20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011.3.21 板橋グリーンホール 試合 

    EX 5分間
    Leon(0-0)勝愛美
     4・3後楽園でデビュー予定の勝愛美(かつ・まなみ)が5分間のエキシビション。相手を務めたのは獅子の穴を主宰するLeonだ。勝は16歳の高校1年生ながら、ショルダータックルでLeonに引けをとらない当たりの強さを垣間見せた。デビューすればJWPでは初の女子高生レスラー誕生となる。


    (1) 1/ <勇往邁進>
    ●masu‐me(7分11秒、ブレーンバスター→片エビ固め)志田光○
     masu‐meがマウントパンチからのダイヤル固めで先手をとる。志田はmasu‐meの左腕をとって動きを止めにかかる。志田はフロントキックからエルボー連打。masu‐meのエルボーを誘発する。志田が突進するとmasu‐meがかわして丸め込む。2カウントで返した志田はロープに振られず相手を振るが、masu‐meがコルバタからクロスボディーの連打。志田は相手の両腕両足を固めてサブミッション。masu‐meは担ぎ上げられるところを切り返して丸め込みの連続。3カウント寸前で返した志田がカウンターのエルボーをぶち込む。さらにmasu‐meのクロスボディーをキャッチしてバックブリーカーから逆片エビ固め。masu‐meはなんとかロープにエスケープ。志田はフィニッシュを予告して高々とブレーンバスターの構え、これを切り返したmasu‐meが丸め込む。すると志田が体落としからクロスフェース。masu‐meが脚を伸ばしてエスケープに成功。志田はもう一度フィニッシュを予告して旋回式のボディースラム。返されると滞空時間の長いブレーンバスター。がっちり押さえ込むとmasu‐meは返せず。志田が3カウントをゲットした。
    2011.3.21 板橋 2011.3.21 板橋


    (2) 1/ <疾風迅雷>
    ○藤本つかさ(6分2秒、ビーナスクラッチ)矢神葵●

     藤本がサッカーボールキックを放つと矢神もやり返す。藤本がボディーシザーズからフルネルソン。両足をたたんで首を取りにいく。矢神がエスケープすると、藤本はボディースラムで叩きつけること3回。矢神が立ち上がるたびにボディースラムを放つ。藤本は矢神の髪の毛をつかんで叩きつけ串刺しのドロップキックをお見舞い。ロープに振ると矢神がエプロンに出てぶら下がりの腕十字へ。エルボーの打ち合いから矢神がロープに走ると藤本がドロップキック。藤本がエルボー連打にいくとこんどは矢神がドロップキック。矢神の腕十字に藤本はロープに逃げる、619狙いの矢神をかわして藤本が走る。矢神がスライディングでカットし619を決める。矢神が延髄斬りを放つも2カウント。ならばと矢神はフロッグスプラッシュ。藤本が返すと逆に延髄斬り。藤本はサッカーボールキック連発、正面からのキック。コーナーに上がりミサイルキックにいくと矢神がかわしシャイニング・ウィザード。藤本はブレーンバスターからフォール。矢神が返すとボディースラムも押し潰される。ボディースラムにいき矢神が突進すると藤本が両足をとって丸め込み。矢神はこれを返せず、藤本が勝利した。
    2011.3.21 板橋

    (3) 1/20
    栗原あゆみ&●飯田美花(17分32秒、フィッシャーマンズスープレックスホールド)中森華子○&森居知子
     栗原と飯田がじゃんけんで先発を決めようとしているところを中森組が奇襲攻撃。森居が栗原を捕らえて先手をとる。栗原は切り返して森居にサブミッション。中森がカットに入ろうとするが飯田が阻止してみせる。栗原は森居の髪の毛をクシャクシャに。森居がコーナーに振ると栗原が読んでいてぶら下がりの腕十字に切ってとる。さらに卍固めを予告するが森居が阻止。それでも栗原は予告つきの卍固め。中森がカットに入ろうとすると飯田がグラウンドのコブラツイスト。森居がエスケープすると栗原と飯田がダブルのドロップキックを命中させる。飯田が森居にボディースラム狙い。森居が反対に飯田を叩きつける。森居は飯田の髪の毛をつかんでマットへ。森居は飯田をコーナーに追い込んで踏みつける。中森が飯田にネックブリーカードロップからキャメルクラッチ。これをはずして力強いボディースラムを放つ。森居が入り、飯田の頭部をコーナーに叩きつける。飯田がコーナーに突進するが森居に蹴飛ばされタランチュラの餌食に。飯田と森居がエルボーの打ち合い。ラリアットをかいくぐって飯田がドロップキック。飯田がダッシュしようとすると森居が押し倒して栗原に見せつけるような逆エビ固め。飯田は自力でロープに手を伸ばす。森居は脚を引いて中央にもっていき、もう一度逆エビ固め。なんとかしのいだ飯田はドロップキックの乱れ打ち。代わった栗原もドロップキックの集中砲火を森居に浴びせる。飯田が串刺しドロップキックにいくと、栗原がダブルニーアタックで続き、栗原が飯田ミサイルを発射。もう一度、栗原がダブルニーアタック。カバーにいくと森居が返す。森居のショルダータックル連発に栗原が吹っ飛ばされる。森居がブレーンバスターホールド。栗原は2カウントでクリアー。中森のDDTから森居がレッグドロップ、ダブルのブレーンバスター。栗原と飯田がダブルでの攻撃を試みるも中森がかわして、ふたりまとめてのネックブリーカー。中森のミサイルキックは栗原が返す。中森は脚をとって変形のスタンディングヒールホールド。飯田がカットを試みるも森居が阻止。栗原が脱出するが中森はストレッチマフラー。これは飯田のカットが成功。栗原がエルボーにいくと中森もやり返す。栗原のニーがヒットし、2カウント。栗原はコーナーに上がりミサイルキックへ。飯田がチェンジを求めるが栗原の指示は「抑えろ!」。栗原が中森にジャーマンを決めるが森居がカット。栗原が中森を攻めようとすると飯田がチェンジと立候補。飯田は中森にドロップキックの連打、タニバットも連打。中森を立ち上げ、首固め。森居が入って中森とダブルのショルダータックル。森居が飯田をボディースラム。中森とファンタスティックフリップ。森居が栗原を抑えるが、栗原のカットが間に合う。直後に飯田が中森に丸め込み。返されると再び丸め込む。突進したところで中森が体当たりからショルダースルー。飯田は栗原のカットに救われる。中森がボディースラムからコーナーに上がりダイビングボディープレス。これも栗原がカット。森居が栗原を場外に送り出し、中森がもういちどダイビングボディープレス。万事休すと思われたが飯田の肩が上がる。しかし続いてのフィッシャーマンは飯田が返せず。中森&飯田組がセミのタッグマッチを制した。
    2011.3.21 板橋

    (4) 1/30 ハイスピード選手権試合
    ○<王者>Leon(20分29秒、キャプチュードバスター→片エビ固め)<挑戦者>大畠美咲●
    ※第4代王者が初防衛に成功。
     両者ガッチリと握手を交わして試合開始。ロープワークから大畠がドロップキック。コーナーに振るとLeonがサッと上がって威嚇する。バックの取り合いから大畠が脚をとる。Leonは大畠の動きを止めて逆エビ固め。大畠がエスケープするとLeonがサマーソルトドロップ。Leonは大畠の両腕をバックからとってストレッチ。さらに両足を突きたてる。コーナーに追い込んで踏みつけると、大畠が相手の動きを読んで丸め込むがLeonがドロップキック。エルボーの打ち合いからLeonが強烈な一発を打ち込むと大畠が連打。大畠はコルバタからLeonを場外に送り出しプランチャで宙を舞う。リングに戻ったLeonに大畠はミサイルキックの4連打。ボディースラムで叩きつけるとダイビングボディープレス。しかしこれは読まれていて両足を突き当てられる。それでも大畠はスピアーを自爆させることに成功。コーナーに上がるとLeonがドロップキックで撃墜。場外に落ちた大畠にスワンダイブのプランチャをぶつけていく。Leonは大畠をリングに戻してミサイルキック。Leonは大畠にバックブリーカー、サッカーボールキック、ノキアンバックブリーカー。テキサスクローバーホールド狙いは大畠が張り手で回避。しかしLeonが旋回式の超高速バックブリーカー。レオンストーンを背中にヒットさせるが、大畠がなんとか返してみせる。Leonはフィニッシュを予告し立ち上げる。大畠がこらえてスピアーをかわすと両腕を固めるサブミッション。その体勢からLeonが担ぎ上げるが大畠が切り返して腕十字狙い。切り返したLeonだが、腕へのキックを食らう。大畠がコーナーに上がるとLeonが突進。捕らえた大畠がぶら下がりの腕十字。さらに右肩へのミサイルキックから腕十字へもっていく。Leonはそのまま持ち上げるが、叩きつけられた大畠がワキ固め。大畠はアームブリーカー。背後からLeonがスリーパー。返した大畠だが、Leonがコーナーに追い込んでいく。Leonはコーナーに相手を乗せてスパイダージャーマンを狙う。大畠は切り返してLeonに突進。Leonが突進をかわす。大畠は雪崩式の回転エビ固め。2カウントで返されるとジャーマンへ。大畠が突進するとLeonが担ぎ上げてバックフリップ。大畠が突進するとLeonがケブラドーラコンヒーロ、ロープを渡ってのミサイルキックから変形テキサスクローバー。大畠がエスケープ。Leonがエプロンから飛んで背後からスピアー。大畠を起こしてスピンキック。かわした大畠が丸め込む。Leonはフィにシュを予告するも大畠が逆打ちで切り返す。両者ダウン状態から殴り合い。立ち上がるとエルボーをぶつけ合う。カウンターのエルボーから立ち上がった大畠が低空のクロスボディー。花まるどっかん狙いはLeonがこらえてスピアー。Leonはエプロンからスワンダイブのニールキック。大畠がかわしてコーナーへ。するとLeonがバックキックで大畠を止めて雪崩式バックドロップを狙う。こらえた大畠をLeonは雪崩式で叩き落す。レオンストーンがズバリと決まるが大畠が返す。Leonは大畠を起こしてキャプチュードバスター狙い。切り返した大畠が丸め込むも3カウントには届かず。Leonのキック連打からスピアーも決め手にはならず。ならばとLeonがキャプチュードバスター。観客のため息ともに3カウント。Leonが激闘を制してハイスピード王座を守り抜いた。Leon「大畠、ずっとタッグで組んできたけど、今日闘ってあらためて、オマエは成長してるよ。でも私はまだ負けられない。後楽園での米山とのシングル、絶対に勝つ。大畠、いっしょにがんばっていこう! 獅子の穴を作って本当によかったと思ってます。ハイスピードのベルト防衛しました。米山はいま、大阪で無差別のベルトかけて絶対勝つと信じてます。こんなにたくさんのお客さんが来てくれました。ブログも毎日書いてます。米山への思いは伝わってると思います。無差別をかけてもかけなくても、自分はハイスピードのベルトを米山とかけて闘いたいと思ってます。後楽園は絶対に2冠選手権にして、自分が2冠王者になります!」
    2011.3.21 板橋


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。