20thHP用
    次回大会の見どころ

    JWPロゴ

    OFFICIAL INFORMATIONS

    情報メディア
    興行日程他団体参戦情報
    対戦カード 試合結果
    レポート 選手紹介
    会場案内オフィシャルFC
    BLOG
    JWP認定タイトルの規定
    見どころ今後の引退試合スキーム検討

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010.5.16 夜 東京キネマ倶楽部 試合 

    JWP5月16日 東京キネマ倶楽部
    「米Leoプロデュース~Leon10周年の巻~」観衆162人

    ① 1/20
    ビースト・ステージ1シングルマッチ
    ○米山香織(9分26秒、回転エビ固め)X=闘牛・空●
    ○Leon(1分28秒、首固め)闘牛・空●
     記者会見時、「あえて発表するほどのものでもない」といっていた米山の相手とは、引退を表明している闘牛・空。牛は頭が引っかかってTシャツをなかなか脱ぐことができず。米山は会見での発言とは裏腹にクリーンに握手。牛が「よねちゃん、きれいになったね」と話しかけると米山は「よく言われる」と返答。そんな米山に対し牛は角を突き立ててゆるい攻撃。米山は牛の体を入れ替えて押さえ込み。角を持ってマットに叩きつけると、リング中央でスリーパーから胴締めへ。さらに角をつかんでギブアップを迫る。牛は角を突き立てて応戦。コーナーに振って角を突きたて、鉄柱に脚を絡めていく。牛が観客にヘルプを求めるも誰も応じず。牛は「完全にアウェーじゃねえか」と不満を口にする。さらに「ちょっとかわいくなったからって」とジェラシー発言も。切り返した米山は鎌固めからキャメルクラッチで牛に乗っかる。エプロンに出た米山がダイビングボディーアタック。米山はジャンピングニーで牛を倒しエルボー合戦へ。牛の突進をキックで迎撃した米山。しかしキャッチされジャイアントスイングのようにブンブン回される。しかし回した牛のほうにも大きなダメージが。牛はボディーアタックから米山をコーナー際へ寝かせ、牛乳攻撃を狙う。これを阻止した米山が牛乳を飲み干し、牛乳パワーで牛をマットに叩きつける。バックをとった牛が米山を丸め込む。米山が切り返して丸め込むも牛が体当たり。米山は牛の突進をかわして丸め込む。最後は回転エビ固めで3カウント。「名前を出すほどのものでもない」牛からキチンと勝利した。試合後、牛はLeonをリングに上げ、「(Leonとの)シングルで組まれていないのはおかしい。ケジメつけないといけないでしょ」とクレームをつけた。するとLeonがリングに上がり「しょうがないな、やってやるよ!」と特別試合が急きょ、5分1本勝負としておこなわれた。牛は握手を求めるふりから逆さ押さえ込み。さらに丸め込みの連続で3カウントを狙う。エルボーの打ち合いは牛がフェイントをかけるもLeonは引っかからない。牛のスピアーが角から決まりブレーンバスターを狙うがLeonが丸め込み。牛はLeonを倒して突進。そこへLeonがカウンターのスピアー。Leonはキャプチュードバスターを宣言しておきながら裏切りの丸め込み。Leonがまんまと勝利をかっさらった。牛「おかしいだろ! 最後でしょ。5分精一杯闘って終わるんじゃないの? あと4分もあるよ。なんすかこれ(丸め込み)」Leon「このあと3人がけがあるんだよ。でもそんな牛が好きだよ。最後まで頑張ってね!」

    ② 1/20
    ビースト・ステージ2タッグマッチ
    コマンド ボリショイ&●黒木千里 (16分43秒、なんでやねん)GAMI&○下野佐和子
    ※逆さ押さえ込みからの首固め
     昼の大会で一騎打ちをおこなった黒木と下野が師匠とともにタッグで再戦。下野と黒木が先発。エルボー合戦ではやや下野が上回る。替わったボリショイが下野をこーなーに追い込むとGAMIが乱入してレフェリーにメガホン攻撃。ボリショイは下野にボディーシザーズ。入ってきたGAMIがボリショイの顔面を踏みつける。GAMIがボリショイと対峙。ボリショイとグラウンドの攻防にもっていく。黒木とボリショイがダブルで太鼓の乱れ打ち、ショルダータックルをダブルで放ちGAMIをダウンさせる。黒木は自力でGAMIを持ち上げようとするがGAMIのほうがボディースラム。黒木が殴りかかるとGAMIはエルボー一発で倒してみせる。下野を呼び込みダブルのショルダータックル。下野は黒木をカナディアンで担ぎ上げコーナーに宙吊りにする。GAMIが振って下野が体当たり。GAMIもつづいて黒木はダウン。立ち上がる黒木にGAMIがエルボーを振り下ろす。GAMIが小ばかにしたように張り手を入れると黒木は突進をかわしてショルダータックルでの勝負を挑む。受けてたったGAMIが黒木を倒し、トラースキック。GAMIは黒木の手をとりロープ渡りに同行させる。そこへボリショイが入りロープを揺するとGAMIが落下。黒木とのクローズラインを狙うがGAMIが2人にフェースクラッシャー。黒木はエルボーアタックでGAMIから2カウント。ボリショイが入りGAMIにウラカンラナ。2カウントで返したGAMIをすり抜けてボリショイが卍固めで絡みつく。黒木が下野の介入をカット。ボリショイが丸め込むと2カウント。ボリショイが飛びつくとGAMIがかわして目突き。ボリショイは突進を切り返して619もGAMIがかわす。GAMIはフィニッシュを宣言するがジャーマンを食らう。ボリショイはコーナーに上がったが下野がカット。GAMIが雪崩式フランケン。ボリショイが2カウントで返し下野に託す。下野はボリショイにショルダータックルの連打。ボリショイを担ぎ上げようとしたが、下野はDDTを食らう。ボリショイは下野にワキ固め。さらに裏投げにいくがGAMIがレフェリーの手を止める。黒木が下野にボディースラム、ランニングエルボードロップの3連発。下野は串刺しボディーアタック
    を連発。3発目は黒木がカウンターのエルボーで阻止してみせる。黒木はダイビングボディープレス。もういちど上がるとGAMIがデッドリードライブ。下野がストンピング連打から担ぎ上げてバックフリップ。ボリショイがカットするともういちどコーナーへ。こんどはボリショイがデッドリードライブでカット。黒木はラリアット狙い。かわした下野が丸め込む。切り返した黒木が逆さ押さえ込み。下野が丸め込むと3カウント。場外でボリショイとGAMIがやりあううちに、下野が昼の部の雪辱を果たした。

    ③ 時間無制限
    ビースト・ステージ3「弱肉強食」JWPサファリパークバトルロイヤル
    下田美馬(11分52秒、飛びつき十字固め)倉垣翼
    ※退場順…①米山香織②黒木千里&下野佐和子④コマンド・ボリショイ⑤GAMI⑥闘牛・空⑦蹴射斗⑧KAZUKI⑨阿部幸江⑩チェリー
     動物の格好をした出場者がリングへ上がると、最後にLeonのコスチュームを着た「GAMILeon」が登場。場内はニセモノコール。米山をリーダー格に選手たちはニセモノLeonを徹底攻撃。ニセモノを捕えたところで米山がコーナーに上がるが、突き落とされてプロデューサーが第1退場者に。その後次々と退場し、倉垣、下田、チェリーの3人が残った。倉垣は2人まとめてラリアットを食らわし、アルゼンチン。すぐにチェリーが脱出すると、チェリーは倉垣を羽交い絞め。下田が突進すると倉垣がチェリーを差し出す。下田は2人にネックブリーカードロップ。カバーにいく前にチェリーが倉垣を押さえ込む。カカト落としを食らわすと一番下になったチェリーが退場に。そして倉垣と下田の一騎打ちに。下田がバックドロップにいくと倉垣が突進。これを捕えた下田が丸め込み3カウント。優勝の下田が賞品の「肉30キロ」を獲得した。下田はこの試合を最後にふたたびメキシコCMLLのリングに戻る。


    ④ビースト・ステージ4獣道~Leon Battle History & Future~ Leonシングルマッチ三本勝負
    (1)6分△Leon(0-0)山縣優△
    (2)8分△Leon(0-0)栗原あゆみ△
    (3)10分△Leon(1-1)春山香代子△
    (4)5分△Leon(0-0)米山香織△
    ※試合時間、対戦順序は当日、抽選で決定
     まずはじめに3試合をおこなうLeonが入場。制限時間は、時間の書かれたカードを引いて決定する。時間は6分、8分、10分。最初の相手は山縣で、試合時間は山縣が退いたカードから6分に。ゴングが鳴るとお互いが慎重に中央へ。ロックアップからLeonがロープに押し込む。ふたたびロックアップから山縣がバックをとる。グラウンドでの勝負からお互いがドロップキック。逆エビを狙うと山縣が切り返す。しかしLeonはバックブリーカーから逆エビにもっていくことに成功。3分経過。山縣がエスケープするとLeonは対角線に振ってドロップキック。もう一発狙うと山縣が反対に串刺しのドロップキック。エルボーの打ち合いから山縣がニー。山縣が走るとLeonがスピアー。山縣がドロップキックを打ち込む。Leonのスピアーは1カウント。Leon、山縣が相手のキックを読みあい、Leonがスピアー。山縣のビッグブーツで残り1分。Leonのスピンキックに山縣が延髄斬り。両者ダウンからエルボーを打ち合う。山縣のビッグブーツからミサイルキック。残り10秒。カバーにいくとLeonが返す。山縣が担ぎ上げたところで時間切れのゴングが鳴り響いた。続いて登場は栗原。Leonvs栗原は8分。ゴングと同時に栗原がドロップキック。カウンターのエルボーでLeonに3カウントを迫る。Leonはコーナー越しのドロップキック。コーナーに上がると栗原がドロップキックで場外に送り出し、プランチャ。リングに戻ると栗原がコーナーのLeonに対しダブルニーアタック、ドロップキックを放つ。栗原がミサイルキックを狙うと気づいたLeonが突っかかる。栗原は腕をとってぶら下がりの腕十字。さらにリング中央にもっていき卍固めの体勢。Leonがかわしてドロップキック。場外に落ちた栗原に対し、Leonはノータッチのプランチャを見舞う。リングに戻った栗原に対し、Leonは背後からミサイルキックを打ち込み急角度の逆エビ固めへ。
    エスケープされたLeonは栗原を抱え上げてコーナーに叩きつける。宙吊り状態にしてスピアーを放つと、ダブルアームスープレックス。5分経過。nokianバックブリーカーを極められた栗原だが脱出すると顔面へのドロップキック。栗原はコーナーに上がりミサイルキック。2カウントでLeonが返すと残り2分。栗原は裏投げ狙い。Leonが切り返して背中にスピアー。リバースのバックブリーカーでストマックをぶち抜く。ダウン状態の栗原にLeonはエルボー合戦を仕かける。残り1分。栗原が裏投げを見舞うが3カウントには届かず。Leonが栗原をキャッチしマットに叩きつける。残り20秒でマッドスプラッシュを敢行。残り10秒でキャプチュードバスターを狙うが栗原が切り返して丸め込む。ここでゴングが鳴り、3人目の春山が入場。春山が握手を求めるとLeonが張り返す。ゴングと同時にスピアーで突っ込むが春山がキャッチ。しかしもういちど駆け込んでLeonがスピアー。3発目は春山が頭部にドロップキックを打ち込む。春山は串刺しラリアットを「10周年おめでとう」と10連発。続けてリング中央でラリアットを放ち、2カウント。春山がダブルアームのフェースバスターを2連発。さらにロープの反動を利用してもう一発決めてみせる。春山はラリアットからカバー。Leonが返すと春山がスタナー。春山がドロップキックを打ち、コーナーに上がる。追いついたLeonもコーナーに上がって張り手の打ち合い。Leonは雪崩式ブレーンバスターを敢行。春山の肩が上がるとLeonが相手を立ち上げてキャプチュード狙い。返した春山がトラースキックからキーンハンマーを放つ、3カウントが入り、春山が1ポイントゲット。春山はLeonを立ち上げてラリアット。背後に回ってスリーパーで揺すった春山は、グラウンドにもっていき胴締めへ。脚を伸ばしてLeonがロープへ脱出。5分経過。春山がカナディアンで担ぎ上げマットに叩きつける。続けてコーナーからギロチンもLeonがかわしてダイビングボディープレス。これは春山が脚を立ててカット。春山がコーナーに上がるとLeonがキック。背後に回って雪崩式で落とそうとする。こらえる春山に対し、Leonはいちど下りてから宙吊りにしてキックの乱れ打ち。Leonは反対のコーナーに上がりロープを走りわたってのミサイルキック。そしてもういちどコーナーに上がり雪崩式のバックドロップ。ガッツポーズのLeonがトップロープからのスクリューキック。2カウントで春山が返すと、Leonはキャプチュードの体勢。切り返した春山が担ぎ上げてふたたびキーンハンマー狙い。Leonが回避し残り2分。キーンハンマーを狙った春山をまたもや切り返したLeonだが丸め込みは3カウントに至らず。春山がLeonを強引に倒してエルボー。Leonが張り手にいくと春山も張り返す。残り1分。春山がコーナーに上がりダイブ。読んでいたLeonが4の字ジャックナイフ。これで3カウントが入るとキャプチュードバスター、残り10秒。春山がキーンハンマーを放ったところで10分間終了のゴングが鳴った。春山とLeonは1-1のスコアとなった。米山「3選手闘いぬいたけど、お祝いしてほしいのがいるんじゃない? よきパートナー、よきライバルの米山香織だ!」米山が襲いかかり5分間のシングルマッチがスタートした。Leonのスピアーをかわした米山がミサイルキック。米山は米―ZOUを狙うが切り返される。すると米山がジャーマン。2カウントで返したLeonに米山が不知火を狙う。切り返したLeonがバックブリーカーの体勢。返されたもののバックから担ぎ上げてnokianバックブリーカーを完成させる。コーナーに上がったLeonがレオンストーン。2カウントで米山が返すと、Leonがコーナーに上げて雪崩式バックドロップを狙う。3分経過。投げられた米山が着地。反対にLeonをコーナーに追いこんでジャンピングニーアタック。米山が不知火を決めるも2カウント。米山がムーンサルトを放つとLeonがかわす。Leonの回し蹴りに米山がソバット。ともにかわすとLeonがスピアー。残り30秒、米山のハイキック。Leonのスピンキック。米山がなにかを仕かけようとしたところで時間切れのゴングとなった。Leon「今日出場してくれた選手、メインの春山さん、山縣、栗原ありがとう。よねちゃんもありがとね。10周年でやりたい人を考えたときほかにもやりたい選手がいました、いまほかのところでやっている人です。AKINOとアジャさんです。10周年第2弾としてよねと組んでAKINO&アジャ組との試合が決まりました。なにがなんでも超えてみせます」米山「組むのはいいけどその前に決着つけないと。道場マッチ(5・23)で私の得意なルールでやってやるよ」Leon「よし、絶対勝つぞ。10年間いろんなことありましたけど、先輩、同期、後輩、お客さんに支えられてここまできました。11年目のLeon、ますます進化していくので、これからもよろしくお願いします」
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。