20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    2012.12.2 東京キネマ倶楽部 試合 

    JWP 12月2日(日)東京キネマ倶楽部


    ① 1/20
    ●ラビット美兎&雫あき(10分51秒、首固め)勝愛実〇&川佐ナナ
     雫あきがJWPに初参戦、ジュニア2冠王ラビット美兎とのタッグで勝&川佐組とタッグで対戦。川佐が勝を押しのけ先発に名乗りを上げると、ラビットは「オメエじゃねえよ」と勝を指名。しかし試合は川佐とスタート。ラビットが勝に突っかかっていくと、勝が飛び出しラビットをコーナーに追い詰める。勝は滞空時間の長いボディープレスでラビットをマットに叩きつける。替わった川佐がショルダータックルからフェースバスター、キャメルクラッチ。脱出したラビットが雫を呼び込み合体攻撃。川佐がラビットをコーナーに振りショルダータックル。2発目をラビットがかわし、雫が飛び込みラリアット。ラビットはボディープレスをかわしてドロップキック。倒れる寸前の川佐がブリッジで起き上がりショルダータックル、ブレーンバスター。ラビットが飛びつき丸め込むが2カウント。雫が川佐にラリアットを連発。バックを取ると川佐がとり返すが、雫が切り返してヒザ十字固め。川佐は雫にショルダータックルの連打。ラリアットをかわし体当たりで吹っ飛ばす。5分経過。ラビットが乱入し雫と合体。しかしクローズラインをかわした川佐が2人まとめて吹っ飛ばす。川佐は雫にダイビングボディープレス。雫が返すと勝がミサイルキック。勝はコーナーに上がるが雫が叩き落としてスピアを放つ。返した勝に雫はワキ固め。回転エビ固めで押さえ込むも勝がクリアー。ブルドッキングヘッドロックからバックを取った勝だが、雫がヘッドロックでグラウンドへ。勝は強引にバックドロップ。さらにもう一発狙うが雫がワキ固めに切り返す。雫はチキンウイングの構えからフィッシャーマンズスープレックス。ラビットが勝とエルボーの応酬。ラビットが勝にブレーンバスター。起き上がった勝がラリアットでお返し。川佐が乱入しショルダータックル、勝がリバーススプラッシュ。雫がカットし10分が経過。勝がもう一発狙うがラビットがかわし場外から戻ってきた雫がラリアット。ラビットの突進に勝がエルボー。勝はバックを取るとラビットが丸め込み。これを切り返した勝が押さえ込むとラビットが返せず、3カウント。勝がジュニア2冠王のラビットからフォールを奪った。ラビット「悔しい! 勝、このまま負けてるのは嫌なので後楽園、ベルトかけてやってやるよ」勝「タッグだけどオマエからとってるんだよ。私がジュニアを盛り上げていくぞ! 後楽園まで突っ走っていくつもりなのでみなさん応援よろしくお願いします」


    ② 1/20
    阿部幸江&〇KAZUKI(13分16秒、ダイビングニードロップ→片エビ固め)ライディーン鋼●&松本浩代
     ザ☆WANTED!?がライディーン&松本の大型コンビと対戦。鋼はひそかにザ☆WANTED!?入りを希望している。KAZUKIが「松本出てこいよ」と挑発すると、鋼が出てくる。鋼の本名も松本だった。「若いほうが出てこい」とKAZUKIが言うと、両者とも率先して前へ。KAZUKIは「じゃあ、あんまりかわいくない方」。この言葉に松本浩代が控えに回る。結局、KAZUKIと鋼で試合開始。ロックアップでKAZUKIが押されると、阿部が「新人に負けるな」とはっぱをかける。ザ☆WANTED!?が合体し鋼を捕まえる。松本コンビの太鼓の乱れ打ちから松本がダブルニードロップ。「30キロ」、「20キロ」のダブルニーに場内は「え~」と疑問の声を上げる。KAZUKIはお返しのダブルニードロップを3連発。阿部が松本に空中胴締め落とし。コブラツイストは松本が脱出しショルダータックル。替わった鋼がドロップキックも阿部がかわしてドロップキック、フェースクラッシャー。5分経過。阿部と鋼がエルボーの打ち合い。鋼がドロップキックを連発、松本が入ると阿部をかわしてチンクラッシャー。松本はKAZUKIと阿部をコーナーに追い込み鋼もろとも串刺しのボディーアタックを見舞う。アルゼンチンで担ぎ上げるが、阿部が丸め込み。KAZUKIが押さえて阿部がミサイルキック。阿部の突進に松本がカウンターのビッグブーツ。コーナーに上がると阿部が雪崩式フランケンシュタイナー、エルボーアタック。KAZUKIが松本にニーをぶち込み、ダッシュをかわすとコーナーに設置。そこへダブルニーを投下し、スプラッシュ。松本がかわしてサイドバスター。松本がコーナーに上がると阿部がカットしKAZUKIがニーアタック。KAZUKIが鋼を抑えてダッシュも松本がバックエルボー。松本はダブルニーをコーナーから落とすが阿部がカット。松本がKAZUKIへ東海道落とし。10分経過。松本&鋼が全体重をKAZUKIに投下。鋼がKAZUKIを投げようとするが阿部がカット。ザ☆WANTED!?が同士討ちにさせ、ダブルで鋼をマットに叩きつける。松本は2人まとめてバックドロップ。鋼がKAZUKIに払い腰を連発。返されると袈裟固めにもっていく。阿部がカットすると松本がエルボー。鋼が丸め込むもKAZUKIが返す。KAZUKIは鋼に水車落とし。返した鋼にランニングダブルニー。松本がカットすると阿部が松本を場外へ。KAZUKIはダイビングニードロップ。松本が阿部に捕まり、リング上ではKAZUKIが鋼をピンフォールした。KAZUKI「阿部さん、後楽園ホールもうすぐですね。私たちはいままで今年に入ってたくさんの選手と闘ってきましたけども、私たちなりの企画で後楽園を盛り上げてクリスマスプレゼントをしたいと思います。要するにザ☆WANTED!?プロデュースのバトルロイヤルですよ。数々の選手を選出していろんな選手が見られるようにしたいと思います。(鋼に)オマエも頑張るんだよ」
    阿部「(鋼は)まだ仮合格なんだから!」


    ③ 1/30
    〇倉垣翼(17分48秒、ラリアット→体固め)輝優優●
     引退1週間前の輝が倉垣と最後の一騎打ち。ロックアップから腕の取り合いとなり、倉垣が腕固めにもっていく。輝が脱出し首をとりにいく。反対に倉垣がネックロックにとり、ボディーシザーズ。輝が持ち上げてマットに叩き落とす。倉垣は輝を持ち上げマットに叩きつけると、ロープに振ってドロップキック。ロープに追い込み踏みつけるが、輝が噛みつき、足首をひねり上げる。5分経過。輝が逆片エビ固め。倉垣がエスケープすると、輝は倉垣に声援を送るセコンドに文句をつける。輝はレッグラリアットを連発。倉垣がコーナーに振り串刺しラリアットの連打からファイヤーポーズ。ラリアットのかわしあいから輝が腹部を蹴り上げる。輝がニーを叩き込み、ヒザを突き刺して押さえ込む。倉垣は輝をエプロンに送り出しドロップキック。場外に落とすと倉垣はケブラーダ狙い。輝が脚を引いてカットし客席に叩きつける。場外戦で倉垣がやり返すが、輝も応戦。エアプレンスピンから脱出した倉垣がラリアットもかわされて鉄柱に直撃。10分経過。輝がランニングニーをぶち込み、倉垣をリング内へ。輝はダイビングニードロップを倉垣の背中へ投下。倉垣が返すと、輝は担ぎ上げて後方にバーディクトで投げつける。倉垣がぶっこ抜いてのバックドロップ。ラリアットから場外に送り出した倉垣はラ・ケブラーダを敢行。リング内に戻すとムーンサルトプレス。輝が返すとメタルウイングの構え。コーナーに乗せるが輝が延髄斬り。倉垣が輝のダッシュをキャッチしメタルウイングへ。2カウントで肩を上げた輝を引き起こし、倉垣がダッシュ。輝がニーをぶち込みブレーンバスターを連発。倉垣が返すと15分経過のアナウンス。輝がエルボーを放つと倉垣はラリアット。両者の打撃が交錯すると輝がエルボースマッシュ。倉垣が返すと輝はローリングエルボー。倉垣がかわしラリアット。押さえ込まれた輝が三角締めにもっていく。倉垣がエスケープするがダウン。輝が引き起こして左右のエルボー連打。倉垣の肩が上がり2カウント。こんどは倉垣が前後からラリアットの乱れ打ち。輝のエルボーをブロックした倉垣がラリアットで押さえ込むと3カウント。最後のシングルマッチは倉垣が勝利した。倉垣「今日はありがとうございました。先輩と後輩という形にはなりましたが最後にこのリングで最後のシングルできて本当によかったです。輝さん、引退したら宮ちゃんって呼んでもいいですか?」輝「ちょっと、負けてホントに悔しいいんですけど、なにが引退後宮ちゃんって呼んでいいって? でもこうやって私は倉垣のことをもう同期っていう思いでいます。だからこの負けはメチャクチャ悔しいです。でもそれだけ強い証拠だと思います。これからどんどん盛り上げてほしいと読んでほしいと思います。そして引退後は、宮ちゃんでどうぞ」


    ④ 時間無制限
    キャプテンフォール・イリミネーションマッチ
    ●©中島安里紗&コマンド・ボリショイ&春山香代子&Leon(0-1)©さくらえみ&米山香織〇&中森華子&モーリー
    (1)〇米山(17分26秒、ダルマ式ジャーマンを切り返し→エビ固め)中島●
     JWP軍とハートムーブ系リフォームのイリミネーションマッチ第2ラウンド。今回のキャプテンは中島安里紗とさくらえみ。12・24後楽園でおこなわれる無差別級選手権試合の前哨戦でもある。無差別級とEVE王座のベルトをもって入場のさくらと中島が睨み合い。さくらが中島に手を差し出すが中島は微動だにせず。中島が先発として踏み出すとさくらが出てくる。しかしさくら以外の3人がJWP軍に突進して試合開始。場外戦の中、中島がリング上でさくらに突っかかっていく。中島がロープに振るとさくらは場外へトぺ。中森が中島に突っかかりモーリーとともにロープに張り付けて攻撃、背後からは米山がドロップキック。中島が3人を攻撃し中森にダブルリスト。Leonが中森にスピア、ドロップキック。中森がフィッシャーマンからサッカーボールキック。米山が入るがLeonがケブラドーラコンヒーロ。米山が突進するとLeonがキャッチし自軍コーナーへ。JWP軍がいっせいに米山を攻撃。春山は米山にギロチンドロップ。バックドロップをかわした米山が丸め込み。こんどは米山が春山をイ軍コーナーにもっていく。春山とモーリーがショルダータックルを打ち合いチョップの応酬へ。春山がダブルチョップで倒してラリアット。モーリーがショルダータックルから突進も春山がぺディグリー。このとき、キャプテンのさくらは客席から観戦。JWP軍がモーリーを捕獲し5分経過。ボリショイと中島がダブルのバックドロップからキャメルクラッチと逆エビの合体。JWP軍がほかのメンバーも捕えると、さくらが戻っていくが中島がボリショイと合体し攻撃。場外に出たさくらを中島が追いかける。待っていたボリショイと捕まえてリングに戻す。乱戦の中、中森がLeonにシャイニング・ウィザード。中森のハイキックがLeonにヒットもLeonがスピンキックからカバー。Leonが中森を引き上げキャプチュードバスターを狙う。かわした中森がハイキック。モーリーが担いで中森がデスティニーハンマー。モーリーがジャックハマーも春山がカット。モーリーがLeonに変形バックドロップ狙い、中島がミサイルキックでカットするとモーリーがスピア。春山が入り、さくららを蹴散らしモーリーをキャッチ。モーリーがかわして変形バックドロップを3連発。米山が春山にビッグブーツ、ニーを叩き込み不知火狙い。春山がかわすとボリショイが619、春山がラリアット。春山は米山にキーンハンマーを狙うも切り返される。春山がラリアットを打つも米山がギリギリで返し10分が経過。ボリショイが米山にスイングDDT。返した米山にボリショイはコーナーへ。中森がカットし米山が雪崩式水車落とし。もう一度上がると春山が押さえてボリショイが掌底から雪崩式フロントスープレックス。ボリショイは米山を立ち上げ担ぎ上げようとする。米山が丸め込むと中森がシャイニング・ウィザード。ボリショイがギリギリで返す。Leonのアシストもボリショイと誤爆。米山は2人に不知火。Leonとボリショイにニーを叩き込みボリショイにロールスルージャーマン。返したボリショイを立ち上げ米山が米-ZOUの構え。切り返したボリショイがヒールホールド。掌底を放つが米山がニー。ボリショイが掌底も米山が寸前で返す。ボリショイがダッシュすると米山がソバット、ニーをぶち込む。両者のコールが交錯。ボリショイがスタンディングのシャイニング・ウィザード。返した米山を引き起こし張り手。張り手の打ち合いとなり米山がソバットもボリショイが掌底。両者がダウン。さくらが中島と対峙。中島が一心不乱にエルボーを放つ。さくらが打撃の連打からさくらえみ70キロ。中島がキャッチしキューティースペシャル。15分経過。Leonのマッドスプラッシュ、春山のギロチン、中島のフットスタンプがさくらを襲う。中島がさくらに張り手からダルマ式狙い。中森のハイキックからフィッシャーマン。さくらが中島にタイガードライバー。さくらは中島を引き起こし、スマッシュマウス。春山がカットし3カウントには至らず。春山のトラースキックからLeonがさくらにスピア。Leonはさくらにキャプチュードバスター、春山のトラースキック。中島がダルマ式ジャーマンも米山がカットする。米山が中島に米-ZOU狙い。中島がボリショイのアシストからダルマ式ジャーマン。丸め込みの応酬となり中島をフォール。キャプテンがフォールされたことで、1本で試合終了。米山がキャプテンの中島から殊勲の3カウントを奪ってみせた。米山「ハートムーブ系リフォームこのまま後楽園まで突っ走るぞ。さくらさんはタイトル防衛、私の対戦相手にはボリショイさんを指名する。米山香織対コマンド・ボリショイだ」ボリショイ「ハッキリ言っていまの米山には一切興味ないから。私は米山引退撤回を指示したことを後悔しているのか正直わからない。オマエがどんな気持ちで上がってるのかもわからないよ。わからないことだらけだからシングルやってやるよ。その代りふつうの試合では終わらせないよ、オマエと最後のシングルになるかもしれないな」米山「ハイハイ、12月24日、正式決定! このまま後楽園ホール、ハートムーブ系リフォーム一色に染めてやるよ!」ハートムーブ系の退場後、中島は涙を流しながらマイクなしで訴えた。「みなさんごめんなさい。(「後楽園で勝てばいいんだよ!」の声に)もうこれ以上、嫌な気持ちにはさせません。絶対にベルトを獲り返します!」