20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012.2.3 板橋グリーンホール 試合 

    JWP 2月3日(金)東京・板橋グリーンホール

    (1)1/20
    レッドゾーン公式戦
    コマンド・ボリショイ&○ラビット美兎<1勝1敗=2点>(9分32秒ラビストラル)ムーン瑞月●&勝愛実<0勝1敗=0点>

     masu-meが欠場のため、急きょムーン瑞月が勝愛実のパートナーとなりタッグリーグ・ザ・ベストにエントリー。チーム名が「月の上のぽょ」とアナウンスされ、くしくもラビットとの姉妹対決から公式戦がスタートした。試合はいきなり姉妹対決からスタート。ムーンがショルダータックルでラビットを吹っ飛ばすと、ラビットはブリッジでカバーを返す。ラビットが呼び込みボリショイとダブルのショルダータックル。ボリショイがロープ際でムーンを捕らえる。ボリショイは勝とムーンを翻弄。ラビットも飛び出し、ダブルでロープ渡りに同行させる。ラビットが勝にドロップキックの連発。勝はショルダータックルの連打でお返し。勝がチェンジの手を伸ばすと、ラビットは丸め込みで交代を許さず。ボリショイと勝がエルボーの応酬。ボリショイがワキ固めにとると勝がエスケープ。ラビットが勝をすり抜けて突進、丸め込みの連続で3カウントを狙う。勝のリバーススプラッシュはボリショイがカット。ラビットが勝に回転エビ固めもムーンのカットが間に合う。ムーンが妹を起こしてボディースラムを狙うが崩れてしまう。もう一発狙うとラビットが丸め込む。ラビットがミサイルキックで姉のムーンを吹っ飛ばし、もういちどコーナーへ。もう一発見舞うも勝のカットが間に合う。ラビットは「こんどこそ!」と3発目のミサイルキック。ムーンがかわして丸め込むも2カウント。ボリショイがDDT、ラビットがドロップキック、ボリショイが勝を落としての619をムーンへ。そこからラビットが飛びついて丸め込むと3カウント。妹が姉からピンフォールを奪い、ピコラビがリーグ戦初勝利を上げた。
    2012.2.3 板橋

    (2)1/30
    倉垣翼&○中森華子&川佐ナナ(13分44秒、デスティニーハンマー→片エビ固め)春山香代子&阿部幸江●
     矢神知樹がインフルエンザで欠場、3対2のハンディキャップマッチでおこなわれることになった。先発は川佐と春山。春山は川佐をコーナーに追い込みダブルチョップの16連発で「お誕生日おめでとう!」。春山が阿部を呼び込みダブル攻撃を試みるが、中森に阻止される。中森は2人まとめてのDDT。倉垣が春山にドロップキック。春山と阿部が倉垣にキャメルクラッチ。ここでようやく春山&阿部の合体が成功する。しかしコンビネーションはいまひとつ。倉垣がコーナーに追い込んで2人まとめてのラリアット。倉垣は阿部をコーナー上からバックブリーカー。春山のアシストから阿部が雪崩式フランケンを試みる。倉垣がこらえるが、阿部はなんとか投げきることに成功。春山が倉垣と中森にDDT。春山と倉垣のラリアットがリング中央で交錯する。阿部が乱入しロープに振るが、倉垣が2人まとめてのラリアットからバックドロップ。川佐がショルダータックルの連打を春山にぶつけていく。川佐がコーナーに上がると阿部がデッドリードライブ。阿部が川佐を丸め込むと中森がカットに入る。中森が延髄斬りからフィッシャーマン。ハイキックを阿部がかわしてスリングブレイド。阿部が中森の腕を締め上げるが倉垣にカットされる。春山が中森にぺディグリー、阿部がダイビングボディープレスでつづく。春山のラリアットから阿部がスライディングD気味にエルボーを叩き込む。倉垣がラリアットを阿部に見舞い川佐がダイビングボディープレス。中森がフィッシャーマンバスターにいくが春山がカット。阿部が中森にマヒストラル。返した中森にもういちど阿部が狙うが倉垣のラリアットを食らう。中森のシャイニング・ウィザードは阿部が返す。中森がコーナーに上がりデスティニーハンマー。これが決まると3カウントが入った。敗れた阿部は中森に、「おぼえとけよ!」
    2012.2.3 板橋

    (3)1/20
    ○米山香織(10分25秒、米―ZOU→エビ固め)DJニラ●
     DJニラの入場がコールされるも、待てど暮らせど姿を見せず。米山が入場しエプロンまで来ると、サッとニラがリングイン。ニラはなにかが入った紙袋をニュートラルコーナーに置く。米山がニラを場外に送り出す。ニラはリング下にもぐり姿を消す。反対側から姿を現したニラは、ふたたびリング下にエスケープ。入ったところに米山はストンピングの連打から卍固め。ニラは「逃げるわけじゃないぞ!」とロープエスケープ。ニラは「なんでオレがJWPに上がってるんだ? なにがピュアハートだ。オマエらのレスリングなんてまがい物なんだよ! なんでなんの接点もないJWPにオレが上がってるんだよ?」。米山が説明しようとするとニラは「マイク使ってしゃべれ!」。米山が「前回、帯ちゃんと対戦したときに」と言ったところでマイクを奪う。「テメエの真実の言葉でなにかしゃべれ。なんでオレがJWPのリングに上がってるのか?」米山「DJニラが、帯ちゃん(帯広さやか)に推薦されたんだよ!」ニラ「なんの接点もないけど、でもな、それが人と人との縁ってものだよ。望んでなかったかもしれないけど、どこかで望んでたのかもしれない。ところで今日は国民にとってなんの日かわかるか? なんであの方向に紙袋がおいてあるかわかるか? あの紙袋はオレがプレゼントしようと思ってもってきたんだ。開けて中のもの食べてみろ」米山が袋を取り上げるとニラがロケットパンチ。「北北西に置いてあるからってなんだと思ったんだよ?」中にあったのはパン。そのパンを米山の口に押し込むニラだが、米山の反撃にダウン。米山が丸め込むと蘇生したニラが反転して押さえ込む。ニラのDJタイムが炸裂するがダメージからかダウンしてしまう。立ち上がったニラのロケットパンチをしのいで米―ZOUにいくと、3カウント。米山がニラを下した。米山が「帯ちゃんは」としゃべりだした途端にニラがマイクを奪い取る。「オマエの言霊の力を見せてみろ!」米山「帯ちゃんは、次の相手にオマエを推薦した。オマエは誰を推薦してくれるんだ!?」ニラ「なんだそれ? オマエのなかだけでまわってることだろ、そんな簡単に出せるわけじゃないか」と言いつつ、「大日本プロレス、関本大介!」を紹介。米山「わかった。でもその選手がダメだった場合、どうする?」ニラ「そしたら夏樹☆たいようか、夏樹ヘッドのどっちかとやれ!」
    2012.2.3 板橋

    (4)1/20
    レッドゾーン公式リーグ戦
    植松寿絵&○輝優優<2勝0敗=4点>(16分24秒、ヨーロピアンクラッチ)DASH・チサコ●&仙台幸子<0勝2敗=0点>
     植松輝と仙女の十文字姉妹がJWPのタッグリーグ戦で激突。植松と幸子が先発。輝が後ろから威嚇するが、チサコが植松の背後からミサイルキック。植松が幸子を自軍コーナーに追い込み輝と合体攻撃。輝はキャメルクラッチに幸子を捕らえてチサコを挑発する。植松が入って捕らえられたチサコの顔面にドロップキック。植松がチサコの額をトップロープにこすりつける。植松は幸子に顔面ウォッシュ。植松輝がダブルのドロップキック。十文字姉妹が合体し輝を攻撃。幸子のサマーソルトドロップを輝が返す。幸子が植松にスイングDDTからサマーソルトドロップ、ぶっこ抜きのジャーマン。フィニッシュを宣言した幸子がコーナーに上がるが、植松がカットし輝がアルゼンチンバックブリーカー。植松がバックをとると輝が幸子に延髄斬り。チサコがネックブリーカー、幸子がムーンサルトプレスで舞う。植松が返すとチサコがダイビングフットスタンプ。輝を外に出してもう一発ダイビングフットスタンプ。植松がブリッジで返すが、チサコが植松輝を鉢合わせさせ、ブルドッキングヘッドロックからネックブリーカードロップ。チサコがトップロープから空中胴締め落とし。輝がチサコを止めてコーナーへ。輝のダイビングニーから植松がダイビングボディープレス。輝がチサコを立てて担ぎ上げる。そのままコーナーに上がるが幸子がバックドロップ。チサコがホルモンスプラッシュでフィニッシュを狙うが輝が足を立ててカット。幸子がスイングDDT、チサコがミサイルキック、合体の不知火は植松がカット。幸子がムーンサルトプレス、チサコがホルモンスプラッシュも、植松のカットがなんとか間に合う。植松と幸子が場外へ。チサコの串刺しドロップキックは輝がぎりぎり返してみせる。チサコは輝に突進。かわした輝が植松を担いでエアプレーンスピンで十文字姉妹に当てていく。ハイアングル植松から輝がエルボー。チサコが返すと輝がブレーバスター、チサコが丸めこんでネックブリーカー。幸子がコーナーの植松を転落させる。チサコが輝を飛び越えると幸子がミサイルキック。植松が幸子の背後からミサイルキック。輝がチサコにヨーロピアンクラッチを極めると、3カウント。混戦を制し、植松輝が2連勝となった。
    2012.2.3 板橋

    (5)1/20
    ブルーゾーン公式リーグ戦
    △KAZUKI&モーリー<1勝1敗1分=3点>(時間切れ引き分け)Leon&Ray<1勝0敗1分=3点>△
     Leonが突進するとザ☆WANTED!?がかわして2対1の状況を作り出す。ザ☆WANTED!?がポーズを決めるとRayが乱入しお返し。場外に送り出すとボラドーラスが飛ぶと見せかけてフェイント。場外戦で試合を有利に進める。リング内に戻るとボラドーラスがKAZUKIにダブルのフライングクロスチョップ。モーリーがLeonの右腕を攻撃。KAZUKIとともにトップロープに括りつけていたぶっていく。Rayがモーリーに串刺しドロップキック。腕をとりにいくとKAZUKIが乱入、Leonがカットに入る。モーリーのカンチョーをかわしたRayだが空中技を阻止される。モーリーがもういちどカンチョーを狙うが、Leonがカット。カンチョーの手をとったボラドーラスが両手を踏みつける。LeonとRayが串刺し攻撃の連打。KAZUKIがRayの白鶴をかわして巴投げ。RayがコルバタでKAZUKIを場外に送り出し、Leonがプランチャ。Rayもプランチャでつづく。KAZUKIをリングに戻し、Rayがトップロープを歩いてのミサイルキック。RayもエプロンからダイブしKAZUKIを追い込む。LeonがKAZUKIにバックブリーカー、テキサスクローバーホールド。モーリーがカット。KAZUKIが串刺し攻撃をかいくぐりモーリーと合体。ボラドーラスをコーナーに乗せてニードロップ。Leonを攻撃するがRayがカットする。LeonはスワンダイブのフットスタンプをKAZUKIに投下。Leonがフィニッシュを宣言しマッドスプラッシュもKAZUKIが剣山カット。KAZUKIはコーナーに上がるがRayが阻止、Leonが雪崩式を狙うと、モーリーがカンチョーでカットしKAZUKIがダイビングにードロップ。Leonが返すと、KAZUKIがK-クラッシャーからモーリーがダイビングセントーン。Leonが返すとモーリーが変形バックドロップ。モーリーがソバットをかわしてLeonとエルボーの応酬。Leonのダッシュを場外からKAZUKIが脚を引っ張る。場外戦となり、ザ☆WANTED!?がダブルでLeonにブレーンバスター。先にモーリーが生還、18カウントでLeonがカムバック。残り3分。モーリーがLeonにジャックハマー。Rayが背後からミサイルキック、Leonが丸め込むも2カウント。Leonのスピアーからジャックナイフ。モーリーが返すと残り2分。Leonがマッドスプラッシュ、ぎりぎりでモーリーが返す。Leonがスピンキックを見舞い、スワンダイブのニールキック。KAZUKIのカットがなんとか間に合う。RayがKAZUKIにスピンキック。ボラドーラスの空中弾(LeonのLeonストーン、Rayのムーンサルトプレス)がかわされ残り1分。Leonとモーリーが丸め込み合戦。Leonがモーリーにキャプチュードバスターを決めたところでタイムアップのゴングが打ち鳴らされた。Leon「汚ねえ手使ってんじゃねえよ!」KAZUKI「汚ねえのはテメエの顔だろ! 引き分けで1点だったな。この1点がどう響くか楽しみだな!」Leon「3月25日、ここ板橋でザ☆WANTED!?とラブドライトの対抗戦、ボコボコにしてやるからな!」
    2012.2.3 板橋

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。