20thHP用
次回大会の見どころ

JWPロゴ

OFFICIAL INFORMATIONS

情報メディア
興行日程他団体参戦情報
対戦カード 試合結果
レポート 選手紹介
会場案内オフィシャルFC
BLOG
JWP認定タイトルの規定
今後の引退試合スキーム検討

2013.1.13 北千住・シアター1010 試合 

JWP 1月13日(日)東京・北千住シアター1010  

①JWP認定無差別級王座次期挑戦者決定・全世代トーナメント一回戦 1/∞
○春山香代子(6分1秒、ラリアット→片エビ固め)KAZUKI●
 中島安里紗の保持する無差別級王座への挑戦権を争う、全世代による2DAYSトーナメントがスタート。試合順はテーマ曲が鳴った時点でわかる仕組みで、第1試合からいきなり前々王者の春山香代子がザ☆WANTED!?のKAZUKIと対戦した。春山から握手を求めるが、KAZUKIはその手を叩いて拒否。ゴングと同時にKAZUKIがニーを叩き込み、先手を狙う。KAZUKIはエビ固めの連続から春山を担ぎ上げると旋回して豪快にマットへ叩きつける。これで3カウントが入ってもおかしくないほどの一撃だったが、春山がクリアー。春山がスタンディングヒールホールドにとり、形勢逆転をはかる。春山がラリアットにいくとKAZUKIがかわしてニーを狙う。アピールした背後から春山がバックドロップ。春山はトラースキックの連打にいくが、KAZUKIがヒザへのドロップキックからニーアタック。KAZUKIは春山を引きずり起こしてK-クラッシャー。KAZUKIがフェースロック。逃れられると左ヒザにニードロップ。ラリアットが交錯すると、5分経過。春山がKAZUKIの顔面にニーの乱れ打ち。隙を突いたKAZUKIが首固めを連発。しかし春山はカウンターのラリアット。この一発で勝負が決まり、春山が2回戦に進出した。


②同トーナメント 一回戦 1/∞
○コマンド・ボリショイ(6分25秒、センセイ固めⅡ)ライディーン鋼●
 トーナメント1回戦でのボリショイ戦を希望したライディーンが登場。ロックアップからライディーンが押し込むがボリショイが跳ね除けバックに回る。アキレス腱固めの構えからボリショイがグラウンドにもっていく。ライディーンが上になるとボリショイはおもわず「重たい」と声を上げる。ボリショイは下からネックロックにとるがライディーンが逃れて四方固めの体勢。ボリショイが腕をとりにいくと、ライディーンは胴締めへ。ボリショイが逃れて背後から首を狙う。胴締めスリーパーにとりボリショイがギブアップを迫る。ボリショイは回転して三角締めへ移行。ライディーンの動きが止まるも、リフトアップへ。ライディーンはコーナーに振って串刺しドロップキック。ボディースラムを狙うがボリショイが丸め込む。ボリショイは「終わりだ」と卍固め。ライディーンはかけられたままロープに歩を進める。するとボリショイがタランチュラへもっていく。ボリショイは腰へのフットスタンプから逆片エビ固め。5分経過。ライディーンが払い腰の4連打からカバー。ボリショイが返すと、コーナーへ上がる。ボリショイが立ち上がり掌底をぶち込みデッドリードライブ。立ち上がったライディーンへボリショイは619を放つ。返したライディーンにボリショイはセンセイ固めⅡ。ライディーンがギブアップし、ボリショイが順当に2回戦へコマを進めた。ボリショイは2回戦で春山と激突、優勝候補同士の一戦となる。


③同トーナメント 一回戦 1/∞
○阿部幸江(8分8秒、ラ・マヒストラル)ラビット美兎●
 ラビットが握手直後にドロップキック連打の先制攻撃。受け止めた阿部がボディースラムから押さえ込むとラビットがブリッジから抜け出す。なおもラビットはドロップキックの乱れ打ち。阿部の後頭部を踏みつけ、先輩からの勝利を狙う。もう一発と宣言したラビットの髪をつかんでマットに叩きつけた阿部は、コーナーに追い込んで顔面を踏みつけ。ラビットを中央にもっていくと背中をかきむしりキャメルクラッチ。さらに逆エビ固めでギブアップを迫る。阿部がラビットの髪をつかんでエスケープを阻止するとラビットも阿部の髪の毛をつかみ返す。阿部がロープに振ろうとするとラビットがトリッキーな動きからドロップキックの連打。阿部がビッグブーツから押さえ込むが2カウント。ラビットのエルボーに阿部も打ち返す。阿部がカウンターのエルボーから背中への連打。動きの止まったラビットに滞空時間の長いダブルアーム
スープレックス。ラビットが返し5分経過。阿部はコブラツイスト。ラビットがロープに到達すると阿部が丸め込み。阿部はバックドロップにいくがラビットが切り返し、飛び乗ってみせる。阿部が逃れて顔面へビッグブーツの連打。ラビットが回転エビ固めも2カウントどまり。ラビットがドロップキックからラビストラルへ。阿部がかわしてエルボーから押さえ込む。返したラビットに阿部はバックドロップの構え。ラビットがかわして回転エビ固めの連続。阿部が上になりマフストラル狙い。ラビットがかわしてドロップキックからラビストラル。ギリギリで阿部が返すともう一発。切り返し合戦から阿部が再度3カウント寸前で返す。阿部がマヒストラルにいくとラビットが返せず。終盤の大接戦を制した阿部が準決勝に進出した。阿部はボリショイvs春山の勝者と対戦することになる。試合後、悔しさから突っかかるラビットに阿部は仁王立ち、貫録を見せつけた。


④タッグマッチ 1/20
中島安里紗&○ケイ・リー・レイ(11分4秒、スコティッシュノーザンライトスープレックスホールド)米山香織&Sareee●
 次期挑戦者を待つ無差別級王者の中島は英国EVEのケイ・リー・レイとタッグを結成、JWP退団を表明した米山、ディアナのSareeeと対戦した。先発はケイ・リーと米山。ロックアップからケイ・リーが押し込みブレイク。米山が腕をとるとケイ・リーは側転からとり返す。ケイ・リーがヘッドロックからグラウンドにもっていくと米山がヘッドシザーズ。ケイ・リーがヘッドスプリングですぐに脱出。ケイ・リーが手を差し出すと米山は届かず。Sareeeが出てくるとケイ・リーと中島がドロップキックの日英共演。中島が米山に突っかかりエルボー連打。米山がSareeeとチェンジし2人がかりで自軍コーナーでストンピングの連打。中島がSareeeにワキ固めから腕固め。中島はSareeeを追い込んでロープを使って踏みつける。ケイ・リーがSareeeをコーナーに叩きつけ串刺しエルボーアタック。サッカーボールキック、正面からのドロップキックを放ち、中島にチェンジ。中島がドロップキックの3連打からバックドロップ。押さえ込むと米山がカットに入る。Sareeeがエルボーで向かっていくと中島も打ち返す。Sareeeがクロスボディーの3連打。
中島を起こすとブレーンバスターを狙う。中島が切り返してケイ・リーを呼び込む。ケイ・リーの突進をかわしたSareeeがドロップキックを2人に叩き込んでいく。米山が中島とエルボーの応酬。米山がロールスルージャーマンを狙うとケイ・リーがミサイルキックでカット。中島のジャーマンは2カウント。中島が「抑えろ!」とSareeeのカットを指示するが日本語ではケイ・リーに通じず。Sareeeと米山がコーナーから連続で中島に落下。米山がムーンサルトにいくと中島がかわす。米山と中島がジャーマン合戦。米山がローリングソバットを中島に打ち込む。Sareeeがケイ・リーにドロップキック連打。ミサイルキックもぶち込みカバーするがブリッジで返される。Sareeeがもう一度コーナーから飛ぶがケイ・リーがかわしコーナーからエルボーアタック。ケイ・リーはゴリーボムの構え。Sareeeが丸め込むとケイ・リーが返す。米山のエルボーからSareeeが丸め込む。10分経過。中島と米山がやり合い場外へ。ケイ・リーが延髄斬りもSareeeが返す。ケイ・リーはゴリーボムで叩きつけSareeeを押さえ込む。返したSareeeにケイ・リーはスワントーンボム。米山がギリギリで場外から生還しカット。しかし中島がもう一度場外に引きずりだし、ケイ・リーがスコティッシュノーザンライト。これで3カウントが入り、ケイ・リーが中島との初タッグで勝利を飾った。
米山「先日の板橋大会で発表させていただいたんですけども、私はJWPを退団します。その正式な日時が決まりました。1月27日の新宿FACE大会。それがJWP所属として最後の試合になります。JWPを退団した後は、フリーとして活動していきます。2月(17日)の大阪大会には出場は決定していますので、そこはフリーとしてJWPのリングに上がらせていただきます。私はJWPを去っていきますが、みなさんこれからもJWPの応援をよろしくお願いします」


⑤同トーナメント 一回戦 1/∞
○勝愛実(6分42秒、ブロックバスター→片エビ固め)川佐ナナ●
 ジュニア同士によるトーナメント1回戦。勝がジュニア2冠のベルトを誇示すると川佐が突っかかり試合開始。先制された勝がエルボーを打ち込むが、川佐が胴締めスリーパーにもっていく。川佐はコーナーに追い込み顔面を踏みつける。ブレイクすると勝がエルボー連打から「なめんじゃねえぞ!」とショルダータックル。勝はボディーシザーズで川佐の動きを止めにかかる。逃れた川佐がキャメルクラッチ。串刺しボディーアタックを仕掛けると勝もやり返してブルドッキングヘッドロック。エルボーの打ち合いから川佐がパワースラム、ボディープレスでたたみかける。ノーザンの構えは勝がかわしてレッグラリアットを連発。川佐が返すと、勝はリバーススプラッシュ。コーナーに上がった勝に川佐はデッドリードライブ。ショルダータックルで吹っ飛ばすとボディースラムからダイビング豪快なボディープレス。返された川佐はフィニッシュを予告しノーザンライト。勝が返すと川佐がダッシュ。勝がダブルリストを狙うと川佐は体ごとぶち当てて回避。勝はバックドロップからコーナーへ上がり、ダイビングエルボードロップ。ここからフォールにいかずブロックバスターへ。片エビ固めでカバーすると川佐が返せず3カウント。ジュニア2冠の川佐が2回戦進出を決めた。


⑥同トーナメント 一回戦 1/∞
●倉垣翼(13分31秒、キャプチュードバスター→体固め)Leon○
 ともに無差別級王者に君臨した実績がある倉垣とLeonによる1回戦。倉垣が握手を求めるもLeonは応じず、ゴングと同時にスピアで突進。しかし倉垣が察知しかわしてみせる。倉垣が両手をとってマットに叩きつけ、コーナーに追い込み顔面を踏みつける。倉垣はLeonをロープに振ってドロップキック。さらにリフトアップしマット上に投下。
倉垣はLeonの両足をたたんで反転し締めつける。逃れたLeonが頭部へのドロップキック。「お返しだ!」とドロップキックを打ち込み、ボディースラムの構え。倉垣がこらえて、反対にボディースラム。倉垣は全体重を乗せての逆エビ固め。Leonがなんとかロープへエスケープ。Leonは串刺しのスピアを決めるが、3発目はキャッチされる。倉垣がバックドロップにとるとLeonはそのままヘッドロックを離さず。5分経過。Leonは倉垣の突進をかわしてエプロンに出す。スピアにいくと倉垣がかわしエプロンで持ち上げる。Leonが切り返しエプロンでエルボーをぶつけ合う。Leonがコーナーに上がりロープを走ってのミサイルキック。もう一発ミサイルキックを叩き込むが、倉垣がクリアー。倉垣がLeonをキャッチするがLeonがブルドッキングヘッドロック。Leonがコーナーに上がると倉垣も上がりトップロープ上でラリアットの乱れ打ち。そこからLeonを叩きつけカバーするが2カウント。倉垣はムーンサルトプレスもLeonが返す。倉垣がコーナーに上がるとLeonが雪崩式ブレーンバスター。Leonはフィニッシュを宣言しマッドスプラッシュ。倉垣が返すと、Leonは相手を引きずり起こしてエルボー連打。倉垣はラリアットからバックドロップ。倉垣は「決めるぞ!」と叫んでメタルウイングの構え。Leonが立ち上がり顔面にドロップキック。10分経過。Leonがスピンキック連打からスワンダイブ式ニールキック。キャプチュードバスターも決まるが倉垣が返す。倉垣がバックドロップからラリアット。Leonが返し、両者ダウン状態となる。倉垣のラリアット狙いにLeonがスピア。倉垣はカウンターのラリアット、前後からの乱れ打ち。そこからメタルウイングを狙うがLeonが丸め込む。Leonのスピンキックをブロックし倉垣がラリアット。倉垣はLeonを立ち上げメタルウイングを放つ。決まったと思われたがLeonが肩を上げる。倉垣はコーナーに上がるが、Leonがスピンキックからキャプチュードバスター。倉垣がもがくも肩は上がらず、3カウントをゲットしたLeonが準決勝に進出した。


⑦同トーナメント 一回戦 1/∞
●中森華子(8分35秒、押さえ込み→全女固め)モーリー○
 ハートムーブ系リフォーム同士による1回戦がメインに。両者握手をかわして試合開始。モーリーがロープに追い込み逆水平。ふたたびロックアップにいくとフルネルソンを奪い合う。中森のサッカーボールキックにモーリーがエルボー。打撃の応酬となりモーリーがエルボーでダウンさせる。モーリーは髪の毛をつかんでマットに叩きつけると中森がこらえて反対にモーリーを叩きつける。中森はビッグブーツの連発から逆片エビ固め。モーリーがエスケープするとショルダータックルで中森を吹っ飛ばす。中森はブレーンバスターからミドルキックの連打。モーリーがこらえるとさらに中森が打っていく。モーリーが突進をかわし対角線を走ってのショルダータックル。コーナー上でやり合うと中森がハイキックでモーリーを場外に落とす。中森はエプロンを走ってのデスティニーハンマー。2発目はモーリーがかわしブレーンバスターからダイビングセントーン。中森が入るとモーリーはSTOからセントーン。5分経過。中森のミドルキックにモーリーは逆水平。モーリーの突進にモーリーはスパインバスター。ダイビングセントーンを連発したモーリーだが中森が返す。モーリーはジャックハマーで叩きつけるも2カウントどまり。モーリーはフィニッシュを宣言しバックを取る。中森がかわしてシャイニング・ウィザード。中森はコーナーに上がりダイブ。モーリーがかわすが中森はビッグブーツ。バックの取り合いから中森がヘッドバット、ハイキック。モーリーが返すと中森が引き起こしてフィッシャーマンバスター。3カウント寸前でモーリーが返すと中森はフィニッシュを予告。モーリーが丸め込むがかわした中森が頭部にキック。中森はモーリーを引き起こすもバックドロップを食らう。モーリーが刈るようなラリアットも中森が返す。モーリーは押さえ込みの連続。中森の肩が上がりきらず3カウント。モーリーがピンフォールを勝ちとり、2回戦に進出した。モーリーは勝と2回戦。その勝者が準決勝でLeonと対戦する。この日の結果を受けて、翌日(1・14)におこなわれるトーナメント以外のカードが以下のように決定した。倉垣翼vsKAZUKI、ラビット美兎vs川佐ナナvsライディーン鋼、中島安里紗&ケイリー・レイ組vs米山香織&中森華子組。