20thHP用
次回大会の見どころ

JWPロゴ

OFFICIAL INFORMATIONS

情報メディア
興行日程他団体参戦情報
対戦カード 試合結果
レポート 選手紹介
会場案内オフィシャルFC
BLOG
JWP認定タイトルの規定
今後の引退試合スキーム検討

2012.7.28 ラジアントホール 試合 

JWP 7月28日(土)神奈川・横浜ラジアントホール

① 1/15
○モーリー(9分39秒、ダイビングセントーン→片エビ固め)川佐ナナ●
 モーリーが腕固めで先制。川佐が切り返すも、モーリーはすぐにエスケープし、コーナーに追い込んで踏みつけていく。脱出した川佐が串刺しのボディーアタック。川佐はモーリーの髪をつかんで叩きつけるとコーナーに追い込む。中央にもっていくとボディーシザーズ。モーリーはヒザにエルボーを突き立てて逆転、ボディーシザーズでギブアップを迫る。川佐が切り返してフェースクラッシャーからキャメルクラッチへ。川佐はストンピングの連打からコーナーに振るが、モーリーがカウンターのショルダータックル。連発からカバーすると川佐が返す。5分経過。川佐の串刺しボディーアタックをモーリーが迎撃。川佐のボディーアタックをこらえてモーリーがダブルチョップ。モーリーは顔面をかきむしり足を踏みつける。こらえた川佐が体当たりでモーリーを倒す。バックドロップを狙いをこらえられた川佐だがショルダースルー。返したモーリーをボディースラムで叩きつけると川佐はダイビングボディープレス。もう一度上がるとモーリーが蘇生しデッドリードライブ。モーリーの突進を川佐がキャッチしてボディースラムからダイビングボディープレス。決まったと思われたがモーリーが返す。川佐はノーザンライトを決めるが、これもモーリーがクリアー。モーリーのブレーンバスターホールドはぎりぎりで川佐が返す。モーリーがランニングセントーンからコーナーに上がりダイビングセントーン。これで3カウントが入り、オープニングマッチはモーリーが飾った。

② 1/15
JRIBBON2012夏女決定トーナメント準決勝
藤本つかさ&●ラビット美兎(7分48秒、ダイビングギロチンドロップ→体固め)中森華子&成宮真希○
 昼のアイスリボンで阿部幸江&内藤メアリ組を破った藤本&ラビット組と、Leon&新田猫子組を下した中森&成宮組が準決勝で激突。藤本&ラビットが合体し成宮をドロップキックで挟み撃ち。藤本が突進すると成宮がかわしてダブルチョップを叩き込む。中森が藤本にミサイルキック。背中を蹴ると藤本も蹴り返す。サッカーボールキックの応酬から藤本がドロップキック。ラビットが中森の蹴りをかわして串刺しドロップキック。つづくドロップキックを中森がかわし、ふたりまとめてのネックブリーカー。ラビットが中森を丸め込みの連続。中森がしのいでいくがミサイルキックを食らう。藤本が中森にダイビングボディーアタック、ラビットとドロップキックの競演を見せる。藤本が中森を丸め込むも2カウント。前後からのキックで押さえ込むも中森がクリアーしハイキック。藤本がカウンターのドロップキック、延髄斬り。藤本はコーナーに上がるが中森が追いつき雪崩式のフィッシャーマン。藤本がすぐに立ち上がりキックをぶち込む。ラビットと成宮が対峙。5分経過。ラビットのドロップキックをもらった成宮だがカウンターのダブルチョップからアルゼンチン狙い。切り返したラビットが丸め込む。成宮がラビットをアルゼンチンで担ぎ上げると藤本がカット。ラビットと成宮がエルボー合戦。ラビストラルをかわした成宮に藤本が延髄斬り。ラビットが飛びつきからラビストラルもカットされる。中森のハイキックが藤本に命中し両者が場外へ。リング上は成宮とラビット。成宮がチョップの連打もラビットが返す。成宮はボディースラムからコーナーへ上がり高角度のダイビングギロチンドロップ。藤本のカットを中森が抑え、リング上では3カウント。成宮がラビットをフォールし、成宮&中森組が決勝進出を決めた。

③ 1/15
JRIBBON2012夏女決定トーナメント準決勝
△コマンド・ボリショイ&みなみ飛香(時間切れ引き分け)中島安里紗&志田光△
延長戦 1/5
コマンド・ボリショイ&●みなみ飛香(1分55秒、ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド)中島安里紗○&志田光
KAZUKI&松本都組を破ったボリショイ&飛香組と、春山香代子&星ハム子組を押しのけた中島&志田組による準決勝。先発は中島と飛香。飛香の身長の高さに戸惑う中島だが、手四つからグラウンドにもっていき腕をとる。飛香がエスケープするも中島は手を離さず。志田も引き継いで右腕を攻撃。逃れた飛香が志田にキックを放ちボリショイにチェンジ。ボリショイがスリーパーからストレッチ技で志田を攻める。志田は払い腰から中島のドロップキックを呼び込む。中島の連発にボリショイはヘッドスプリングで立ち上がる。ボリショイがキャメルクラッチ、飛香を呼び込み顔面への蹴りを引き出す。飛香と中島がエルボーの応酬。中島がワキ固めからキャメルクラッチ。そこへ志田が加わり顔面へストンピング。5分経過。飛香をエプロンに出して中島と志田がキックの競演。飛香が丸め込みからボリショイにスイッチ。志田がボディースラムで叩きつけ、中島もつづく。しかしボリショイが丸め込み、返した中島にネックロック。中島がエスケープするとボリショイがエプロンに出して飛香とチョップの競演へ。ボリショイは中島にバックドロップ。飛香が串刺しキックを放つが中島がかわす。エルボーの打ち合いから飛香がビッグブーツ。飛香のカミカゼが決まるも中島が返す。飛香がブロックバスターの構えにいくと中島が切り返す。中島がバックドロップを放つと飛香が2カウントで肩を上げる。志田が入り飛香の腹部にニーを叩き込んでいく。志田が“3人まとめて”串刺しジャンピングニ―アタック。志田は飛香にワキ固め。10分経過。飛香がコーナーに飛び乗り志田の右足甲を踏みつける斬新な攻撃。しかしスワンダイブのフットスタンプはかわされる。それでもボリショイのアシストから2度目のトライで成功。志田が返すとボリショイが入り空中卍固め。残り3分。ロープに逃れたつもりの志田にボリショイはタランチュラ。つづいてボリショイが飛びついてのDDT。志田がカウンターのニー、ボリショイが掌底。志田のジャンピングニ―から中嶋がミサイルキック。中島が担ぎ上げようとするとボリショイが切り返して丸め込みの連続からサブミッション。中島が逃れると飛香がビッグブーツ、ボリショイが619へ。ボリショイが中島をコーナーに乗せて掌底。残り30秒。中島が丸め込むと返したボリショイが掌底。そのままタイムアップとなり、5分間の延長戦になだれ込んだ。延長戦のゴングと同時にボリショイ組が突進。ボリショイが中島を捕まえてドラゴン。飛香がスワンダイブも中島がDDT。ボリショイの掌底が志田を場外に追い出す。中島のキューティースペシャル、飛香のブロックバスターはともにギリギリで返される。飛香がコーナーに上がると志田が雪崩式ブレーンバスター、中島がダイビングダブルニードロップ。カットされた中島がバックをとるとその背後からボリショイがバックドロップ。飛香が丸め込むも志田がカット。志田のジャンピングニ―から中島がだるま式ジャーマン。志田がボリショイのカットを抑えて中島が3カウントをゲット。志田&中島組が中森&成宮組との決勝戦を決めた。

④ 1/15
●倉垣翼(11分45秒、ムーンサルトプレス→片エビ固め)勝愛実○
 握手を拒否した勝が背後から倉垣を襲って試合開始。倉垣は勝をコーナーに追い込んで踏みつけ、スリーパーへ。相手の勢いにストップをかけようとした倉垣だが、勝はフロントネックロック。切り返した倉垣がリフトアップしデスロック。逆エビに極められた勝は「動け!」との声に対し「動けたら動いたるわ!」。さらに「重い…」と本音を漏らすシーンも。なんとかロープに逃れた勝に、倉垣はあえて全体重を乗せた攻撃へ。倉垣は勝をリフトアップし時間をかけてマットに叩きつける。勝は弓矢固めにトライも崩れてしまう。ならばと勝はキャメルクラッチへ。返した倉垣がエルボー。勝がショルダータックルを連発するが、倉垣の1発で吹っ飛ばされる。勝は倉垣をコーナーに追い込んでブルドッキングヘッドロック。倉垣はカウンターのドロップキック。コーナーに上がると勝を持ち上げにかかる。逃れた勝に倉垣はミサイルキック。逆エビ固めにいくと勝がエスケープに成功。倉垣がブレーンバスターからムーンサルトプレス。勝がかわしてミサイルキックを連発。倉垣が返すと、勝はコーナーへ。倉垣が追いつきアルゼンチンバックブリーカー。勝が切り返して丸め込むも2カウント。勝が倉垣の突進を捕まえてマットに叩きつける。コーナーに上がるとリバーススプラッシュ、ダイビングエルボードロップ。ズバリと決まるが倉垣が2カウントで肩を上げる。10分経過。倉垣が突進すると勝がバックドロップ。もういちどリバーススプラッシュにいくが倉垣がかわしてバックドロップ。倉垣がラリアットから横に叩きつけてカバー。勝が2カウントで返すと倉垣はセカンドからトップに飛び移ってのムーンサルトプレス。これで3カウントが入り、倉垣が勝に勝利。試合後、倉垣は勝を背負って退場した。

⑤ ∞
裏夏女決定バトルロイヤル(トーナメント1回戦敗者チーム参戦)
○Leon(7分53秒、OTR)松本都●
※退場順…①新田猫子②春山香代子&星ハム子④内藤メアリ⑤阿部幸江&KAZUKI
 昼のアイスリボンでおこなわれたトーナメント1回戦で敗れた8選手がバトルロイヤルへ。都の指令でKAZUKIが飛び出すと全員からの集中攻撃を食らう。Leonと猫子が合体すると、阿部&内藤、春山&ハム子もタッグチームどおりに合体。猫子が春山を追い回すと猫子のしっぽを都がつかむ。猫子が押さえ込まれて第1号の退場者に。エストレージャの輪に都が入ってポージング。春山とハム子が串刺し攻撃から「オシリダー!」の競演。そこを丸め込まれてピンチに。春山のラリアットがハム子に誤爆も、バックフリップの競演を成功させる。さらに両者がコーナーに上がるが阿部と内藤の「おばさんパワー!」によってOTRの失格に。5分経過。阿部と内藤がエプロンを挟んでやり合うと、内藤が転落して退場に。都と阿部でKAZUKIをとりあう。Leonのスピアが都へ一直線。ザ☆WANTED!?が合体しLeonを狙うが都が崩して丸め込むと、阿部&KAZUKIが同時退場。残るは都とLeon。丸め込みの応酬からLeonがスピア。ロープを引いた都がLeonを落としにかかる。Leonがスワンダイブ。都が突進して両者ともエプロンへ。Leonのスピアをかわしてポーズをとる都。そこへLeonが突進して都を落とす。Leonがバトルロイヤルで勝利し「裏夏女」の称号を手に入れた。


⑥ 1/∞
JRIBBON2012夏女決定トーナメント決勝戦
○中森華子&成宮真希(12分4秒、デスティニーハンマー→片エビ固め)中島安里紗●&志田光
 志田がコールされると同時に相手チームに突進。中島も呼応し場外乱闘に。中島が中森を客席に叩きつけると志田がイス殴打でつづく。志田は中森をリングに戻すと右脚をとってアキレス腱固め。中島は中森の右脚をサードロープにかけて攻撃。志田が入ると中森は2人にDDT。成宮が中島をチョップで倒すが2カウント。中島がダブルアームスープレックスホールド。志田の突進をかわした成宮だがワキ固めに捕まりフェースロックにもっていかれる。志田が成宮をエプロンに出して蹴り上げる。さらにイスを持ち出して殴打。背中にイスを乗せると中島がダイビングフットスタンプを敢行。リング内に戻した志田がカバーすると成宮が返す。志田と中島が合体のブレーンバスター。阻止に中森が入るが、中島と志田が2人まとめて叩きつける。成宮が2人へのフェースクラッシャー。5分経過。成宮が志田にカンパーナ。ギロチンを投下してから中森に託す。志田のニー連打に中森はビッグブーツ。志田が雪崩式のココナッツクラッシュ、中島が中森の顔面を蹴りあげヒザ十字へ。中森がエスケープすると中島は右ひざへストンピング連打、ミサイルキック。2発目狙いは成宮がカットに入るが志田が阻止して中島がミサイルキック。中森のキックをブロックし中島がコーナーへ。中森が雪崩式ブレーンバスター、シャイニング・ウィザード。中島がビッグブーツからカバーも2カウント。成宮がアルゼンチンから投げ中森が中島を蹴り上げる。志田のカットが間に合い中島が命拾い。中森がデスティニーハンマーにいくと中島がかわす。10分経過。4人が入り乱れるなか中島が中森にキューティースペシャル。中島がさらにジャーマンにいくが成宮のカットがかろうじて間に合う。中島はダルマ式狙い、志田のジャンピングニ―が誤爆。中森が押さえ込むも中島が返す。中森のハイキック、2発目を中島がかわして丸め込む。丸め込み合戦から中森がハイキック、フィッシャーマンバスター。中森がフィニッシュを予告しコーナーへ。デスティニーハンマーが決まると3カウント。中森が中島から完璧な3カウントをゲットし、中森&成宮組が2012年の夏女となった。中森「よっしゃ~! 獅子の穴を卒業するまえに成宮と組んで優勝できて、すごいいまうれしいです。ありがとうございました。(8月)12日のJWPの興行で試合したい人がいます。いまタイにいっている米山香織。決着をJWPのリングでつけたいと思っています。今日の結果を生かしてどんどん上に進んでいきたいと思います」成宮「こんど(8月)19日、新木場でアイスリボンの興行があります。それは(マッスル)ビーナス4周年と銘打っての興行です。私はそこでビーナス超えがしたい。志田さんと藤本さんがもっている(REINA)タッグのベルトに挑戦表明したいと思います」そこへラビットが現れ、成宮にドロップキック。ラビット「ふざけんじゃねえよ! 私だってチャンピオンだよ。私に(トーナメントで)勝ったんだからよ、(ジュニア2冠に)挑戦して来いよ」成宮「正直、自分だけじゃ決められないんで、会社に相談しなきゃいけないと思っています。でも、自分の気持ちは挑戦したいです」。中森が8・12キネマ(昼の部)での米山香織戦、成宮がアイスリボン8・19新木場でのタッグタイトル戦を要求。また、ラビットが成宮を挑戦者に迎えてのジュニア2冠戦をアピールした。