20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012.3.25 板橋グリーンホール 総評 

    「タッグリーグ・ザ・ベスト2012」の全公式戦が終了した。各チームの戦績は以下の通り。
    <レッドゾーン>
    “ハルクラ”春山香代子&倉垣翼組 3勝2敗=6点
    “ピコラビ”コマンド・ボリショイ&ラビット美兎組 1勝3敗=2点
    “植松★輝”植松寿絵&輝優優組 4勝=8点
    “十文字姉妹”DASH・チサコ&仙台幸子組 2勝2敗=4点
    “月の上のぽょ”ムーン瑞月&勝愛実組 4敗=0点
    <ブルーゾーン>
    “思春期ーズ”阿部幸江&チェリー組 2勝2敗=4点
    “マスカラボラドーラス” Leon&Ray組 2勝1敗1分=5点
    “ラブドライト”中森華子&大畠美咲組 3勝1敗=6点
    “もっちー7”川佐ナナ&宮城もち組 4敗=0点
     この結果により、4・8キネマ倶楽部での決勝戦が、植松&輝組vs中森&大畠組に決定した。植松★輝は、ハルクラとの対決も制してぶっちぎりの全勝で勝ち上がってきた。植松がWAVE4・30後楽園で引退するが、この日にはさらに輝が、今年12月での引退をOZアカデミーのリング上から発表した。タッグのスペシャリストである植松★輝は、現在WAVE認定タッグ王者。植松の引退までに獲れるタイトルはすべてものにするつもりであるだけに、輝の引退発表も重なり、かなりのモチベーションで向かってくることは確実である。植松が引退すれば、輝がほかのコンビでタッグ王座を獲りにくることは考えにくいだけに、このチームこそJWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグの2冠にもっとも近いと言っていいのだろう。
     それでも、中森&大畠組にとっては、なんとしても思い出づくりのタッグリーグ戦制覇を阻止しなければならない。彼女たちには、現在と近未来のJWPを活性化させなければならない使命があるのだ。植松★輝がベルトを巻けば、王者のまま返上する可能性が高いのではないか。植松引退までの1ヵ月未満でタッグタイトルマッチがおこなわれる回数は決して多くはないはずだ。だからこそ、ここでラブドライトが敗れれば、タッグ2冠は植松★輝の返上によりまたもや仕切り直しとなってしまうだろう。確かに、引退の理由がケガや病気ではないだけに、植松★輝は現在もナンバーワンタッグの地位をキープしている。たとえ最強ではなくても、トップで居続けるしたたかさがこのチームを支えてきた。ラブドライトは闘いを通じて、植松★輝から何かを盗むことができるのか。それが実現できれば、ベルトと同時に植松★輝の後継者的ポジションまでゲットできるかもしれない。4・8キネマは、タッグのカテゴリーの未来をかけた大勝負となりそうだ。

    (新井 宏)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。