20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    2013.1.6 板橋グリーンホール 試合 

    JWP 1月6日(日)東京・板橋グリーンホール 

    ① 1/15
    ○ライディーン鋼(5分8秒、バックフリップ→片エビ固め)下野佐和子●
     シングル未勝利のライディーンが初勝利をめざし元ジュニア2冠王者の下野と対戦。ライディーンのショルダータックルを受けて立つ下野。ライディーンが倒すと下野も打ち返す。下野はライディーンにキャメルクラッチ。逃れたライディーンはドロップキックの連打で3カウントを迫る。下野は投げを打って腕十字の体勢。ライディーンがエスケープするが串刺しのボディーアタック、ジャンピングニーを食らう。下野が雷電ドロップを放つがライディーンが返し、エルボーの打ち合いへ。下野がダッシュするとライディーンがキャッチして払い腰を連発。袈裟固めに捕えると下野は苦悶の表情。ライディーンはコーナーに上がりフロッグスプラッシュ。場内がどよめく中、下野が2カウントで肩を上げる。ライディーンがダッシュすると下野がショルダータックルとラリアットで相手を吹っ飛ばし、「終わり!」と叫んでのバックフリップ。ライディーンが返せず、下野が3カウントを奪ってみせた。


    ② 1/15
    ●勝愛実&雫あき(9分40秒、ブロックバスターを切り返し丸め込む→エビ固め)ラビット美兎○&川佐ナナ
     ジュニア2冠王者の勝が雫をパートナーにして前王者のラビット&川佐組と対戦。先発は勝と川佐。まずは川佐がコーナーに追い込みヘアホイップからショルダータックルで王者を吹っ飛ばす。ラビットが蹴りを入れると雫を呼び込み、川佐とまとめて串刺し攻撃の餌食にしてみせる。雫がラビットにボディースラムを連発を狙う。ラビットが丸め込み川佐にタッチ。川佐と雫がショルダータックルをぶつけ合う。川佐が豪快なショルダースルーからボディープレス。雫が逃れようとしたところで背中にヒット。川佐がもう一発狙うと雫がかわして腕十字の体勢にもっていく。逃れた川佐に雫は逆片エビ固め。川佐が脱出しショルダータックルで吹っ飛ばすと、ラビットが入りドロップキック。ラビットが走ると勝がエプロンからキック、雫がワキ固めにきってとる。ラビットが脱出を図るも雫はアームロックで捕獲。ラビットがなんとかロープへエスケープ。雫がダブルリストを決めると川佐がカット。勝がミサイルキックでラビットを吹っ飛ばすも2カウント。勝はケブラドーラコンヒーロをラビットに連発。ラビットはバックに回りスリーパー。勝がコーナーに押し込み脱出するが川佐が入ってショルダータックル、ラビットがミサイルキック。川佐が投げ捨てラビットがカバー。返した勝がカウンターのエルボー。ラビットが逆さ押さえ込みから丸め込みの連続。勝はラビットのダッシュをカットし、「終わりだ!」と絶叫しダイビングボディープレス。勝負ありと思われたが川佐がカット。勝はブロックバスターを宣言し旋回。ラビットが切り返して丸め込むと、3カウント。前王者のラビットが現王者の勝から直接3カウントを奪った。


    ③ 1/20
    ○Leon&Ray(16分35秒、レオンストーン→片エビ固め)中森華子&ケイ・リー・レイ●
     Leon&Rayのマスカラボラドーラスが復活し、中森&ケイ・リー組と対戦。Leonと中森で試合開始。エルボーを打ち合い中森がダッシュ。Leonがかわしスピアにいくが中森がかわしてみせる。Rayとケイ・リーが対峙。スピーディーなロープワークからRayがアームホイップ。ケイ・リーも腕をとって投げを打つと両者ともヘッドスプリングで立ち上がる。ボラドーラスが中森に突進し、Rayが側転エルボー、Leonがスピア、合体のフライングクロスチョップを見舞う。Leonは中森にキャメルクラッチ、胴締めスリーパー、ボディーシザーズで動きを止めにかかる。中森が切り返しボディーシザーズ。Leonが脱出しRayと股裂き。Rayは中森をコーナーに追い込み逆水平の連打。Rayが中森の両腕をとり締め上げる。Leonが中森にドロップキック。Rayがキックの連打からスリーパーへ。中森がコーナーに振られるもクロスボディー。ケイ・リーが入りRayに串刺しエルボー。中森を呼び込みダブルで串刺しを狙う。Rayがかわすもケイ・リーがダイビングボディーアタック。中森とケイ・リーのクローズラインをかいくぐりボラドーラスがドロップキック。Rayが場外に側転ボディーアタック。Leonがスワンダイブプランチャでつづく。Rayがケイ・リーを戻し押さえ込むが2カウント。Rayとケイ・リーがキックの応酬。ケイ・リーが変形のアームホイップからRayを追い込む。中森がRayに突進。かわしたRayがトップロープから飛んでのアームホイップを放つ。Rayがスリーパーにとると、中森が逃れてミドルキックの連打。Leonが乱入しスピア、Rayが619を放ち10分経過。Leonが中森にミサイルキック、背中にも放って押さえ込む。Leonがノキアンバックブリーカーを狙うが中森が丸め込む。Leonがドロップキックにいくが中森はビッグブーツ。中森がコーナーに上がるとLeonが回し蹴りから雪崩式ブレーンバスター。中森が返すとLeonがノキアンバックブリーカー。ケイ・リーがRayをかいくぐりカットに成功。中森がLeonを雪崩式フィッシャーマンバスター。中森はキックでLeonを撃墜しシャイニング・ウィザード。ケイ・リーがLeonを立ち上げノーザン狙い。Leonがこらえるがケイ・リーがエプロンに出てスワンダイブミサイルキック。ケイ・リーは場外にトぺスイシーダを敢行。Leonを戻してゴリーボムヘ。さらにスワントーンボムを決めてカバー。ここはRayがギリギリでカットに間に合う。ケイ・リーがバックを取るとLeonが抜けるもケイ・リーも相手の動きをかわす。そこへRayがミサイルキックでアシスト。Leonはケイ・リーにテキサスクローバーホールド。中森がカットし15分経過。中森とケイ・リーがダブルのキック。Leonにジャーマンを放つがカットされる。ケイ・リーはLeonを引き起こし突進、Leonがキャッチし旋回式にサイドバスター。返したケイ・リーにマッドスプラッシュ。中森が救出するがRayがハイキック。ボラドーラスが空中技の競演で、Rayが中森、Leonがケイ・リーを押さえ込む。LeonのレオンストーンとRayのムーンサルトから3カウントが入り、ボラドーラスが勝利を飾った。


    ④ 1/20
    阿部幸江&○KAZUKI(11分7秒、デス・バイ・ロドリック→片エビ固め)米山香織●&モーリー
     ザ☆WANTED!?vsハートムーブ系リフォームのタッグマッチ。両軍睨みあい、下がったところでザ☆WANTED!?が奇襲攻撃。米山をターゲットにするが、米山がドロップキックからモーリーを呼び出しダブルのショルダータックル。KAZUKIが米山の髪を束ねて投げ捨てる。KAZUKIがダブルニードロップから阿部にチェンジ。阿部は空中胴締め落としからダブルアームの構え。滞空時間をたっぷりとったダブルアームスープレックスからコブラツイストで締め上げる。モーリーがカットし米山がモンゴリアンチョップを連打。モーリーにはミサイルキック。自軍コーナーに追い込みKAZUKIと合体で攻め込む。モーリーが串刺し攻撃をかわして米山と合体。モーリーが米山にブレーンバスターをかけてKAZUKIの上に叩きつける。5分経過。阿部がモーリーに空中胴締め落としを連発。キャッチしたモーリーが阿部をマットに叩きつけて押さえ込む。米山が阿部の背後からニーアタック。阿部が飛びついて米山を丸め込んでいく。米山がソバットにいけば阿部はスリングブレイド。米山が2人まとめて不知火。モーリーと米山がダイビングセントーンを放つ。KAZUKIが返すと米山はフィニッシュを予告。阿部がカットしKAZUKIがダブルニー、K-クラッシャー。阿部がコーナーからダイビングボディープレス、KAZUKIがダイビングニードロップ。
    米山がKAZUKIにロールスルージャーマン。10分経過。KAZUKIがダブルニーをぶつけるが米山が切り返して押さえ込む。阿部がモーリーにフランケン。KAZUKIは阿部と合体し、ダブルインパクト式フェースクラッシャー。米山が返すとKAZUKIがデス・バイ・ロドリック。押さえ込むと米山が返せず3カウント。ザ☆WANTED!?がハートムーブ系リフォームを破った。モーリーが米山にマイクを手渡し、退場。セコンドの中森も米山をリングに残して退場した。米山「みなさんにご報告があります。私、米山香織はJWPを退団します。13年間、JWPの米山香織を応援しつづけてくれたみなさんありがとうございました。これからもJWPをよろしくお願いします。ありがとうございました」


    ⑤ 1/30
    JWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権試合
    <王者組>コマンド・ボリショイ&●中島安里紗(20分0秒、キーンハンマー→片エビ固め)<挑戦者組>春山香代子○&倉垣翼
    ※ボリショイ組が3度目の防衛に失敗、春山組が第41代JWP認定タッグ、第14代デイリータッグ王者となる。
     両チームとも握手をかわし、ボリショイと春山でスタート。ロープに追い込むと中島を呼び込みダブルのDDT、ドロップキックで挟み撃ち。ボリショイは空中卍固めから丸め込み。春山が中島にスリーパー、DDTの連打。中島も打ち返しハイキック。春山も蹴り返しエルボー連打から串刺しラリアット。倉垣が中島に豪快なブレーンバスター。ハルクラが合体のショルダータックル、エルボードロップ。倉垣が串刺しラリアットを連発。春山も加わり中島を追い込む。中島はスピーディーなネックブリーカードロップを倉垣に3連発。ボリショイが倉垣にフロントネックロック。倉垣が強引にブレーンバスター。ボリショイが春山にウラカンラナ。5分経過。春山がサイドバスターにいくもボリショイがワキ固めに切り返す。ボリショイがフェイントで春山を翻弄するが、捕まえた春山がぺディグリーの2連発。さらにトップロープのリバウンドを利用してもう一発決める。倉垣がボリショイにバックブリーカー、ボリショイが切り返してDDT。倉垣が飛びついてきたボリショイを捕まえてバックドロップ。ボリショイがコーナーの倉垣に掌底。上がってきたボリショイを倉垣が捕まえて、コーナー上でカナディアンバックブリーカー。中島が割って入り、ボリショイとともに雪崩式ブレーンバスターを狙う。春山がカットし2人まとめてアルゼンチンバックブリーカーを狙う。中島は逃れてボリショイの脚を引き阻止してみせる。ボリショイがハルクラをまとめて619、倉垣にウラカンラナ。中島が倉垣にミサイルキック。中島はDDTからドロップキックを倉垣の顔面へ。後ろからのラリアットを倉垣が放ち春山を呼び込む。しかし中島がかわしてラリアットは相打ちに。しのいだハルクラが中島とボリショイにラリアットの連打。10分経過。中島は2人まとめてDDT。倉垣が背後に回った中島を強引にマットに叩きつける。ボリショイがカットし、倉垣にダイビングフットスタンプ、中島もつづく。2人がコーナーに上がると春山がカットし、倉垣が2人まとめてのアルゼンチンを成功させる。春山が中島めがけてダイビングギロチンドロップ。倉垣もムーンサルトプレスを中島に投下する。春山は中島を引き起こすがボリショイがカットの掌底。中島がジャーマンを春山に連発。押さえ込むが形が崩れる。ならばと中島はジャーマンスープレックスホールド。春山が返すと中島は引き起こしてダルマ式狙い。倉垣がカットし春山がラリアット。倉垣が中島を肩車。中島が切り返してコーナー上の春山はボリショイが止める。中島がコーナーに上がり春山とエルボーの打ち合い。春山がヘッドバットをぶち込みトップからのスタナ―。15分経過。ボリショイが春山に雪崩式裏投げ。中島がコーナーに上がり春山を狙う。「させるか!」と倉垣がカットし雪崩式のメタルウイング。春山がラリアットで中島をカバー。ボリショイがカットするが、ハルクラが合体の串刺し攻撃。4人がリング上で入り乱れる中、全員がダウン。ハルクラが立ち上がり倉垣がボリショイを担ぎ上げる。中島はキーンハンマーを阻止してDDT。王者組が合体も倉垣がラリアットで吹っ飛ばす。ハルクラがダブルで中島にリバースブレーンバスター。春山が中島にダイビングギロチン。3カウント寸前でボリショイがカット。ボリショイの掌底から中島が春山にジャーマン。倉垣がカット。中島がドラゴンの構えも春山が切り返す。さらに切り返すがボリショイの掌底が誤爆し春山がキーンハンマー。ボリショイが決死の救出。中島は春山のラリアットをかわして丸めこむ。春山がトラースキックからラリアット。かわした中島だが倉垣が前後からラリアットの乱れ打ち。春山が溜めに溜めたキーンハンマーを放つと中島の動きが止まる。これで3カウントが入り、中島組が王座陥落、ハルクラがタッグ2冠王座奪回に成功した。春山「一言いいですか。まずはハルクラ言った通りベルトを獲りました。JWPもさっき言ってたように、去っていく人間もいます。その分、がんばってる選手がいっぱいいるんですよ。これから、みなさん心配なくJWPを応援しつづけてください。間違いなく若い子成長してて、私たちも手を抜かずいきます。あの子たちがいつ抜くか、会場でリングの前で見届けてください。ありがとうございました」