20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012.8.12獅子の穴3 試合 

    獅子の穴プロデュース興行~中森華子&大畠美咲 卒業~
    8月12日(日)東京・キネマ倶楽部

    EXマッチ 
    松本法子(0-0)Leon
     8月19日に後楽園ホールでデビュー予定の松本法子がLeonを相手に5分間のエキシビションマッチをおこなった。

    ① 1/15
    〇ラビット美兎(3分49秒、ラビストラル→エビ固め)anna(FIGHT CHIX)●
     ロックアップからannaがエルボー連打でラビットをロープに追い込む。ラビットがやり返すがannaがドロップキックから丸め込み。エルボーの打ち合いからラビットがドロップキックの3連打。ラビットがブレーンバスターを狙うとannaがかわしてドロップキックを打っていく。annaが腕十字にとるとラビットがエスケープ。annaが腕をとりにいくがまたもやラビットはエスケープに成功。ラビットがannaにぶれーバスター。ラビットがもう一発狙うがannaが丸め込みから逆さ押さえ込み。丸め込み合戦は互角に。ラビットがラビストラルにいくとannaが返せず。3カウントが入りラビットが獅子の穴興行オープニングマッチを飾った。


    ② 1/20
    中島安里紗&●川佐ナナ(16分41秒、東海道落とし→片エビ固め)松本浩代〇&Sareee
     “息吹時代”にライバルとしてしのぎを削った中島と松本が、中島の復帰により再会。松本が中島に握手を求める。先発は川佐とSareee。川佐がショルダータックルでSareeeを吹っ飛ばす。中島が出てくるとSareeeは松本にタッチ。場内がどよめくと中島が手を高く上げて手四つに誘う。中島が蹴りを入れて腕をとるが松本もとり返す。中島がヘッドロックにいくと松本がグラウンドに移行する。中島が松本に張り手。さらに連打で追い込むと髪の毛をつかんで松本をマットに叩きつけていく。ロープに振ると松本が切り返して中島をマットに叩きつける。Sareeeを振って串刺しドロップキック。松本も串刺しボディーアタックを浴びせる。松本はSareeeをおんぶしてダブルニードロップを中島に落とす。Sareeeが手刀を落としドロップキック連打。エルボーを打ち込みロープに振ると中島がクロスボディーの連発へ。川佐がSareeeにボディーシザーズ。ボディーアタックからカバーするとSareeeが返す。川佐はSareeeに全体重を乗せての逆エビ固め。中島がSareeeのエスケープを阻止。川佐はSareeeの頭部をマットに叩きつけキャメルクラッチにもっていく。中島がSareeeにサーフボードストレッチ。Sareeeがボディースラムを切り返して首固め。松本が飛び込み中島に突進。松本は2人まとめてのクロスボディーから串刺しボディーアタックへ。松本はSareeeを担ぎ上げて場外の中島と川佐に投げつける。Sareeeが中島をリングに入れる。Sareeeと松本が打撃戦。松本がエルボーで打ち倒すも中島がフットスタンプ、投げっぱなしジャーマン。松本がバックドロップを放ちSareeeに託す。Sareeeはドロップキック連打からブレーンバスターの構え。中島がDDTで切り返しビッグブーツを放ちコーナーの松本に突っかかる。Sareeeがドロップキックで顔面を射抜きコーナーに上がる。ミサイルキックを中島が叩き落とし逆にミサイルキックを浴びせてみせる。10分経過。中島がバックドロップからカバーもSareeeが肩を上げる。川佐がランニングボディープレス。川佐とSareeeがエルボーを打ち合う。Sareeeが飛びつき丸め込むが川佐が返す。Sareeeがブレーンバスターの構えにいくが切り返される。それでもSareeeが丸め込みドロップキックの連打。3発目は川佐が読んでいてパワースラム。中島と川佐が合体しダブルのブレーンバスター。川佐がコーナーに上がりダイビングボディープレス。松本がカット。もう一度コーナーに上がると松本のアシストからSareeeがデッドリードライブ、ドロップキック、ミサイルキック、ジャックナイフでたたみかける。松本が川佐をロープに振るが川佐がショルダータックルの連打。受けて立った松本が川佐を吹っ飛ばす。松本が川佐にミサイルキック、スプラッシュ式ダブルニードロップ。松本は川佐を立ち上げアルゼンチン狙い。川佐がこらえてボディーアタック。松本が体当たりにいくが中島のアシストから川佐が押さえ込む。返されると川佐が松本にノーザンライト。川佐は「決めるぞ!」と絶叫しダイビングボディープレス。かわした松本がバックエルボー。中島がカットするとSareeeが乱入。松本がロープに振ると川佐がボディーアタックで相手を吹っ飛ばす。川佐のノーザンライト狙いは阻止される。川佐が突っ込むと松本がバックドロップ狙い。川佐がこらえるも中島のミサイルキックが誤爆。松本が川佐に東海道落とし。中島のカットが届かず3カウントが入った。試合後中島が両手を出して松本に握手を求める。松本が応じると中島が張り手。松本が追いかけるも中島がダッシュで逃走した。


    ③ 1/30
    ●Leon(18分16秒、ジャパニーズオーシャンクインビーボム→片エビ固め)豊田真奈美〇
     ロックアップから豊田がLeonをロープに追い込む。手四つの構えから力くらべ。Leonが回転し上になると腕をひねる。豊田が獲り返しコーナーからアームホイップ。投げられたLeonがすぐにドロップキック。Leonはストレッチ技で豊田の動きを止めにかかる。Leonがドロップキックを浴びせカバーするがロープ際。もう一発狙うが豊田がクロスボディー。股裂きのレッグドロップを打つと豊田はLeonをロープに張り付けチンロック。さらに背中にドロップキックをぶち込んでいく。Leonが返すと豊田はレッグロック。つま先に噛みついてインディアンデスロック、鎌固めへ。弓矢固めはLeonが切り返して極めさせず。Leonはドロップキックでロープ際に追い込んで踏みつける。Leonは豊田を立ち上げコーナーに振ってドロップキック。豊田はコーナーに振られるもカウンターのミサイルキック。コーナーに上がった豊田をLeonが撃墜し場外に落とす。Leonはスワンダイブのプランチャを敢行。リングに戻すとミサイルキック。豊田が仁王立ちからバックを取りにいく。しかしバックドロップで投げたのはLeonのほう。Leonはロープを渡ってのミサイルキックから串刺しのスピアを放つ。豊田のビッグブーツをかわしスピアからスワンダイブのフットスタンプ。豊田が返すと10分が経過。Leonはフィニッシュを予告しマッドスプラッシュ。豊田がカットし場外に落ちたLeonめがけてプランチャを放つ。豊田は「よっしゃいくぞ~!」。Leonをリングに戻すとミサイルキックを背中にぶち込む。返したLeonに対し豊田はサイクロンを予告。Leonが切り返すも豊田がぶっこ抜いてのバックドロップ。豊田はLeonを肩車。Leonが脱出しバックブリーカー。Leonがマッドスプラッシュを決めるが3カウントには至らず。Leonは豊田を起こしてキャプチュードバスターを狙う。豊田がバックドロップからコーナーへ。Leonがカットしスパイダージャーマンを狙う。豊田がこらえるもLeonがヘッドバット。Leonがスパイダージャーマンを成功させレオンストーン。豊田が返すとLeonにカカト落とし。両者ダウン。15分経過。豊田がLeonにビッグブーツ。Leonがスピアを連発。引き起こしてキャプチュードバスターにいくも豊田が2カウントで肩を上げる。Leonがもう一回狙うが豊田が切り返しクロスアームジャーマン。豊田はサイクロンを再度予告。ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスの構えに入るがLeonがこらえる。ならばともう一度肩車をするがLeonが丸め込み。Leonはスクールボーイで丸め込んで4の字ジャックナイフ。Leonがスピンキックを連発しコーナーへ。豊田が蘇生しコーナーから抱え上げてのクインビーボム。Leonが返せず3カウントが入った。Leon「豊田さん、自分はプロレスラーになるまえ、あなたの試合からたくさんの勇気や感動をもらってプロレスラーになると決めました。いま若手たちに練習を教えていて、豊田さんにもらった勇気や感動を獅子の穴はもちろん見に来てくれたお客さんにも与えられるレスラーになりたいし、自分の背中を見て育ってほしいと思ってます。なので、必ず必ずあなたを超えてみせるんで、私が今度はあなたに勝って恩返しします。そして、8月の後楽園ですけど6人タッグへの出場が決まってます。Rayともう一人のパートナーが決まってません。自分と組んで後楽園出てください」豊田「Leon、いまの時点で私よりすごいことやってるよ。自分を目標にしてくれて、こんな素晴らしいレスラーになってくれて自分はどうしてんだと反省させられます。ありがとう。8月19日、ぜひよろしくお願いします」


    ④ 1/30
    ●勝愛実(12分20秒、ワキ固め)花月〇
     JWP認定無差別級王者、春山香代子への挑戦が決まっている仙女の花月が勝と対戦。勝のほうから手をあげて挑発し、花月の腕をとっていく。花月がコーナーに振って突進すると勝がかわしてショルダータックル。勝が突進すると花月がカウンターのドロップキック。花月がボディースラムからカバーすると勝が1カウントで肩を上げる。花月がマウントをとってパンチにいくと勝もやり返す。勝は手数で上回るが花月がグラウンドにもっていく。勝は下からフロントネックロック。勝が花月に弓矢固め。花月がドロップキックを連発。勝が返すと花月はフロントネックロック。5分経過。花月は串刺しジャンピングニ―。勝がコーナーに振ってブルドッキングヘッドロック。花月が飛びついて腕をロック。花月が突っ込むと勝がかわす。エプロンから花月がアームブリーカー、スワンダイブ式ミサイルキック。花月が気合を入れて勝を担ぐが切り返しの応酬へ。勝が内倒しカバーも花月が返す。勝はミサイルキック連発、勝の突進を捕まえてマットに叩きつける。さらにコーナーからスプラシュ。勝はフィニッシュを宣言しコーナーへ。ダイビングエルボーを落とすと花月がカットし変形の三角締め。勝がエスケープに成功し10分経過。勝が向かっていくと花月も応戦しエルボーをぶつけ合う。勝の連発から花月がジャンピングエルボー、ブレーンバスター。勝が返すと花月は引き起こして左右のエルボーを打っていく。花月のダッシュをくぐり抜けた勝だがバックフリップに捕まる。ギリギリで返した勝がカウンターのエルボー。花月がカバーを返してワキ固め。勝がギブアップを喫し、花月が勝ち名乗りを受けた。


    ⑤ 1/30
    中森華子&〇大畠美咲(16分35秒、花マルどっかん→片エビ固め)成宮真希&飯田美花●
     今大会をもって獅子の穴を卒業する中森&大畠が、獅子の穴に入ったばかりの成宮&飯田組とタッグで対戦。成宮組が奇襲を仕掛け試合開始。大畠を捕まえてダブルの串刺し攻撃を見舞っていく。成宮がギロチンを落とし、飯田と成宮が「獅子の穴」の結束をアピール。大畠と成宮がグラウンドへ。大畠がボディーシザーズにいくと成宮が脚をとる。大畠はスリーパーにとり回転、三角締めを狙っていく。切り返した成宮がスリーパーにとってスタンディングへ。大畠がバックを取るも成宮が首をとっていく。大畠はバックを取って背中を叩くと髪の毛をつかんでのキャメルクラッチ。中森が乱入し顔面にドロップキックを放つ。大畠の腕十字狙いを切り返し成宮がヘッドロック。大畠がクロスボディーからドロップキック。中森が入り成宮の顔面にビッグブーツを浴びせていく。中森はボディーシザーズを成宮に仕掛ける。中森が後ろから前からキックを放ち成宮のバックを取る。成宮が切り返してカンパーナで持ち上げる。飯田が大畠のカットを阻止して場外に送り出す。飯田が中森にドロップキック。5分経過。飯田が串刺しドロップキック。成宮と飯田が合体も中森がネックブリーカー。中森がコーナーに上がるとミサイルキック。飯田がかわして顔面にドロップキック。中森がカウンターのビッグブーツ。飯田の丸め込みは2カウント。飯田が腕十字にいくと中森が必死にエスケープ。飯田がコーナーでもたつく間に中森がデッドリードライブ。成宮が中森にコーナーを飛び越えロープを利用しての変形スタナ―。成宮は中森にアルゼンチン狙い。中森がこらえてネックブリーカー。中森と成宮がエルボー合戦。中森が打ち勝つと大畠と合体。トップロープに乗せてダブルのミサイルキックを放つ。中森のキック連打に飯田がカットのドロップキック。成宮が中森にアルゼンチンバックブリーカー。マットに叩きつけるとダイビングギロチンドロップ。中森が返すと成宮はもう一度コーナーへ。大畠がカットに入り中森が上がる。飯田がドロップキックから中森を落とし、成宮のダイビングギロチンを呼び込む。大畠のカットが間に合い10分が経過。中森がカウンターのハイキックを成宮にぶち込む。飯田のドロップキックが成宮に誤爆。大畠が低空クロスボディーを成宮にヒットさせダイビングボディーアタック。成宮が返すと、大畠はコーナーへ。飯田が阻止するが中森に落とされる。成宮はボディーアタックをかわしてコーナーからスタンディングギロチン。飯田のミサイルキックが大畠に命中も2カウント。飯田が大畠のエルボーをブロックしドロップキック。飯田は河津落とし狙い。成宮が入って強引に押し倒し、飯田が腕をとって締め上げる。中森のカットが間に合い、大畠が脱出。しかし飯田が顔面へのドロップキック。さらにコーナーに上がると大畠をミサイルキック連発で射抜く。飯田がフィッシャーマン狙いも大畠が中森に振ってビッグブーツを引き出しカバー。返した飯田に大畠はクロスボディーからミサイルキック。飯田が返すと大畠はダイビングボディープレス。ブリッジで飯田が返すと15分経過。飯田が飛びつき丸め込むが大畠が切り返す。成宮が乱入してダブルチョップ、飯田が丸め込むも2カウント。中森のハイキックから大畠がクロスボディー。成宮がカットするが大畠が飯田にジャーマン。大畠はフィニッシュを予告も飯田がヘッドバットからフィッシャーマン。大畠が返すと、ジャーマンで投げ捨てる。飯田の突進に大畠がエルボーから花マルどっかん。体固めで押さえ込み、大畠が3カウントを奪ってみせた。試合後は大畠組が飯田を引き起こし、健闘をたたえた。リング上は中森と大畠の2人に。そこへ獅子の穴総帥のLeonが現れ、卒業証書を手渡した。大畠「私は今日で卒業しますが、プロレス人生はつづいていくのでいろんな団体で活躍できる選手になっていきたいと思います」中森「自分は獅子の穴で競い合っていくのが好きだし、そういう場所であってほしいと思っています。獅子の穴で学んだことをこれからも生かしていきたいです。卒業する私たちにこれからも期待してください」Leon「まず大畠、2年前に対戦して大畠のほうからいっしょに練習したいと言ってくれてうれしかったし、裏リーダーとして引っ張ってくれてたくましくなったと思います。中森はJWP入団と同時に自分から入りたいと言ってくれて、途中、獅子の穴つまんないとか言ってたこともあったけど、それがあったからこそ自分も見つめなおしたし、中森なりの愛情だったのかと思います。これからは2人ともよきライバルとして競い合っていこう。獅子の穴まだまだ荒削りなところありますけどこれからも努力をもって練習していきますのでこれからもあたたかく見守ってください」


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。