント準決勝
    ●阿部幸江(5分19秒、ダイビングギロチンドロップ→片エビ固め)春山香代子○
     春山のほうから握手を求めると阿部が手を引いてバックドロップホールド。春山のトラースキックをブロックし阿部が左右のエルボーを連打。ダッシュしてきた阿部に春山はラリアット。ダウンした阿部だがグラウンドで春山の腕と首を絞めていく。春山がエスケープすると、阿部はコーナーへ。春山も上がって雪崩式を狙う。阿部が雪崩式パワーボムを決め、マヒストラル狙い。春山が切り返すが阿部はカウンターのフランケンシュタイナー。春山がギリギリ返しバックドロップ。阿部が飛びつくと春山がキャッチし強引にバックドロップ。阿部がコーナーの春山に雪崩式フランケン。ロープを走ってのスライディングDからマヒストラル。春山がかわすが阿部がウラカンラナ。春山が3カウント寸前で返し、トラースキック。春山は阿部を立ち上げて横須賀カッター。ラリアットを叩き込むと阿部の肩が上がる。春山はぺディグリーからダイビングギロチンを投下。阿部が返せず、春山とLeonによる決勝戦が決定した。


    ⑦ 1/15
    中島安里紗&●ケイ・リー・レイ(8分46秒、デスティニーハンマー→片エビ固め)米山香織&中森華子○
     この試合を最後にケイ・リー・レイはスコットランドに帰国。米山は「ケイ・リー、ラストマッチ」と声をかけて握手をかわす。中森とケイ・リーの先発で試合がスタートする。手四つから力比べでケイ・リーが得意のブリッジを披露し相手を倒す。髪の毛をつかんでマットに叩きつけると中森がやり返す。米山と中森が合体しドロップキックの挟み撃ち。中森は後ろから前からのキックでカバー。米山がケイ・リーに変形のコブラツイスト。ケイ・リーがエスケープするとロープに張り付け中森が蹴っていく。ダブルのクローズラインを読んだケイ・リーがドロップキックで阻止。中島が米山にサーフボードストレッチを仕掛ける。中森が中島をコーナーに追い込みビッグブーツ。中島がやり返すと脚をつかんでDDT。中島はエルボーで中森を吹っ飛ばし、ケイ・リーに「HOLD HER」と指示を送る。今回は通じたようでケイ・リーが米山の介入を止める。米山は中島へのエルボーを打つと中森が乱入しダブルのブレーンバスター狙い。中島が切り返してケイ・リーを呼び込む。ダブルのエルボーアタックを2方向で決めるとコーナーへ。しかし米山が雪崩式水車落としで中島を落とし中森とキックの競演。米山が中島にダイビングセントーンもケイ・リーがカット。米山がムーンサルトにいくと中島がカットしジャーマンの連発へ。米山がこらえると強引にバックドロップ。ケイ・リーが打点の高いスワンダイブミサイルキックを米山へ。中森が入ると串刺しエルボー。ケイ・リーはロープを駈け上がりダイビングエルボーアタック。さらにゴリーボムの構えも中森が丸め込む。中島がカットしケイ・リーはゴリーボム。つづいて中島がダイビングフットスタンプ、ケイ・リーがスワントーンボム。米山がカットし中森が命拾い。ケイ・リーがノーザンライトの構えも米山がカット。中森は中島へのビッグブーツで場外に送り出しケイ・リーにネックブリーカー、フィッシャーマン。ケイ・リーが阻止して丸め込むがシャイニング・ウィザードを浴びる。返したケイ・リーに中森はデスティニーハンマー。米山と中島が場外でやり合っている間に3カウントが入り、ハートムーブ系リフォームが勝利をものにした。


    ⑧ 1/∞
    トーナメント決勝戦
    ●Leon(15分59秒、キーンハンマー→片エビ固め)春山香代子○
     春山が手を差し出すとLeonは叩いて握手を拒否。ゴングと同時に両者が猛突進。にらみ合うとエルボーを打ち合い、Leonがスピアを浴びせる。春山がラリアットにいくとLeonがかわしバックに回る。Leonがスピアを決めてミサイルキック。春山が仁、王立ちしバックドロップからスリーパーに捕える。春山が背後からラリアットを放ち、ドラゴンスリーパーの体勢へ。Leonはロープを利用して逃れバックブリーカー。春山はLeonをエプロンに送り出し、ぺディグリーの構え。Leonがエプロンでスピアを決め、ロープを走ってのミサイルキック。Leonはテキサスクローバーホールド。春山がエスケープすると背中へのスピア。Leonはフィニッシュを予告しマッドスプラッシュ。春山が剣山でカットし5分経過。Leonの突進に春山がトラースキックを打ち込みフェースロックにもっていく。春山はトップロープのリバウンドを利用してぺディグリー。コーナーに上がるとLeonが突進。春山は引き上げてダブルアームで落としダイビングギロチン。Leonが回転脚折り固めにいくと春山がドラゴンスリーパーにもっていく。春山のラリアットはLeonがクリアー。春山はDDT、コーナーに上がるとLeonがスワンダイブのドロップキックで阻止してバランスを崩し、自らも上がる。春山が宙吊りにするとLeonは腹筋で起き上がり、スパイダージャーマン。10分経過。Leonはトップロープからのニールキック。春山が返すと顔面を蹴り上げ突進。キャッチしたLeonがそのままキャプチュードバスターで叩きつける。決まったと思われたが春山の肩が上がり2カウント。春山が一気にキーンハンマーにいくがLeonが返す。両者ダウン。共に立ち上がり春山がトラースキック。Leonが連発をあえて受けて立ちスピアへ。カバーを切り返して春山が上になるも2カウント。Leonがカウンターのスピンキック。春山が3発目をブロックするが、4発目がクリーンヒット。春山のラリアットが強烈に決まるが3カウントには届かず。春山はコーナーに上がるがLeonがスピンキックからキャプチュード狙い。春山が阻止してスタンディングのダイビングギロチン。返された春山はもう一度上がりダイビングギロチンを投下。3カウント寸前でLeonが返し、15分経過。キーンハンマー狙いをLeonが丸め込み。返した春山がラリアット。Leonが4の字ジャックナイフから強引に押さえ込む。Leonが突進すると受け止めた春山が渾身のキーンハンマー。Leonが返せず春山が勝利。中島安里紗への挑戦権を獲得したのは春山だった。買った春山はコーナーに上がり見守っていた中島を睨みつける。中島はベルトを肩から下げて立ち上がり、視殺戦。リングに上がると春山がマイク「このバリバリ春山が対角線に立ちます。待ってたんでしょ?里村にガッチリ勝って、無差別のベルトを獲って、15周年は三冠王に返り咲きたいと思います! 15年分の気持ちを背負ってアンタのまえに立つよ」中島「すごい試合でした。こんなに強い先輩方と闘うと思うとうれしくて仕方ありません。あなたたちを越えていくことが楽しくて仕方ありません」中島は、大阪でのタイトルマッチを指定した。中島「それから米山、次の新宿でJWP最後ってことでシングルをしたい。無差別の前哨戦で一本取られてるんで、思い出マッチなんて必要ないからそれを最後にしろよ」米山「シングルも捨てがたいけど所属最後はハートムーブ系リフォームでやってやるよ」米山の発言に場内は静まり返る。中島「……。支持がないんですけど。まあべつに一人でも二人いても大して変わらないからいいんですけど」米山「オマエにはわからないかもしれないけど、大切な仲間なんだよ!」中島「好きにしろよ。だったら3人でこいよ。 私はみなさんがビックリするようなパートナーを連れてきたいと思います」。1・27新宿では中島がハートムーブ系リフォームと6人タッグで激突。中島が連れてくるというパートナーは後日発表となる模様だ。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。