20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012.6.17東京キネ倶楽部 総評 

    メインのJWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権試合は、タイから一時帰国のさくらえみ&米山香織組が中島安里紗&勝愛実組を退けて初防衛に成功した。これにより、タッグ2冠のベルトはふたたび海を渡ることになった。米山は数日後、タイに戻る。次回の帰国がいつになるのか。もしもまったくの白紙だとしたら、防衛戦がおこなわれないままタイトルそのものがフェードアウトになってしまう危険性もある。
     そう思われた矢先、米山が次期防衛戦の早期実現を掲げるマイクアピールをおこなった。「このベルトをどんどん防衛したいから、挑戦したいヤツ出てこい!」
     王座陥落のリスクを避けて少しでも長くベルトを保持していたいさくらを尻目に、米山は2度目の防衛戦となる挑戦者を募った。「防衛をしに日本に戻ってきたいから、どんどんやっていくぞ!」という米山の心意気に応えて出てきたのは、ラビット美兎&川佐ナナ組と阿部幸江&KAZUKIのザ☆WANTED!?だった。
     米山は「ラビットは勝手に付け人をやめたからなし!」と、事実ではない言いがかりで元付け人からの挑戦表明をさっそく退けた。さらにザ☆WANTED!?には「モーリーともう一人だったらいい」と、オリジナルザ☆WANTED!?での挑戦は拒否する姿勢。タイで自由な空気を吸ったのか。チャンピオンだからこその振る舞いである。
    そこでモーリーが選んだのが、リーダーのKAZUKIだった。ひょんなことからタッグ王座へのチャンスを得たモーリーだが、この日は無差別級王者、春山香代子とのシングルに臨み、結果と内容しだいではシングル王座への挑戦の可能性があったものの、敗れている。そのことに関し米山は、「なんでその試合にシングルのベルトがかけられなかったのか、わかってる?」と問いかけた。モーリーが「わかりません」と答えると、米山は「私もわかんねえよ。でも、春山さんみたいに意地悪じゃないから、(タッグの)ベルトをかけてやる!」と、さくらの意思は完全に置き去りにしたうえで、正式にモーリーの挑戦を受けることを宣言した。
    では、なぜここでモーリーなのか。さくら&米山組がKAZUKI&モーリーの挑戦を受けるのは7・15大阪。この試合で、米山がモーリーを指名した意味が分かるのだろうか。米山は7・15大阪のまえに、また日本に戻ってくるつもりだ。もちろん、さくらを伴って…。
     セミファイナルでは、中森華子&大畠美咲組が倉垣翼&Leon組に勝利。大畠が前無差別級王者の倉垣から直接勝利を奪ってみせた。春山への挑戦をなんとしても実現させたい大畠からすれば、願ってもない実績である。
     大畠は、JWP認定無差別級王座への挑戦をあらためてアピールした。しかし、あきらめきれない中森が「私だって挑戦するんだよ!」と割って入る。ここに登場したのが王者の春山だ。
    春山は「大畠の挑戦を受ける」と宣言し、初防衛戦の相手がようやく決定した。やはり決め手になったのは前王者からの勝利と、観客からの支持率上昇だった。大畠、中森ともかねてからタイトルマッチをアピールしているが、所属の中森よりも結果を出した大畠への期待感が高まっているのが現実。「私が今日なんでノンタイトルでモーリーと闘ったのか考えろ」と、春山は中森に対して質問を投げかけた。中森とモーリーには共通の問題点がある、ということなのか。
    大畠は「おばさんたちでベルトを回すより、若い私が獲っていろんなところで防衛してJWPに持ってきたほうがおもしろいんじゃないですか?」と、自分が王者になったときの利点をアピールしてみせた。春山が「なめんじゃねえ、おばさんはすげえんだよ!」とおばさんを認めるような発言をしたのは、余裕のなせる業なのか。春山香代子vs大畠美咲のJWP認定無差別級選手権試合は、7・8川崎で実現する。大畠にとっては米山に挑戦以来、2度目の無差別級タイトルマッチ。春山には最長防衛期間を達成した前王者時代との闘いがスタートする大事な初防衛戦となる。果たして、結果は!?     (新井 宏)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。